• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > リハビリテーション科

リハビリテーション科

診療内容・特色・主な対象疾患

リハビリテーション医学の目的は、疾病により生じた精神・身体の機能障害に対して、障害を軽減し、あるいは障害を代償する手段を獲得し、日常生活活動の自立を最大限に高め、個々の患者さんの能力に応じた適切な社会参加を実現させることにあります。この目的のために、リハビリテーション科医、看護師、リハビリテーション専門職(理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、義肢装具士、ソーシャルワーカー)、社会的リハビリテーションの専門職が、チームとして患者さんを援助するのがリハビリテーション医学の特徴です。
横浜市立大学附属病院リハビリテーション科は、独立したリハビリテーション診療科としては我が国で最も早く、1968年に開設されました。以来、横浜市内、神奈川県内の多くの医療機関との連携を構築し、近隣自治体の介護福祉行政とも良好な協力体制を確立してきました。このような努力が実を結んで、横浜市では現在、他の自治体の模範となるような、急性期から慢性期まで一貫したリハビリテーションサービスが提供されています。
リハビリテーション科の診療はリハビリテーション科医師による機能評価・目標設定・治療計画・リハビリテーション処方に基づいて、リハビリテーション専門職や看護師が、それぞれの専門領域で患者さんの治療・支援を行います。リハビリテーション科医師以外の専門職は理学療法士11名、作業療法士7名、言語聴覚士2名です。
入院患者さんに対してはリハビリテーション科病床での入院リハビリテーション、他科入院患者さんの早期リハビリテーション、外来患者さんに対しては、退院後の健康管理や機能評価などを行っています。リハビリテーション科入院診療は、多くの合併症を持つ脳卒中患者さんや、転移性脊椎腫瘍に伴う脊髄障害、頸髄損傷による四肢麻痺、多数の人工関節手術を行った関節リウマチ患者さんなど、一般医療機関では対応が困難な症例に対し安全かつ高度なリハビリテーション医療を提供しています。他科入院患者さんでは、小児から高齢者まで、骨折や脳卒中から胸腹部手術後の早期離床まで、すべての年齢層のあらゆる疾患に対応できるのが当科の特徴です。
リハビリテーション科の代表的な対象疾患は、脳卒中・脳腫瘍・脳外傷・認知症などの脳疾患、脊髄損傷・脊髄腫瘍・脊椎変形に伴う脊髄症などの脊髄疾患、パーキンソン病・脊髄小脳変性症・多発性硬化症などの神経変性疾患、関節リウマチ・変形性関節症・変形性脊椎症・骨折・スポーツ外傷・腰痛症・四肢の切断などの骨関節疾患、ギランバレー症候群・筋ジストロフィー症・顔面神経麻痺・末梢神経損傷などの神経筋疾患、脳性麻痺・発達遅滞などの小児疾患、悪性腫瘍・胸腹部外科手術・全身性疾患などによる長期臥床に伴う体力低下や運動機能低下などです。また、糖尿病・肥満・心筋梗塞・慢性呼吸不全などの内科的疾患もリハビリテーション科の対象疾患です。
とりわけ、高齢者の頸髄損傷、脳・脊髄疾患に伴う重度痙縮、小児・成人の関節リウマチを中心とした自己免疫疾患、神経難病、小児の運動発達障害、腫瘍・血管障害による下肢切断、悪性腫瘍による身体障害に対するリハビリテーションの診療実績は国内で高く評価されています。

主な治療実績・専門外来・検査等

平成26年度の診療実績

年間外来患者数39,840人(1日平均163人)、延べ入院数1,237人(リハ科病床数5)、理学療法(PT)部門の年間単位数は42,714単位(脳血管疾患等リハ52.6%、運動器リハ40.1%、がん患者リハ4.7%、呼吸器リハ2.6%)、作業療法(OT)部門の年間単位数は15,120単位(脳血管疾患等リハ63.4%、運動器リハ33.7%、がん患者リハ2.9%)
*リハビリテーションの単位とは、療法士が患者さんと一対一で行う療法を20分間行った時に1単位として診療報酬が定められています。
年間新患患者2,049人、疾患別内訳は、骨関節疾患27%、脳障害15%、がん14%、神経筋疾患13%、リウマチ性疾患6%、脊髄障害4%、呼吸循環器疾患4%、周術期障害4%、小児疾患3%、皮膚軟部組織障害3%、その他の内部障害3%、精神疾患2%、四肢切断1%、疼痛性疾患1%、その他1%。

主な研究テーマ

・スモン病のリハビリテーションに関する研究
・重度痙縮治療に関する研究
・運動効果のメカニズムと効果増強に関する研究
・ロボットを利用したリハビリテーションの生理学的効果に関する研究
・脊髄再生医療における効果的なリハビリテーションの開発
・障害者の自律神経メカニズムに関する研究
・障害者スポーツの競技力向上に関する研究
・運動負荷量と必要栄養量に関する研究
・脊髄損傷者の日常生活活動量と生活習慣病に関する研究
・がんに対する運動負荷の効果に関する研究
・疼痛に対する運動負荷の効果に関する研究

特徴的な診療内容

・関節リウマチの障害予防的リハビリテーション
・関節リウマチの装具療法
・下肢人工関節手術後の早期リハビリテーション
・悪性腫瘍に伴う脊椎・脊髄障害患者さんのリハビリテーション
・小児リウマチ性疾患のリハビリテーション
・高齢者の循環障害による下肢切断のリハビリテーション
・重度痙縮に対するバクロフェン髄腔内投与療法(ITB療法)
・重度痙縮に対するボツリヌス療法
・骨髄移植前後の無菌室でのリハビリテーション

専門外来および検査

補装具外来:月曜午後1:30~5:00
・上肢装具・下肢装具・体幹装具などの装具、義手・義足、杖・歩行器などの歩行補助具、車椅子、座位保持装置など身体機能障害を改善し機能を代償する適切な補装具を処方し作製します。
ITB(髄腔内バクロフェン)療法・ボツリヌス療法外来:火曜午後1:30~4:30
・脳・脊髄疾患による重度痙縮に対して治療を行います。
小児リハクリニック:水曜午後1:30~4:30
・小児の発達障害に対する外来診療、発達評価・訓練、補装具療法などを行います。
リウマチ合同診療:水曜午後1:30~3:00
・関節リウマチを中心とするリウマチ性疾患に対して、リウマチ内科、整形外科と合同で外来診療を行います。
電気生理学検査:金曜午後1:30~4:30
・麻痺性疾患や神経疾患による身体機能障害に対して、筋電図・末梢神経伝導速度・体性感覚誘発電位検査などを行います。
リハビリテーションカンファレンス:火曜日午後4:30~5:00
・研修医・PT/OT実習生・看護学生向けの教育的なチーム医療症例検討を行います。

その他

紹介していただく時の留意事項

特にありません。

ページトップへ