• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 集学的センター  > 虚血性心疾患(CAD:Coronary Artery Disease)

虚血性心疾患(CAD:Coronary Artery Disease)

虚血性心疾患(CAD)とは

虚血性心疾患は、いわゆる心臓発作と言われる病気です。心臓を栄養している血管である冠動脈に狭窄や閉塞をきたす病気で、大きく分けると、狭心症と心筋梗塞があります。
狭心症は、冠動脈が狭くなり、先端の血管の血流が少なくなり、一時的に「息苦しい」・「胸が締め付けられる」といった症状が出ます。
心筋梗塞は、さらに症状が悪化し冠動脈が詰まり、心臓の筋肉細胞が死んでしまい機能が低下してしまう病気です。
特に、急性心筋梗塞は、最初の数時間以内の適切な初期治療が生死をわける疾患です。


虚血性心疾患の検査

運動負荷心電図や心臓エコー、心筋シンチグラム、冠動脈CTなどの非侵襲的な検査を行っています。
最終的には心臓カテーテル検査が必要となりますが、体の負担の少ないように可能な限り手首からのカテーテルで検査と治療を行っています。
当院では長年の経験と実績を生かし、安全で質の高いカテーテル検査と治療に努めています。

虚血性心疾患の治療

狭心症・心筋梗塞の治療には、内科的な「薬物治療」、「心臓カテーテル治療(経皮的冠動脈形成術:PCI)」そして外科的な「バイパス手術」があります。その中でも中心的な心臓カテーテル治療は、局所麻酔で手首や足のつけ根の動脈からカテーテルと呼ばれる細い管を入れ、バルーン(風船)やステント(網目状の円筒形の金属)を使って、狭くなったり詰まったりしている冠動脈を広げる治療法です。

当院における体制

虚血性疾患は夜間・休日においても救急治療が必要になります。
そのため、当院では24時間救急を行うために循環器内科医による当直体制に加え、虚血性心疾患グループによるオンコール体制を敷いており、24時間365日緊急カテーテルが可能です。また、心臓血管外科・麻酔科との緊密な連携のもとに、緊急手術も可能です。
夜間・休日でも開院時間内と変らない、安全で良質な充実した専門医療救急体制を整えています。
また、冠動脈疾患集中治療室(CCU4床)を擁し24時間体制で治療と看護を提供しております。毎日のカンファレンスによる治療方針の検討により、重症患者さんにおいても質の高い安全な集中治療を提供できる体制が整っています。

当院でのカテーテル治療の特徴

近年、通常のカテーテル治療は機材の開発・発展により安全に行うことができるようになっています。当院では、通常のカテーテル治療はもちろんのこと、大学病院という特殊性から横浜市立大学関連病院の循環器内科からの複雑病変の紹介を受け入れており、インターベンション治療学会の認定を受けた経験豊かな循環器専門医が、経皮的冠動脈形成術、ステント植え込み術などのカテーテル治療を的確に行っています。
そのため、慢性完全閉塞病変、左主幹部病変、分岐部病変などの治療が難しいとされる病変への治療実績が多いことが一つの特徴です。
また、血管を詳細に観察する血管内超音波(IVUS)や光干渉断層法(OCT)、高速回転し石灰化を削るロータブレーター、救命装置である体外式心肺補助装置(PCPS)などの最新機器を使用しながら、カテーテル治療を行っています。
このような高度医療技術が提供できる最新の設備とスタッフの存在のため、当院は日本循環器学会、日本心血管インターベンション治療学会等の研修施設に認定されています。

冠動脈バイパス術について

 2012年2月に天皇陛下がお受けになったことで、一般の方にもより広く知られるようになった冠動脈バイパス術。ここでは冠動脈バイパス術についてご説明いたします。内科でも説明があったように冠動脈が狭くなり、その下流の心筋に血液が流れにくくなると心臓に不調が生じます。内科ではこの狭い部位を広げてステントを入れる治療を行いますが、外科ではバイパス手術を行います。
 冠動脈バイパス手術は、冠動脈で狭くなった部位よりも末梢に血液が流れるように新しく経路を作る手術です。私たちがもっとも多く採用するパターンは心臓から出てすぐの上行大動脈にグラフト(足の静脈)の片側をつないで、もう片側をターゲットの冠動脈(多くは右冠動脈や回旋枝)につなぐ方法です。もう一つそれは内胸動脈を用いたバイパスです。内胸動脈は肋骨の裏側をまっすぐ下りて、肋骨と肋骨の間にある肋間筋に枝を出すボールペンの芯くらいの太さの血管です。これを肋骨の裏側から丁寧にはがしてターゲットの冠動脈につなげる方法です。この内胸動脈はもっとも長期間流れてくれる可能性が高い、ということが分かっているので、冠動脈の中で最も重要な枝である「左前下行枝」につなぐことが多いです。

 上の写真は冠動脈バイパス術後のCTです。内胸動脈が左前下行枝、足の静脈が右冠動脈と回旋枝にそれぞれつながっています。このバイパスを通じて心筋により多くの血流が流れ、心臓の調子を回復させるのが冠動脈バイパス手術の目的です。
 この冠動脈バイパスの方法として、人工心肺を使わないで行う、いわゆるOff-pump CABGを行うこともあります。症例に応じてOff-pumpの方が安全な場合、また人工心肺を使った方がいい場合とありますので、患者様によってそれぞれ適切な方法で手術を行っております。

ページトップへ