• 外来担当表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-261-5656
045-261-5656

後期臨床研修

後期臨床研修

後期臨床研修


{

HOME  > 医療関係者の方へ  > 臨床教育研修センター  > 指導医からのメッセージ

指導医からのメッセージ

病院長メッセージ

横浜市立大学
附属市民総合医療センター
病院長  後藤 隆久


 初期臨床研修を修了された皆さんは、将来の診療科を選び専門医を目指していこうとする方々が大半になります。この大切な修練期間をいかに診療環境が整った研修施設で多くの症例と高度専門医療を経験するとともに、高い医療倫理観を意欲をもって学んでもらえるかが重要なことです。

 市民総合医療センターの特徴と魅力は、大学病院としての高度専門医療と地域の基幹病院としての幅広い多くの症例を同時に経験することが出来ることにあります。このような環境での研修は、皆様にとって非常に大きな経験になることと思い、可能な限り当センターでの研修機会を確保できるよう、また、シニア・レジデントと比較的若い指導者が切磋琢磨する中で、経験を積んていただけるよう配慮したプログラムとしております。

 さらに本プログラム中に大学院に入学できるなど柔軟かつ専門性の高いプログラムとすることで、優れた臨床医を目指していただくことが出来ます。 将来の医療に情熱を持ち、常に新しい課題を求め、高度専門医療と幅広い多くの経験を積み、専門医を目指す意欲あふれる方を歓迎します。

副センター長(後期臨床研修担当)からメッセージ

横浜市立大学
附属市民総合医療センター
臨床教育研修センター
副センター長  坂田 勝巳(脳神経外科部長)


 後期研修医の皆さん、横浜市立大学附属市民総合医療センター(市大センター病院)にようこそ。
 初期研修医を終え、これからが本格的な医師としてのトレーニングの始まりです。市大センター病院では、皆さんのニーズに応えるべく、それぞれの診療科で充実した教育プログラムが用意されています。日常診療に従事する中で、知識、技術、経験、倫理観を身につけ、本当の意味で一人の医師として患者さんと向き合える力をつけていただきたいと思います。

 与えられることを待っているだけでは何も始まりません。自ら求める、学ぶ姿勢を持っていただきたいと思います。物事を学ぶには"意識"、"工夫"、"継続"が重要です。意識が変われば習慣が変わり、習慣が変われば生活が変わり、生活が変われば未来が変わります。若いうちは苦労を厭わず、できるだけ現場に足を運び、たくさんの経験を積んで下さい。必ずや将来の糧になります。

 そして、医療はチーム力が大切です。一人で盲目に走ることなく、周りをしっかり見ることを心がけて下さい。患者さんは痛みを抱き、救いを求めて来ています。病気だけを見るのではなく、人を診る心ある医師を目指していただきたいと思います。 皆さんの市大センター病院での活躍を期待しています。

ページトップへ