• 外来担当表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-261-5656
045-261-5656


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 呼吸器病センター

呼吸器病センター

呼吸器病センター
部長  乾 健二

呼吸器病センター
担当部長  工藤 誠

診療の特徴・特色

 呼吸器疾患の幅広い領域で、高度かつ最新の医療を提供すべく、内科と外科が協力して集学的医療を実践しております。手術の必要性がある場合は、内科に受診した場合でも速やかに外科の診療を受けていただくような対応をいたします。逆に、先に外科を受診された場合で、内科治療が望ましい場合は、内科で治療を行います。
 なお、当呼吸器病センターは、日本内科学会・日本呼吸器学会・日本アレルギー学会・日本臨床腫瘍学会、日本外科学会、日本胸部外科学会、日本呼吸器外科学会、日本呼吸器内視鏡学会の認定施設であり、呼吸器内科、外科各分野の専門医が診療に当たっております。さらに、医師のみでなく、コ・メディカル・スタッフの充実を図り、患者さんの援助と指導を、熱意を込めて行います。

主な対象疾患及び治療実績

 内科は、気管支喘息、COPD(肺気腫および慢性気管支炎)、急性気管支炎・肺炎などの呼吸器感染症、間質性肺炎、気胸等、そして手術の対象とならない肺癌です。また、アスベストに関連する呼吸器疾患の診療も行っております。
 外科は、肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔・胸壁腫瘍、気胸、気腫性肺嚢胞症(含慢性肺気腫に対する肺容量減少手術)、手掌多汗症などが、主な対象疾患です。

肺癌

 気管支鏡検査で大部分の方は確定診断が得られています。さらに胸部および上腹部CT、頭部MRI、PET、骨シンチなどで病期を確認し、全身状態や年齢を考慮して治療方針を決定しています。臨床病期Ⅰ期およびⅡ期の症例では外科治療を優先しています。標準的な手術方法は胸腔鏡併用の肺葉切除術で、術後10日前後での退院が可能です。治療成績(5年生存率)は国立がんセンターなどの成績と比較してほぼ同等の成績が得られています。Ⅲ期症例、特に高度縦隔リンパ節転移や隣接臓器に直接浸潤している場合は、Inductiontherapyとして化学療法や放射線療法を先行し、腫瘍の縮小が得られた場合に手術を行う事を原則としています。手術適応外と判断された場合は、放射線療法と化学療法を組み合わせたバランスのとれた集学的治療を行います。

喘息・COPD

 国際的なガイドラインに従い、科学的根拠に基づいた治療を行い、慢性期の管理を行っています。気管支喘息では、毎日のピークフローの測定、喘息日誌の記入を基本とした自己管理法を指導しています。健康な人と変わらない日常生活が送れることを目標として、自己管理を徹底し、生活の質の向上と維持を目指しています。難治性喘息の症例に対しては、抗IgE抗体療法も行っています。また、慢性呼吸不全に対する在宅酸素療法(HOT)や非侵襲的陽圧換気(NPPV)など、在宅医療も積極的に行っています。

間質性肺炎

 HRCTによる画像診断、胸腔鏡下肺生検による病理診断等で間質性肺炎の確定診断を行ったのち、活動性がある病態と判断された場合には、ステロイド剤や免疫抑制剤による治療を行います。特発性肺線維症に対してはピルフェルニドンによる治療も行っています。

転移性肺腫瘍

 原発巣がコントロールされており、他に遠隔転移がなく、患者さんが手術に耐える場合は積極的に切除を行っています。胸腔鏡下肺部分切除術が中心です。最近では、大腸・直腸癌肺転移の方が増加しています。

縦隔・胸壁腫瘍

 胸腺腫、縦隔胚細胞性腫瘍、神経原性腫瘍、先天性嚢腫が主な対象疾患です。胸腺腫が最も多く、重症筋無力症などを合併する場合があります。胸部CTで浸潤傾向が少なければ手術を優先します。胸部CT上、心膜、肺、大血管などへの浸潤が疑われる場合は放射線治療や化学療法を行った後に手術を行います。縦隔胚細胞性腫瘍は発生頻度は少ないがきわめて悪性度が高いものです。組織診断(主として針生検)後、化学療法を行います。腫瘍マーカー(AFP,HCGなど)、胸部CTを参考に化学療法を行い、腫瘍マーカーが陰性化してから外科治療を行うのが原則です。神経原性腫瘍(後縦隔あるいは胸壁)、先天性嚢腫は胸腔鏡下手術のよい適応です。良性疾患であるため再発は原則としてなく、術後合併症もほとんどありません。

気胸

 何らかの原因で肺がパンクした状態です。肺のつぶれた程度に応じ、安静,胸腔ドレナージなどで対応します。胸腔ドレナージでも肺の再膨張が得られない場合や再発を繰り返す場合は手術適応となります。手術は胸腔鏡下手術を第1選択としており、自動縫合器による肺部分切除術(ブラ処理)を行います。

気腫性肺嚢胞症

 気腫性肺嚢胞は感染を繰り返す場合、気胸を合併した場合、進行性に増大し呼吸困難をきたす場合などが手術適応です。現在までに約13例の経験がありますが治療成績は良好です。慢性肺気腫で呼吸不全が進行する症例に対しての肺容量減少手術にも、対応可能です。

手掌多汗症

 手掌多汗症に対する胸腔鏡下手術は術後疼痛の少なさ、美容的見地、合併症の可能性がきわめて低い事などが特徴です。手術は全身麻酔下(分離肺換気)、仰臥位、一側腋窩部に2カ所のポートで行っています。術直後から発汗は停止し、効果は確実です。

専門外来

喘息・COPD(検査)外来

 IOS(インパルスオシレーションシステム)、呼気NO、スパイロメトリー、可逆性検査、気道過敏性検査などの検査を組み合わせて、喘息・COPDの鑑別診断、病状の評価を行い、生活指導や治療内容の変更・調整を行います。診断困難症例、難治症例などについても対応させていただきます。また、長期に治療内容が全く変わらず安定している喘息症例では、治療のStep-downや治療の必要性の検討をさせていただきます。通常の新患外来へご紹介下さい。

紹介していただく時の留意事項

 紹介状をお願いいたします。
 初診紹介場合、事前予約が可能ですので、お急ぎでない場合はご利用ください。病歴、検査データ、画像(レントゲン、CT、エコー)などの資料をご持参いただくと大変参考になります。緊急入院が必要と考えられる場合、満床のことがありますので、必ず電話でのご連絡をお願いします。

その他

地域医療連携への取り組み

 ご紹介いただいた患者さんは、病状安定後原則としてご紹介元へお返しし、安定期のフォローアップをお願いしております。特に、気管支喘息の安定した症例は、連携パスを使った病診連携を運用して、ダブル主治医制でフォローアップを行う体制を取っております。

病診連携研修会・症例検討会・カンファレンス

 内科入院症例検討会  毎火曜日 午後6時30分 7-1病棟記録室
 肺癌集学的治療検討会  毎木曜日 午後5時30分 7-1病棟記録室

ページトップへ