横浜市立大学を知るウェブマガジンヨコ知リ!

これから大学を目指す高校生のみなさんへ-山縣 彩乃さん(医学部 看護学科3年)

これから大学を目指す高校生のみなさんへ、YCU医学部生からのメッセージ。

YCUを選んだ理由

中学生のとき、家族が横浜市立大学附属市民総合医療センターに入院。その際に、医師・看護師さんにとても良くしてもらい恩返しがしたかったから。ほかにも、1年生の教養ゼミなど、他学部の人との繋がりもでき、視野を広げることが出来ると感じたから。 

YCUに入学して一番心に残っていること  

1年生の夏休みにフィリピンで5日間フィールドワークに参加したこと。健康教育をテーマに、保育園児に災害時を想定したおむつ交換や、英語の歌による手洗い指導をしました。地域コミュニティへ訪問したとき、災害対策については自主的に話し合いが行われていて、日本にはない、人とのつながりの強さを実感。専門教育の学びを海外フィールドワークでさらに深められるのは、YCUならではですね。 

YCUの好きなところ  

アットホーム。学べる領域が広く、やりたいことが見つかるところ。 






受験時の勉強について

ー勉強のポイントは?
わからないところは高校の先生に聞き続ける。同じ先生に聞くことで、先生が私の理解しにくいポイントもつかんで教えてくださいました。

ー意識していたことは?
周りの友人に流されないこと。自分のペースでできるところから焦らずに取り組む。

ー勉強のリフレッシュ法は?
考え方や目的が違う仲間と話をすること。買い物。




プロフィール:山縣 彩乃さん。神奈川県立柏陽高等学校出身。

※この記事は、横浜市立大学 広報誌whitsle vol.34(2017年3月発行)に掲載されたものです。
(2017/5/31)  

STUDENTS