YCU 横浜市立大学
search

平成30年度開催報告

平成30年度開催報告

 こんにちは!横浜市立大学マスコットキャラクターのヨッチーです!
 ここでは、平成30年8月4日(土)に開催された【ひらめき☆ときめきサイエンス「身近なデータの分析で、君もデータサイエンティストの仲間入り」 研究代表者・岩崎学教授(学部長)】の紹介をするよ。
 今回は約80名もの応募があり、当日は55名の高校生が参加してくれました!たくさんのご応募ありがとう!そして暑い中きてくれてどうもありがとう!
 開会式前には横浜市立大学やデータサイエンス学部の紹介ムービーを上映しました!キャンパスライフのイメージ、少しでも伝わったかな?

開会式

さあ、まずは今回のイベントの代表を務める岩崎学先生の挨拶から始めるよ!
岩崎先生は「統計的データ解析の理論と応用」を専門としていて、現在は本学のデータサイエンス学部の学部長だけでなく応用統計学会の会長なども務めているんだ。
データサイエンスは、多種多様なデータを解析することで、今までにない新たな価値を生み出す学問。例えば、データ解析によって医薬品の有効性・安全性の新たな評価法が生み出せるんだって。最先端かつとっても興味深い分野だね!岩崎先生の本もたくさん出ているみたいだから今度勉強しようかな!

そして今回のイベントでは同じデータサイエンス学部の立川仁典先生と小泉和之先生、そして各研究室の学生がティーチングアシスタント(TA)となってくれるんだって!
学生TAのみんなは年齢も高校生のみんなと近いし、参加者みんなで和気あいあいと楽しくやっていけたらいいね!
それでは先生、学生TAのみんな、よろしくお願いします!

講義1:「データサイエンスって何?」

まずは講義の時間だよ。データサイエンスの歴史や応用例そしてデータサイエンス学部の概要について岩崎先生が説明してくれました。データサイエンスは世界中で広まりつつある注目の学問なんだって!
難しい話もあったけど、具体例からデータサイエンスをより身近に感じることができたね!!

講義2:「統計的データ分析の実践」

次は、統計的データ分析の実践について野球のデータをもとに小泉先生が説明してくれました。
野球の統計的データを分析して、選手の評価や戦略を考える分析手法をセイバーメトリクス って言うんだって!みんな知ってた?
午後の実習では、セイバーメトリクスを使って自分だけのMVP選手を見つけるんだって!なんだかわくわくするね☆

昼食

学食(シーガル食堂)に移動して、参加者、先生、学生TAのみんなで一緒にランチタイム!!
シーガル食堂はいろんなメニューから好きなものを選ぶことができるカフェテリア形式の学食なんだ!
どの組み合わせもおいしそうだな~☆

実習1:「データから見た君だけのMVPを見つけてみよう」

いよいよ実習開始!午前中に勉強したセイバーメトリクスを体験しよう!!担当は小泉先生です☆
小泉先生は、理論統計学を中心に、さまざまな分野における統計学・機械学習などの応用研究も積極的に行っていて、主にスポーツをテーマに分析を行っているんだって!
まずはパソコンの野球データを開いてみよう!…なんだか数字ばかりで難しい。一体このデータにどんな価値があるんだろう?!
MVP選手を見つけるためにチームの勝利に必要なモノは何かをグループごとに定義づけしたよ。「得点を多くとる人」、「失点が少ない人」…どれも正解!どこに着目するかでMVPが変わるんだ☆そして学生TAのみんなに教えてもらいながら、参加者のみんなが一生懸命データ解析に挑んだよ!
最後に、参加者のみんなが解析結果を発表してくれたよ。人それぞれ目の付け所が違って面白い!「チャンスを逃さない人」、「ラッキーな人」…いろんな意見が出たね。
そして、その定義をもとにどのデータに着目して解析を行ったかも説明してくれたよ。みんなの意見を聞いて「そうきたか~」とか、「同じだ~」とかいろんな反応があって盛り上がったね。世代を超えてデータサイエンスに触れるって素晴らしいね☆
みんなそれぞれデータに価値を見出して、納得のMVP選手を見つけたね☆これぞデータサイエンティストへの第一歩!

実習2:「データサイエンスで解き明かす物質・生物の世界」

次はいよいよ科学分野に突入するよ。データサイエンスで物質・生物の世界を解き明かそう!!担当は立川先生です☆
立川先生は、量子物理化学を専門として計算科学シミュレーションやデータサイエンス的手法で様々な自然現象の理解・予測・発見をするだけでなく、解析手法の開発も行っているんだって!
まず、計算科学で分子・原子の動きを追跡したよ。お酢や卵を例に、刻々と運動し続ける分子・原子の様子を観察したよ。「ミクロな視点」からシミュレーションすることで、実験結果を予測することができるんだ。例えば卵を冷やしたり温めたりするとどうなるか、タンパク質の熱変性をシミュレーションすることによって予想できるんだ。今回は、温度条件をどんどん上げて卵が爆発する温度もシミュレーションしたよ。これって実際の実験ではなかなか出来ないことだよね?!シミュレーションってすごい!
次は、シミュレーションを用いた創薬技術について触れたよ。近年の創薬では薬の候補を探るために計算科学シミュレーション(ドッキングシミュレーション)が用いられているんだって!今回の実習では、このドッキングシミュレーションを体験して、お薬が病気をやっつける様子を観察したよ☆
野球データの解析だけじゃなく物質・生物の世界の解明などなど…データサイエンスってとても奥が深いんだね!

クッキータイム

今日は頭をたくさん使ったけど、みんなまだまだ元気だね。若いって素晴らしい!
今日一緒に実習をした同じグループの参加者や指導してくれた学生TAともすっかり仲良くなって、おやつを食べながらワイワイおしゃべりしたね。とっても暑かったから冷たいアイスがおいしかった~!
夏休みのいい思い出になったらとってもうれしいな!

修了式

楽しい時間もいよいよ終わりが近づいてきました。最後は修了式だよ☆
データサイエンス学部長の岩崎先生から参加者のみんなに「未来博士号」の授与とメッセージがおくられました。少しお手伝いしたよ☆
一日だけだったけど、今日の体験がデータサイエンスへの関心につながったらとっても嬉しいな!みんなにはたくさんの可能性が広がってるからね!ぜひいろんなことに挑戦してみて!
みんなの将来、楽しみにしてるよ!

最後に

今日はみんな横浜市立大学のひらめき☆ときめきサイエンスに来てくれて本当にどうもありがとう!
みんなと会えてとっても嬉しかったよ!横浜市立大学に興味を持ってくれたり好きになってくれたらまたぜひ足を運んでね。
みんなとまた会える日を楽しみにしてるよ。それじゃまたね!

イベント・説明会