• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 救急科

救急科

救急科診療科部長相原道子の写真

診療科部長
(兼)相原 道子

救急科主任教授 竹内一郎の写真

担当部長/主任教授
竹内 一郎

診療内容・特色・主な対象疾患

平成22年4月から稼働を開始した救急部(平成27年8 月より救急科)は、二次救急医療機関として救急車で搬送される中等症の患者さんの救急診療にあたるとともに、独歩来院の救急患者さんの初期救急診療にも取り組んでいます。いわゆるER型救急システムを採用しており、対象疾患の内訳は、外傷、腹痛、めまい、失神、発熱、頭痛、意識障害、気管支喘息発作、電解質異常など幅広く、外来処置を必要とする疾病・外傷や緊急手術・緊急処置が必要な病態の初期診療を行っています。また、初期診療後の観察入院や加療にも対応できるよう、平成24年度から 救急病床(20床)が稼働しています。

主な治療実績・専門外来・検査等

平成28年度は7,385例(時間外:6,176例、救急 車搬送:2,786例(うち時間外1,921例))の初期・二次救急症例の外来診療にあたっています。内訳と概数は、年間、頭部・顔面外傷300例、腹痛300例、小外傷300例、交通外傷(頭部・顔面・小外傷を除く)150例、めまい150例、発熱(感冒・腎盂腎炎 など)120例、頭痛(意識障害を除く)100例、意 識障害60例、薬物過量内服60例、気管支喘息発作 30例、電解質異常30例、失神25例、他です。

ページトップへ