• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 腎臓・高血圧内科

腎臓・高血圧内科

診療内容・特色・主な対象疾患

患者さんの立場に立った医療の実践をめざしています。疾患としては、腎臓病、高血圧症を中心に、血液透析や腹膜透析、血漿交換(アフェレーシス)療法全般も専門です。
血尿・蛋白尿の初診患者さんは、腎機能検査、免疫学的検査、尿蛋白量のチェックのほか、超音波検査やCTスキャンなどの非侵襲的検査を積極的に行い、治療方針を決定しています。腎炎やネフローゼの診断に重要である腎生検は、適応をよく吟味し施行します。病理部の充実により、光学顕微鏡・免疫 染色に加え、電子顕微鏡診断を行っています。近年増加している糖尿病性腎症に対してはミクロアルブミン尿を呈する初期腎症から対応し、顕性腎症から透析導入に至るまで血糖および血圧コントロールに努め、腎障害の進行を防止。IgA腎症に対しても進行防止のための薬物療法を積極的に導入しています。
血液透析は入院患者さんを主に対象とし、多発合併症を持つ困難例を中心とした、血液透析導入時や、急性腎不全および他科入院の透析患者さんに対して行っています。外来維持透析の患者さんについては、特殊透析を必要とする場合や、透析困難症を除いては、地域の関連透析クリニックで管理を行っており、綿密な連携をとりあっています。腹膜透析の導入も積極的に行っており、在宅腹膜透析患者さんのための専門外来を開いています。血液透析患者さんのシャントトラブルにも対応しており、内シャント造設術、内シャント血管拡張術、動脈表在化手術を行っています。
重症高血圧、二次性高血圧の診断・治療・研究に関しては、日本高血圧学会を創設した大学として全国的にも有名であり、他病院からの紹介が多く、降圧薬は、二次性高血圧を鑑別後、臓器合併症の有無、併存疾患、24時間の血圧変動などを吟味し、最善の組み合わせを選択しています。また、高血圧や腎臓病の 患者さんのために教育入院のプログラムもあります。

主な治療実績・専門外来・検査等

診療の特色

大学病院として、腎臓・高血圧領域の深い専門性を有すると同時に、旧第二内科学教室(現循環器・腎臓内科学教室)が臓器別に分かれる以前から伝統的に持っていた、単独臓器だけではなく、総合的に内科学全般から患者さんを診る姿勢が保たれています。県内に多い協力施設からの難治性疾患や合併症を抱えた困難例の紹介も多く、同じ循環器・腎臓内科学教室に所属する循環器内科および病院内の関連各科や横浜市立大学附属市民総合医療センター腎臓高血圧内科、血液浄化療法部などとも連携の上、全人的、総合的視点で患者さん中心の医療を遂行しています。大学病院としてスタッフは充実し、臨床治療面の充足を積極的に図り、腎臓病や高血圧症に対する基礎研究にも取り組んでいます。多数の内科学会総合内科専門医・認定医、腎臓学会専門医、透析療法学会専門医、高血圧学会専門医、アフェレーシス学会専門医、内分泌・代謝科専門医が在籍し、腎臓学会、透析学会、高血圧学会、アフェレーシス学会、内分泌学会の認定施設として、診療だけでなく、専門医の育成も行っています。

主な対象疾患

急性糸球体腎炎、慢性糸球体腎炎(IgA腎症、膜性腎症、膜性増殖性腎炎など)、ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、膠原病性腎症、急性腎不全、慢性腎不全、維持透析合併症、重症高血圧、二次性高血圧(腎性高血圧、腎血管性高血圧、褐色細胞腫、原発性アルドステロン症、クッシング症候群等)、本態性高血圧症、高血圧性臓器合併症(脳、心臓、腎臓)、動脈硬化性疾患、血漿交換療法や血液吸着療法の適応となる疾患全般。

高度先進医療など

腎臓・高血圧内科、血液浄化センターでは厚生労働省の先進医療B(新規技術)として、保険適応がない「正コレステロール血症を呈する従来治療抵抗性閉塞性動脈硬化症に対するデキストラン硫酸カラムを用いたLDLアフェレーシス療法」を行っています。これは全国で一か所だけです。血液浄化センターでは薬物療法のみで治療が困難な難病に対して、血漿交換療法や、血漿吸着療法を施行しています。悪性関節リウマチや全身性エリテマトーデスなどの膠原病、重症筋無力症や、ギランバレー症候群などの神経筋疾患、川崎病などの小児疾患、尋常性天疱瘡などの皮膚疾患が対象です。
また、ICUやCCUでの重症の腎不全患者さんや侵襲の大きい外科手術後透析患者さんに対し、持続的血液濾過療法を積極的に施行し、救命率を高めています。さらに、腎・高血圧疾患における成因遺伝子の検討とそれに基づく、予防・治療法、24時間血圧測定などを用いた治療をめざしています。

外来

初診は腎臓・高血圧を専門とする医師が、月曜日から金曜日の毎日午前中に行っています。火曜日と金曜日は、初診担当医を3人ずつ揃えており、紹介状の有無にかかわらず対応いたします。火曜日、金曜日以外は、原則としてかかりつけ医の紹介状が必要です。ファックス、電話による紹介患者さんの初診予約も可能です。再来日は月曜日から金曜日の毎日です。
・戸谷准教授・(血液浄化センター長):火曜日 午前
・田村准教授:水曜日・木曜日 午前
・腹膜透析療法外来(血液浄化センター):火曜日・木曜日
・血漿交換・血漿吸着療法外来(血液浄化センター):火曜日・木曜日
・血液透析療法外来(血液浄化センター):月曜日~土曜日
・末梢動脈疾患先進医療外来:水曜日 午後、木曜日 午後
・肥満高血圧外来:水曜日 午後
・糖尿病・高血圧外来:水曜日 午後
・腎不全療法選択外来:木曜日 午後
・漢方高血圧外来:木曜日 午後
・のう胞腎外来:木曜日 午後

その他

紹介していただく時の留意事項

蛋白尿・血尿、進行性腎機能障害、腎不全、治療抵抗性高血圧、二次性高血圧など腎臓・高血圧領域に広く対応しますので、お気軽にご相談ください。

ページトップへ