• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

弁膜症

対象とする疾患一覧

・大動脈弁狭窄症
・大動脈弁閉鎖不全症
・僧帽弁狭窄症
・僧帽弁閉鎖不全症
・肺動脈弁狭窄症
・肺動脈弁閉鎖不全症
・三尖弁狭窄症
・三尖弁閉鎖不全症
・感染性心内膜炎

 心臓弁膜症は多くの場合進行性であり,時間とともに難治性となります。当センターでは従来までの大動脈弁疾患・僧帽弁疾患に加え、2016年4月の成人先天性心疾患外来開設に伴い、肺動脈弁疾患・三尖弁疾患の診療にも力を注いでいます。センター内での内科外科合同カンファランスをもとに、外科的治療、内科的治療を包括的に行い患者様の診療にあたっています。また、隣接したもう一つの大学病院である横浜市立大学附属市民総合医療センターで、経カテーテル的大動脈弁植え込み術(TAVI)が開始された事をうけ、2病院間の連携を強化し手術困難な大動脈弁狭窄症に対する低侵襲な治療も実践しています。

僧帽弁閉鎖不全症の一例


大動脈弁置換術後生体弁3Dエコー


重症大動脈弁狭窄症に対する経皮的大動脈弁形成術:PTAV


弁膜症とは

心臓には4つの一方通行の扉(弁)があり、血液が前へは流れるが、後ろへは逆流しないように働いています。この扉が壊れて開かなくなったり(狭窄)、ちゃんと閉まらなくなったり(逆流)して、血液の流れが障害さえた状態を弁膜症といいます。弁膜症がひどくなったり、長期間に続くと心臓の働きが悪くなり、息切れ、呼吸困難、動悸や疲れやすさ、といったような症状がでてきます。この状態を心不全といいます。
 弁には大動脈弁、僧帽弁、三尖弁、肺動脈弁の4つがあり、特に左心室の入り口と出口にある大動脈弁と僧帽弁は手術を必要とする人が多い弁です。どういった場合に手術が必要なのかは医師にお尋ねください。

弁膜症の手術

 手術としては弁を修繕する形成術と新しい扉に交換する人工弁置換術があります。
 形成術ではいろいろな道具を用いることで自分自身の弁を残すことができるので、人工弁に対する管理を必要としませんが、修繕ですから必ずしも長持ちする保障がありません。僧帽弁や三尖弁では形成術ができることが多いのですが、大動脈弁では形成が難しいことが多いです。

人工弁には2種類あり、長持ちするが、血液をサラサラにする薬(ワーファリン)を一生使用しなければならない機械弁と、手術直後以外はワーファリンを服用しなくてもいいが、耐久性としては10~15年くらいといわれている生体弁が市販されています。人工弁の選択は患者さんやご家族との話し合いで決定されます。


          機械弁            生体弁

患者さんの条件が良ければ、小さな皮膚切開で手術することもできます。

当センターの特徴

 当センターの特徴としては、1)0才から90才まで、幅広い年齢層の弁膜症手術を扱っていること、2)僧帽弁形成術は人工腱索を多用し、人工弁輪との組み合わせで高い成功率であること、3)成人の大動脈弁形成術は基部置換術における自己弁温存手術に限定していること、4)附属市民総合医療センターと協調し、カテーテル的大動脈弁置換(TAVI / TAVR)が適応の患者さんにも対応できること、5)弁膜症手術に冠動脈バイパス手術や不整脈手術を合併する患者さんにも対応していること、などです。

ページトップへ