• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 循環器内科

循環器内科

診療内容・特色・主な対象疾患

近年の人口の高齢化に伴い、循環器疾患のみならずその他の合併症をも有する患者さんが増加しています。そのため循環器疾患のみでなく総合診療的対応が必要なことが多くなっておりますが、当科は循環器内科としての高い専門性を基盤とすると同時に、出自である旧第二内科学教室が臓器別に分かれる以前からの伝統である「単独臓器だけではなく総合的な内科学全般的視野に立ち、トータルかつ全人的総合的視点で患者さん中心の循環器疾患の医療を遂行する」との立場を堅持して診療にあたっております。同じ循環器・腎臓内科学教室(旧第二内科学教室)の腎臓・高血圧内科、および院内の心臓血管外科などの各関連診療科、さらに虚血性心疾患の診療で定評のある横浜市立大学附属市民総合医療センターの心血管センター循環器内科(木村一雄教授)との連携の緊密さも特色です。
診療内容は虚血性心疾患、不整脈、心不全、弁膜症、心筋症、末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症)、肺高血圧症、肺血栓塞栓症などすべての循環器疾患の診断および治療をバランスよく行っています。虚血性心疾患に対しては、心臓カテーテルを用いて冠動脈インターベンション(PCI)手技による冠動脈ステント留置術、経皮的冠動脈形成術などの治療を的確に行っています。各種不整脈に対しても学会最高レベルの医師が高周波による心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)、ペースメーカー植込み術、植込み式除細動器植込み術(ICD)、慢性心不全に対する心室再同期療法(CRT-D、CRT-P)など最先端の治療を行っています。閉塞性動脈硬化症(ASO)、つまり末梢動脈疾患(PAD)に対する経皮的動脈形成術(PTA)や、腎動脈狭窄症に対する経皮的腎動脈形成術(PTRA)などを始めとする様々な領域のカテーテルを用いた血管内治療(EVT)を行っています。慢性血栓塞栓性肺高血圧症に対しては、経皮的肺動脈形成術(BPA・PTPA)を施行しています。弁膜症については、経皮的大動脈弁形成術(BAV・PTAV)や経皮的僧帽弁交連切開術(PTMC)を行っております。バージャー病、閉塞性動脈硬化症など末梢動脈疾患で、適応のある場合には、先進医療としての骨髄幹細胞移植術あるいは末梢血幹細胞移植術による血管再生療法を施行しております。循環器疾患の診断に際しては、患者さんへの侵襲を最小限とするため、核医学的診断法、MSCTあるいはMRI検査も積極的に導入しております。県内主要病院の循環器科とは密接な協力関係にあるため、医療の最後の砦としてこれら病院から重症患者さんが多く紹介されてくるのも特色であり、最新のエビデンスに基づく高度な循環器診療を遂行しております。

対象疾患

急性冠症候群(急性心筋梗塞、不安定狭心症)、労作狭心症、心臓弁膜症、心筋症、心筋炎、頻脈性および徐脈性不整脈疾患(心室細動、心室頻拍、発作性上室性頻拍、WPW症候群、心房細動、心房粗動、洞不全症候群、完全房室ブロックなど) 急性・慢性心不全、感染性心内膜炎、末梢動脈疾患(閉塞性動脈硬化症、バージャー病)、高血圧症、急性肺血栓塞栓症、肺高血圧症、慢性血栓塞栓性肺高血圧症など。

主な治療実績・専門外来・検査等

循環器内科としての病棟定床数はCCU4病床を含めて24病床です。年間の入院患者数は約920人、その内CCUへ 収容された人数は約150人であり、急性心筋梗塞、不安定狭心症、重症心不全、重症不整脈などの患者さんはCCUで治療を行っています。年間の心臓カテーテル検査は約800症例、冠動脈インターベンション治療は約200症例が施行され、95%以上の成功率が得られています。閉塞性動脈硬化症(ASO)など末梢動脈疾患(PAD)に対する経皮的動脈形成術(PTA)や腎動脈狭窄症に対する経皮的腎動脈形成術(PTRA)などの冠動脈以外のインターベンション治療を約150症例施行しています。また適応があるASO症例あるいは四肢の難治性潰瘍を伴うバージャー病の症例に対しては、骨髄あるいは末梢血幹細胞(血管内皮前駆細胞)移植術を施行し良好な結果を得ています。
不整脈患者に対する心臓電気生理学的検査は年間約200症例施行されています。頻脈性不整脈(心室頻拍、心房粗動、発作性上室性頻拍、心房細動など)に対する治療である高周波カテーテル心筋焼灼術(カテーテル・アブレーション)は 年間約150症例実施し、成功率98%以上、合併症1%未満という成績でした。徐脈性不整脈(完全房室ブロック、洞不全症候群)に対する永久心臓ペースメーカー植え込み術も年間約110症例実施されており、心機能の改善に最大限の効果を得るためにペースメーカーの至適房室伝導時間設定をきめこまかく管理を行っているのも当科の特色です。心房細動の予防にも積極的に取り組み、薬物療法のみならず、心房オーバードライブ・ペ一シング、両心房ペ一シング、バッハマン束ペ一シング、肺静脈隔離術などの非薬物治療も行い心房細動の再発の防止に努めています。心室性不整脈に対する植え込み型除細動器(ICD)の移植は神奈川県内の関連施設からの依頼も多く、年間約40症例実施しています。心不全症例には積極的にβ遮断薬の導入を行っており、また心不全治療において近年脚光を浴びている両心室ペースメーカー(CRT)の植え込みは本邦で最も早く開始しています。近年では除細動装置つき両心室ペースメーカー(CRT-D)の植え込み術は年間約20症例施行しています。循環器疾患の領域における遺伝性QT延長症候群、本態高血圧症等の遺伝子診断を随時行い診療に役立てています。周術期における肺血栓塞栓症予防のため、肺血栓塞栓症の最高リスク患者で必要と判断される症例には一時的下大静脈フィルターの留置を行い、手術中手術後の肺血栓塞栓症を防いでいます。入院・外来患者に対して年間約700症例のホルター心電図、約5,000症例の心エコー図、約400症例のトレッドミル運動負荷試験、約300症例の心臓核医学的検査など行っています。2016年度のトピックスの一つとして循環器内科主導で成人先天性心疾患(ACHD:AdultCongenitalHeartDisease)診療を開始したことが挙げられます。この領域は近年日本のみならず世界的にも患者数の増加が指摘されており、一方で診療体制については十分に確立されていないという問題を抱えています。神奈川県内でも既に大学病院を中心としてACHD診療を開始している施設はありますが、他の都道府県と同様、十分に確立されているとは 言えない状況であります。当院のACHD診療の最大の特色としては、以下の2点が挙げられます。1.小児循環器科で先 天性心疾患に対する専門的トレーニングを積んだ医師を中心としたチーム構成であること、2.小児循環器内科、心臓 血管外科、更には神奈川県立こども医療センターとも連携を図っていること、です。今後は少しでも多くのACHD患者に貢献できるよう邁進する所存です。

主な診療・高度先進医療

・虚血性心疾患に対する冠動脈形成術(PCI、ステント留置術、ロータブレーター)
・閉塞性動脈硬化症に対する動脈形成術(PTA、ステント留置術)
・腎血管性高血圧症に対する腎動脈形成術(PTRA、ステント留置術)
・頻脈脈性不整脈疾患に対する高周波心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)治療
・致死性心室性不整脈に対する植え込み型除細動器(ICD)および皮下植込み型除細動器(S-ICD)の植え込み術
・慢性心不全に対する両心室ペ一シングによる治療(CRT-P、CRT-D)
・循環器・高血圧疾患分野での遺伝子診断とそれに基づく予防や治療
・バージャー病や閉塞性動脈硬化症に対する骨髄由来および末梢血幹細胞(血管内皮前駆細胞)による血管再生医療
・徐脈性不整脈に対する永久ペースメーカー植込み術
・大動脈弁狭窄症に対する経皮的大動脈弁形成術(BAV・PTAV)
・僧帽弁狭窄症に対する経皮的僧帽弁交連切開術(PTMC)
・慢性血栓塞栓性肺高血圧に対する経皮的肺動脈形成術(BPA・PTPA)

特殊外来

・ペースメーカー外来 
・血管再生外来
・禁煙外来 
・成人先天性心疾患外来

その他

紹介していただく時の留意事項

初診外来は、月曜日~金曜日の毎日午前中に循環器専門医が行っています。また、Faxや電話による事前予約も可能ですのでご利用ください。
心疾患救急(急性心筋梗塞、不安定狭心症などの胸痛で発症する冠動脈疾患、急性心不全等)につきましては、24時間、365日対応致しますのでぜひご連絡下さい。循環器内科医直通の心臓救急専用番号は「045-787-2999」となっております。

ページトップへ