• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 脳神経外科

脳神経外科

診療内容・特色・主な対象疾患

診療方針・内容

横浜市立大学附属2病院(附属病院、市民総合医療センター)にはそれぞれ脳神経外科の診療科があり、脳腫瘍、脳卒中、頭部外傷、脊椎・脊髄疾患、機能的脳神経疾患(三叉神経痛、顔面痙攣など)、水頭症、感染症、小児神経疾患などすべての神経疾患を取り扱っています。その中で当附属病院では脳腫瘍、脊椎・脊髄疾患、脳卒中、機能的脳神経疾患を主に扱い、機能分担を図っています。脳神経外科の治療方針としては、患者さんの立場に立った心温まる医療を提供することをモットーに、患者さんおよびそのご家族との十分な話し合いを持つように心がけています。

診療の特徴・特色

脳のみならず脊髄、末梢神経にいたるまで全ての神経外科的疾患を治療対象とし、最先端機器と技術を駆使した診療を行っています。救急患者に対しても、当院救急科はもちろん、市民総合医療センターや救命救急センターとも密な連絡を取り、積極的に対応しています。また頭蓋底、眼窩、副鼻腔、内耳道、深頚部腫瘍、小児脳腫瘍は、形成外科、耳鼻咽喉科、小児科、放射線科などと連携をとり、さらに神経内科とともに脳卒中科を設置し、その中で手術が必要な症例に対し当科で外科的処置を行っています。

対象疾患

悪性脳腫瘍(神経膠腫、悪性リンパ腫、がんの脳転移など)
良性脳腫瘍(髄膜腫、聴神経鞘腫、下垂体腺腫、頭蓋咽頭腫、血管芽腫など)
脊髄腫瘍
脊椎疾患(頚椎症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄、後縦靭帯骨化症など)
脳動脈瘤
脳動静脈奇形、硬膜動静脈瘻
脳梗塞予防手術(脳主幹動脈狭窄症および閉塞症)
三叉神経痛・顔面痙攣
水頭症
痙縮の治療(髄腔内バクロフェン療法)

主な治療実績・専門外来・検査等

良性脳腫瘍、頭蓋底腫瘍(髄膜腫、聴神経鞘腫、下垂体腺腫、頭蓋咽頭腫、血管芽腫など)

当科では一般病院では手術困難とされる頭蓋底腫瘍の患者さんも多数紹介され、頭蓋底外科に精通した専門医が外科的治療を積極的に行っています。
これらの腫瘍は脳深部に存在するため、様々な頭蓋底到達法を駆使し、脳保護をはかりつつ、腫瘍の最大限の摘出を試みております。特に、生活の質(QOL)を低下させないように、各種の脳神経モニタリング機器を用いて、脳神経機能の維持温存を優先した手術治療を行っております。また、周術期のみならず、術前の血管内塞栓術や術後の定位的放射線治療(ガンマナイフ、サイバーナイフ)も治療選択肢として必要に応じて御紹介しています。さらに神経内視鏡、ニューロナビゲーター、超音波などの新の技術を駆使し、手術死亡や重篤な合併症なく良好な成績を収めています。聴神経腫瘍などでは顔面神経温存率は95%以上、聴力温存率も50~70%程度と良好な成績を達成しています。また、血管芽腫(小脳・脊髄)は、フォンヒッペルリンドー病に伴う血管芽腫を中心に、本邦で最も多数例の手術を行い、良好な成績を収めています。

悪性脳腫瘍(神経膠腫、悪性リンパ腫、がんの脳転移など)

神経膠腫(膠芽腫、星細胞腫、乏突起膠腫)に対しては、術前にCTやMRIといった画像検査に加えて、PET、機能的MRIやテンソル画像、高次機能検査による評価を行います。治療は、機能予後を念頭に置き、術中ニューロナビゲーター・電気生理モニタリング・脳腫瘍蛍光ガイドを併用し、言語野近傍の病変に対しては覚醒下手術を行うことによって、可及的に腫瘍摘出を行います。術後は、摘出した腫瘍の病理診断ならびに遺伝子診断を行い、その結果に基づいて化学療法、放射線療法を行っております。また胚細胞腫、悪性リンパ腫に対しても独自の治療計画により良好な成績を収めています。小児の悪性脳腫瘍に対しては、小児科と連携して集学的な治療を行っています。また、これらの脳腫瘍の手術においては、直達手術以外にも神経内視鏡を用いた低侵襲手術を積極的に行っています。最先端の技術を駆使した治療を提供しています。

脊髄脊椎疾患

当科での脊髄脊椎疾患の手術治療には、顕微鏡・拡大鏡を用いたマイクロサージャリーの技術を全面的に用いております。合併症を起さないことを第一に考えた術式工程を確立し、専任のスタッフ(日本脊髄外科学会指導医)を配し、徹底した安全管理を行っています。手術成績に関して、各疾患に対しての有効性、安全率などのデータは常に開示できる体制としています。脊髄腫瘍(神経鞘腫、髄膜腫、脊髄髄内腫瘍)は、症例が多く、特に困難とされる脊髄髄内腫瘍(上衣腫、血管芽腫、星細胞腫)も良好な成績を上げています。
脊椎変性疾患(頚椎症、椎間板ヘルニア、脊椎間狭窄、後縦靭帯骨化症など)は、できるだけ筋骨構造を温存した独自の手術を開発、採用し、マイクロサージャリー手術ならではの、常に患者さんに優しい手術を提供しています。ほとんどの入院期間が術後4日~8日です。

脳動脈瘤

破裂動脈瘤によるくも膜下出血に対しては急性期治療を積極的に行っており、症例ごとに開頭クリッピング術もしくは血管内コイル塞栓術を選択しています。脳ドックなどで発見される無症候性未破裂動脈瘤に対しては、治療の必要の有無、治療が必要な場合は開頭手術と血管内手術の両方について患者さんに説明し、十分なインフォームドコンセントを得たうえで最適な治療方針を決定しています。

脳動静脈奇形

脳動静脈奇形は、出血発症以外にも、てんかんや頭痛の精査、脳ドックでも発見されることがあります。当科では、術前血管塞栓術、脳機能画像などから手術計画を作成し、安全確実な外科的摘除を行っております。また、脳深部などの外科摘除が困難な部位では、血管内手術やガンマナイフによる放射線療法を組み合わせた集学的治療を行っています。

脳梗塞再発予防

頚部頚動脈狭窄症に対しては頚動脈内膜剥離術を積極的に行っており、症例に応じてステント留置術を考慮しています。術中は機能モニタリングを行い、術後はICUで厳格な全身管理を行っております。また脳主幹動脈閉塞症やモヤモヤ病に対しては、厳格な手術適応基準を設け、頭蓋内・外血管バイパス術を行い、良好な成績を示しています。

機能的脳神経外科

顔面痙攣や三叉神経痛の外科治療として、微小血管減圧術で良好な成績を上げています。下肢痙縮に対してはリハビリテーション科と協力して、バクロフェン髄注療法を行っています。数少ない認定施設の一つです。また市民総合医療センターでは、パーキンソン病に対する深部脳刺激療法にも取り組んでいます。

脳血管内治療

脳血管内治療とは、脳の病気に対して皮膚を切ったり頭蓋骨を割ったりすることなく、血管の中からアプローチする手術法です。細いカテーテルを病気のある部位まで進めていき、様々な道具や薬品を用いて治療することで、一般的な外科手術と比べて、侵襲が少ない点が特徴です。適応として、前述した脳動脈瘤塞栓術、脳動静脈奇形塞栓術、脳梗塞に対する血行再建術、頚動脈ステント留置術の他に、硬膜動静脈瘻に対する塞栓術などが挙げられます。市民総合医療センターおよび当院ではそれぞれ専任のスタッフ(日本脳血管内治療学会指導医)が常駐し、徹底した安全管理のもと治療を行い、良好な成績を得ております。

月 村田 英俊:脊髄脊椎、脳血管外科
  末永 潤:頭蓋底外科、脳血管外科、脳神経外科一般
  佐藤 充:脊髄外科、脳神経外科一般
火 交代制
水 村田 英俊:脊髄脊椎、脳血管外科
  清水 信行:脳血管内治療、脳神経外科一般
  中村 大志:脳腫瘍、脳神経外科一般
木 交代制
金 立石 健祐:脳腫瘍
  大竹 誠:脳腫瘍、脳神経外科一般
  宮崎 良平:脳神経外科一般

その他

紹介していただく時の留意事項

できるだけ、紹介状※と画像のコピーをご持参ください。 ※保険医療機関発行のもの

ページトップへ