• 外来担当表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-261-5656
045-261-5656


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 眼科

眼科

診療の特徴・特色

 大学病院としての高度な治療を通して、患者さんの視機能に少しでも多くの光明を与えることを目的としています。横浜市内および神奈川県全域より多くの患者さんが訪れるさまざまな眼疾患の基幹病院です。

主な対象疾患及び治療実績

網膜硝子体疾患

 糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑円孔、黄斑上膜などの網膜硝子体疾患に対して年間500件以上硝子体手術を行っています。当科では全ての症例で、低侵襲な小切開硝子体手術を採用しています。術後の炎症が少なく、無縫合(糸を使用しない)であるため、術後の疼痛が緩和され早期の回復が期待できます。

白内障

 入院手術の他、手術待ち期間の短縮のため、日帰り手術も行っています。全て小切開超音波白内障手術であり、安定した手術成績を得ています。
 入院・日帰りあわせて年間1,000件程度の手術を行っています。

加齢黄斑変性

 高齢者に見られる失明に至る難病で、ルセンティス・アイリーアなどの抗VEGF薬の硝子体内注射を行っています。加齢黄斑変性のタイプによって光線力学的療法(PDT)を行うこともあります。

緑内障

 薬物治療に加えてレーザー治療や濾過手術などの外科的治療を組み合わせて、眼圧、視野、視力の長期的成績の向上に努力しています。

専門外来

黄斑サージカル(火)

 黄斑疾患(黄斑円孔、黄斑上膜など)の診断と外科的治療。

黄斑メディカル(月・水)

 黄斑疾患全般の診断と内科的治療。

オキュラ—サーフェス(毎月第2木)

 処置の必要とされる結膜疾患や感染症、アレルギー疾患の診断と治療。

水晶体外来(水)

 白内障、水晶体脱臼の治療。

緑内障外来(毎月第1木)

 各種緑内障の診断と治療。

小児外来(毎月第3金)

 斜視、弱視の診断と治療。

未熟児網膜症外来(木)

 未熟児網膜症の治療。

神経眼科外来(毎月第4木)

 眼球運動障害、瞳孔異常、眼瞼異常などの診断と治療。

ぶどう膜外来(毎月第1木)

 ぶどう膜炎の診断と治療。

紹介していただく時のお願い

 平成26年6月1日より、従来型の紹介状のみの受診に加え、予約制も導入されました。
お申し込みは紹介元医療機関から、当院へ「紹介患者診療予約申込書」をFAXしてください。
詳細は、下記リンクをご参照ください。

患者さんへ

 当院眼科では、地域の眼科クリニックでの治療が困難と判断されたり、緊急の処置を要すると判断された病状の患者さんの診察をしております。
 まずはお近くの眼科で診察をお受けになり、当院での治療が必要と判断された場合に、当院宛の紹介状をお持ちになって受診をされますようお願いいたします。
 病状が軽症の場合や、通院にて病状が安定してきた場合には、地域の眼科クリニックをご紹介させていただきます。
 また、診察の状況によっては大変お待たせする場合がございます。あらかじめ、ご承知をいただきますようにお願いいたします。

その他

 地域医療機関との機能分担を重視しています。
 治療終了後の患者さんの多くは、医療病診連携に基づき、治療経過に応じて紹介元の担当医の先生方のところに、お戻りいただくようになります。また、横浜病診連携の会を毎年主催し、地域医療機関との交流を積極的にはかるようにしています。

ページトップへ