• 外来担当表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-261-5656
045-261-5656


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 感染制御部

感染制御部

感染制御部
部長  築地 淳

ご挨拶


感染制御部部長  築地 淳

 横浜市立大学附属市民総合医療センター(市大センター病院)感染制御部は、平成20年4月1日に、院内の感染対策を円滑に運営するために中央部門の一部門として新設されました。当時は呼吸器病センターの金子猛教授が初代部長として職責を果たされましたが、平成26年10月1日より第2代部長として私が引き継ぎ現在に至ります。
 感染制御部は医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、事務職員で構成されています。それぞれの職種における専門領域の知識・技術を活かしながら協力し合い、院内感染の予防、職員の健康管理、感染症診療の質の向上を図り、患者安全の担保と安心できる医療を提供するために、①感染制御、②感染症診療・支援、③感染症教育、の3本柱を充実させることを目指して日々活動しています。
 最近、メディアを賑わす新興感染症(エボラ熱、MERS、ジカ熱など)や再興感染症(結核など)のみならず多剤耐性菌やインフルエンザ等、私たちはかつてない深刻な問題にも直面しています。日進月歩の医学的知見を取り込みながら私たちはこれらの課題に取り組んでいますが、これから感染症を学びながら私たちと共に活動にあたる気概ある若手が門戸を敲くなら望外の喜びです。

スタッフ

築地 淳 講師
(感染制御部部長)
日本内科学会認定総合内科専門医・指導医
日本感染症学会専門医・指導医・評議員
日本呼吸器学会専門医・指導医
日本化学療法学会抗菌化学療法指導医
日本アレルギー学会専門医
ICD(インフェクションコントロールドクター)
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
神奈川県身体障害者福祉法指定医
清水博之 助教 日本小児科学会専門医・指導医
日本感染症学会専門医・評議員
日本小児感染症学会評議員
日本化学療法学会抗菌化学療法指導医
国際渡航医学会認定医(CTH)
ICD(インフェクションコントロールドクター)
臨床研修医指導医(厚生労働省)
神奈川県身体障碍者福祉法指定医
小児慢性特定疾病指定医
河原春代 師長
(感染管理認定看護師)
日本看護協会感染管理認定看護師
椙山聡一郎
(感染制御専任薬剤師)
日本薬剤師研修センター認定薬剤師
木田沙緒里
(感染制御専任臨床検査技師)
遺伝子分析科学認定士(初級)

業務内容

感染制御

・感染症アウトブレイク時の感染拡大防止(迅速な情報収集、ラインリスト作成、エピカーブ解析による、感染経路の特定及び対策の立案など)
・サーベイランスの実施
・ICTニュースの定期発行
・感染対策マニュアルの作成および改訂

感染症診療・支援

・感染症コンサルテーション(年間500件以上)
・血液培養陽性患者の迅速な診療サポート(血培ラウンド)
・診療科カンファレンスへの参加・助言
・耐性菌検出時の抗菌薬選択や感染対策指導
・広域抗菌薬使用症例の診療サポート

感染症教育

・院内外の感染症診療や感染対策に関する医療従事者(医師、看護師、研修医、新採用者、その他職員)、実習学生への教育および指導。
・病棟や診療科への講習会の開催
・N95マスクフィットテスト講習会の開催
・e-learningの開講
初期臨床研修医向けの教育プログラムを用意しています。詳しくは横浜市立大研修センターの要綱をご覧ください。

外来診療

・HIV感染症外来(現在は院内発生のみに対応)
・肺抗酸菌感染症外来
・小児感染症外来(不明熱、周期性発熱症候群、結核接触者健診、B型肝炎、C型肝炎、梅毒など)

職業感染対策

・流行性ウイルス疾患(麻疹・風疹・水痘・ムンプス)、B型肝炎の抗体検査を実施し、陰性者に対するワクチン接種および指導。
・全職員を対象とした季節性インフルエンザワクチンの接種。
・実習を行う医学生、看護学生の流行性ウイルス疾患の抗体価の確認と指導。
・IGRA検査陽性の職員のフォロー。

地域貢献・医療連携

・県内医療機関からの感染症コンサルテーションの応需
・県内医療機関や医師会などの感染症講演会
・市民公開講座
・横浜市医師会との感染症フォーラム共催

行政連携

・感染症法該当疾患発生時の対応(結核、急性脳症など)
・時事問題的な輸入感染症への対応(妊娠女性のジカウイルス感染症対応やエボラ出血熱を想定した訓練など)

研究

・インフルエンザ肺炎あるいはデング熱重症化を予測するバイオマーカー開発(平成27年より呼吸器病センターとも共同)(多施設)
・医療従事者に対する百日咳予防の為のワクチン接種の安全性及び抗体価に関する研究(単施設)

みなさまに大切なお知らせ

 横浜市大センター病院は日本感染症学会の『蚊媒介感染症専門医療機関ネットワーク』に加盟しています。帰国後の発熱などで当院の診療科を受診した際に、デング熱・チクングニア熱・マラリアなどが疑われる場合の診療支援も行っています。さらに当院は『ジカウイルス感染症協力医療機関』にも参加しています。ジカウイルスが妊娠女性に感染すると赤ちゃんに小頭症などの合併症を起こすリスクが高くなります。専門用語では『先天性ジカウイルス感染症』と呼びます。私たちは総合周産期母子医療センターと協力し、先天性ジカウイルス感染症診療を円滑に行えるよう診療支援体制を整えています。
 先天性ジカウイルス感染症が疑われる場合は、まず、かかりつけ産科医から当院の総合周産期母子医療センター宛ての紹介状を御持参下さい。

ページトップへ