• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 皮膚科

皮膚科

診療科部長/主任教授
(兼)相原 道子

担当部長
和田 秀文

診療内容・特色・主な対象疾患

主な対象疾患

アトピー性皮膚炎・蕁麻疹・接触皮膚炎・薬剤/食物アレルギー
皮膚腫瘍(良性・悪性)
乾癬・掌蹠膿疱症
水疱症・膿疱症
膠原病・脈管疾患(血管炎、循環障害等)・ベーチェット病
など、皮膚科学全般の疾患を診療対象としています。

診療の特色

免疫・アレルギーを専門とするスタッフが多いためアトピー性皮膚炎、蕁麻疹、接触皮膚炎、薬剤アレルギー、食物アレルギー、膠原病、水疱症、脱毛症などの疾患に関しては、詳細な検査のほか専門的な治療を積極的に行っています。乾癬については、外用療法以外に、光線療法・内服療法・生物学的製剤を用いた治療により重症例に対応しています。皮膚悪性腫瘍(メラノーマや乳房外パジェット病など)に対する手術、化学療法の症例も多く、患者さんに合わせた専門的な治療を行っています。他に、重症薬疹・重症膠原病・難治性水疱症に対するステロイドパルス・エンドキサンパルス・二重濾過血漿分離療法、大量γグロブリンを用いた治療など種々の治療に対応しています。
外来は、「新患外来」、「一般外来」、「専門外来」で構成されています。新患の方はまず「新患外来」にかかっていただきます。その上で、初診担当医が適宜、「一般外来」、「専門外来」に割り振ります。

主な治療実績・専門外来・検査等

以下に、専門外来をご紹介します。

専門外来

(1)アトピー性皮膚炎・蕁麻疹(火am/火pm/木am)
アトピー性皮膚炎に対しては原因や悪化因子の検索を血液検査や皮膚テストで行い、治療に反映させています。治療は外用薬や抗アレルギー薬を用いるスタンダードな治療から、抗真菌療法、ナローバンドUVBによる光線療法、内服免疫抑制剤を用いる新しい治療まで重症度に応じて選択します。急性増悪した時の入院加療だけではなく、教育入院も積極的に行っており、10日間の入院プログラムでは、具体的な外用方法やアトピー性皮膚炎全般に関して深く理解できるような内容のセミナーを開催し、皮膚科医師が個別に指導しています。
蕁麻疹に対しては原因の検索と治療を行ないます。食物アレルギーや薬物アレルギーによる蕁麻疹では、原因を明らかにするために、入院による誘発テストを行うこともあります。特に、食後の運動で蕁麻疹や呼吸困難、ときに血圧低下や意識障害までみられる食物依存性運動誘発アナフィラキシーでは、入院による負荷試験が診断のために必要です。蕁麻疹は抗アレルギー薬による治療のほか、アナフィラキシーを起こす重症患者さんには必要に応じてエピペンの処方を行なっています。

(2)腫瘍外来(月am)
皮膚がん(メラノーマ、乳房外パジェット病、有棘細胞癌、基底細胞癌など)の診断から手術、化学療法・免疫療法・放射線療法といった集学的治療までのトータルな診療を行っています。
診断にはダーモスコピーを用いて早期診断を試みます。分子標的治療や温熱灌流療法の効果の解析、皮膚腫瘍の自然退縮機構の解明などを行っています。

(3)乾癬外来(水am)
乾癬に対しては、まずは通常の外用療法、内服療法(免疫抑制剤以外)を試みます。治療になかなか反応しにくい難治例については、ナローバンドUVB療法や免疫抑制剤内服療法なども行っています。掌蹠膿疱症に対してもナローバンドUVB療法などを行っています。また、重症例には生物学的製剤を導入して治療しています。

(4)水疱症外来(火pm)
自己免疫性水疱症(天疱瘡、類天疱瘡)は、まれなものは別として、診断は比較的容易ですがしばしば治療に難渋します。当科では、使用可能なすべての免疫抑制剤の組み合わせを試み、有効性を認めています。また、急性期に大量ガンマグロブリンや血漿交換療法を加え、負荷の少ない治療戦略を試みています。

(5)膠原病・脈管外来(木pm)
全身性エリテマトーデスや強皮症、皮膚筋炎はいわゆる膠原病といわれ、難病の一群ですが、治療の成否は早期診断・早期治療にあり、皮膚病変の評価を正確にすることが重要です。第1にはこの点に留意し診断・治療を心がけています。第2には自己抗原の解析や血管内皮細胞の役割、線維化の抑制についての研究活動も行って治療方針に役立つよう努めています。

(6)プリックテスト外来(火am)
アレルギーの原因や悪化因子を調べるために行う皮膚テストです。
対象となる病気は、じんましん、アナフィラキシー、食物アレルギー、薬疹、アトピー性皮膚炎です。プリックテストの方法は、食物、花粉、ダニ、カビなどからつくられた検査用のエキスを前腕もしくは背中に1滴ずつつけて、専用の器具で皮膚をわずかに刺し、15分後に腫れの程度をみます。
持参の食品や薬剤でも施行することができます。

(7)パッチテスト外来(月pm/水pm/木pm)
接触皮膚炎、薬疹、金属アレルギーなどの原因を明らかにするために皮膚テストの一つであるパッチテストを行ないます。試薬を背部や上腕に貼布する日(月曜日)と判定日(水、木曜日)の最低3日は検査のための来院が必要です。金属アレルギーではさらに翌週(月曜日)も判定を行ないます。それにより明らかになった原因物質を避けることにより症状が軽快します。なお、6~9月の夏季は発汗により検査用の絆創膏を数日に渡って貼ることができないため、検査は原則としてお休みになります。

(8)その他
皮膚に症状が出る薬剤アレルギー(薬疹)については、適宜診療を行ないます。重症では入院してステロイド薬の全身投与や血漿交換療法などを行うことがあります。急性期の症状が軽快したのち、皮膚テストなどにより原因薬剤を検索します。
毛髪色素外来(木am)では円形脱毛症などの免疫異常が関与した脱毛症に対して、局所免疫療法や紫外線療法を行っています。現在、急性期の脱毛症の方は症状により新規受付しておりますが、慢性期の方は受付をお断りさせていただく可能性がございますのでご了承ください。

その他

紹介していただく時の留意事項

初診には紹介状※が必要です。ご紹介して頂く場合には、各種検査結果やご処方内容、皮膚生検済の場合にはそのプレパラートなど添付いただけますと、より早く正確に診断・治療が進みますのでご協力をお願いいたします。
※保険医療機関発行のもの

ページトップへ