• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

臨床検査部

臨床検査部 部長 山崎 悦子

臨床検査部長:山崎 悦子
*************************
日本臨床検査医学会 臨床検査管理医
日本内科学会 総合内科専門医
日本血液学会専門医・指導医
造血細胞移植認定医
がん治療認定医

臨床検査部方針

臨床検査部は検体検査室(一般、血液、臨床化学免疫血清、微生物、外来採血)と生理検査室(心電図、呼吸機能、神経生理、脳波、超音波検査)にぞれぞれの専門資格を持つ技師を配し、診療科医師の依頼に応じて多数の検査に対応し、できるだけ迅速に正確な検査結果を提供し、診療に寄与することが最大の業務です。検査部の質をはかるものになるかと思いますが、2010年に検査室の国際的基準であるISO15189認定を取得しています。これは当検査部が国際的なレベルに達していることの証しです。検体検査室のライン整備はじめ常にハード面、ソフト面を見直していくことで、ルーチン業務の効率化、省力化、迅速化を進め、診療科のより多様なニーズに応えらえるよう日々努めています。
そのほか、血糖自己測定の指導やNSTへの参画などの臨床業務に加え、医学生、技師専門学生の実習、入職後の技師、研修医の卒後教育(研修医は主に超音波や微生物検査)においては、検査部内の医師と技師がそれぞれの専門知識、技量を生かし、指導に当たっています。さらに、国際治験を含めた臨床試験の検体および生理検査、2014年に学内で立ち上げられた血清バイオバンクへの検体準備と提供、検査部内機器の研究利用促進による各診療科との共同研究など、研究に関しても側面的にサポートしています。以上のように大学附属病院の検査部として臨床、教育、研究のすべての面に貢献し、その責務を果たし、信頼を受けることが私たちの目標です。

ISO15189

2010年1月18日に臨床検査部は輸血細胞治療部とともに、公立大学病院として初めて、全大学病院中11番目に臨床検査に求められる国際基準であるISO15189:2007の認定を取得しました。
2013年11月の更新に伴いISO15189:2012年版の審査を受け2014年1月のJAB認定協会の審査会でISO15189:2012の認定更新が全国1番目の施設として認められました。
この規定では検体採取、搬送、検査受付、検査測定から結果報告までのすべての過程で国際的なマネジメントシステムの要求事項を満たす必要があります。業務手順はすべてマニュアル化され、インシデントあるいはエラーが生じた場合はその原因を究明するだけでなく、該当箇所の手順書を見直し、是正措置を検討し、さらにはその是正措置の妥当性を観察していくことが義務づけられています。また、職員間での内部監査機構もあり、部長や技師長もその監査対象者になります。国際基準を遵守することで検査の品質も保証されています。臨床研究中核病院の申請では、ISO15189を含む国際認証が必須条件です。また、平成28年度の診療報酬改定では、「国際標準検査加算」として、入院患者1人につき40点の加算が新設されました。当検査部がISO15189資格を維持していくことにより、日常臨床で品質の高い検査を診療医、患者様に提供できるだけでなく、各診療科の研究的臨床試験にも寄与できるものと考え、国際認定に恥じない臨床検査部・輸血細胞治療部として努力していきます。

検査件数

部門/年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度
一般 215,092 229,088 225,202 218,396 224,125
血液 1,328,867 1,411,970 1,390,071 1,438,515 1,480,662
臨床化学免疫血清 3,531,277 3,744,601 3,736,916 3,893,722 4,035,322
微生物 52,706 55,923 50,010 50,447 49,204
生理機能 39,603 40,943 42,079 42,835 42,594
外部委託 113,780 123,523 118,850 125,710 124,815
外来中央採血室患者数 124,962 132,681 135,652 136,043 135,812

臨床研究

現在行っている研究一覧
アロマテラピーによる環境改善がもたらす採血業務効率化に関する検討
分子生物学的手法を用いた感染菌同定の検討
院内使用試薬と他社試薬との比較検討および現行試薬と改良試薬の比較検討(PIVKA II、TSH、FT3、FT4、コルチゾール)
血液培養陽性検体における5種迅速同定パネルの有用性の評価
新規可溶性 Interleukin-2 receptor(sIL-2R)試薬の性能検討

取得資格一覧

認定機関 資格名称 認定者数
日本臨床検査同学院・日本臨床検査医学会 二級臨床検査士(臨床化学) 2
二級臨床検査士(微生物) 5
二級臨床検査士(血清) 1
二級臨床検査士(血液) 12
二級臨床検査士(循環生理) 3
緊急臨床検査士 2
日本超音波医学会 超音波検査士(循環器) 4
超音波検査士(消化器) 5
超音波検査士(血管) 1
日本検査血液学会 認定血液検査技師 2
認定輸血検査技師精度協議会 認定輸血検査技師 1
日本臨床神経生理学会 日本臨床神経生理学会認定技術師(脳波) 1
日本心電学会・日本臨床衛生検査技師会 認定心電検査技師 1
認定臨床微生物検査技師精度協議会 認定臨床微生物検査技師 1
遺伝子分析科学認定士制度審議会 遺伝子分析科学認定士(初級) 2
日本臨床細胞学会・日本臨床検査医学会 細胞検査士 1
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士 7
日本静脈経腸栄養学会 NST専門療法士 1
日本臨床検査自動化学会 POCコーディネーター 2

スタッフ

医師

  
検査部長 山崎 悦子日本臨床検査医学会臨床検査管理医  / 日本内科学会 総合内科専門医
日本血液学会専門医・指導医
住友 みどり 日本臨床検査医学会臨床検査専門医  / 日本臨床検査医学会臨床検査管理医
日本内科学会 総合内科専門医    / 日本感染症学会感染症専門医
桐越 博之 日本臨床検査医学会臨床検査管理医  / 日本内科学会 総合内科専門医
日本超音波学会超音波専門医・指導医 / 日本消化器病学会専門医・指導医
白石 洋子 日本精神神経学会精神科専門医
荒川 健太郎 日本内科学会 総合内科専門医    / 日本循環器学会専門医

2017年4月撮影検査部医師

                           臨床検査部所属の医師です。

技師

技師長代理 矢島 智志
担当係長 佐藤 泰之
担当係長 武田 倫明
担当係長 黒沢 貴之
**************************************
正規職員 非常勤職員
検体部門 19 1
生理部門 13 1
微生物部門 4 1
採血部門 2 7

お問い合わせ

お問い合わせはこちら

電話 045-787-2913 (臨床検査部直通)
Eメール labomana@yokohama‐cu.ac.jp
このメールアドレスへの特定電子メールの送信を拒否します。(特定電子メール法第3条第3項)
メールアドレスは自動収集防止のため、全角文字が混入してあります。コピーせずに半角文字で入力してください。


ページトップへ