• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 医療安全管理・中央部門  > 内視鏡センター

内視鏡センター

内視鏡センター長 窪田 賢輔
Kensuke Kubota. M.D. Professor of Medicine, Director of Endoscopic Unit,
Yokohama City University Hospital
専門:膵胆道疾患(膵がん)の内視鏡診断・治療(Therapeutic ERCP/Interventional EUS)
日本内視鏡学会評議員、指導医/学会誌査読委員
米国内視鏡学会(ASGE)International Active Member

1.診療の理念/目標

我々横浜市立大学附属病院内視鏡センター一同は、神奈川県内唯一の、公立大学附属機関として、横浜、三浦そして神奈川県内の消化器、呼吸器の難治性疾患の患者さんのお役に立ちたいと考えております。関係各科(内科・外科)ともに密に連携しながら高度な診療を展開しています。科にとらわれず、専門スタッフを中心とした安全かつ良質な医療の提供をモットーにしています。当センターは、他では診療困難な難治性疾患、膵臓、胆道疾患、手術後の患者さんの専門診療を主に行っております。
メディカルスタッフ‐看護師、放射線技師、薬剤師、機器洗浄スタッフ‐とも密に連携を取りながら、患者さんにとって、いつでも安心して内視鏡処置を受けられるように、常に考えながら行動しています。地域基幹病院と病診連携も、大切にしております。高齢化社会、震災、そして長期の経済不況の影響から、今日の医療情勢も刻々と変化しています。患者さんに負担の少ない、短期間、低侵襲でかつ経済効率が医療に要求されております。十分行き届かない点も多々あると思いますが、内視鏡を有効利用することで、皆さまとともに病気に立ち向かっていこうと考えております。何か気が付いた点、改善点などあれば、いつでもスタッフにおっしゃって下さい。

メディカルスタッフよりの皆さんへ

看護師より
当センターの10名の看護師は、外来、放射線部のスタッフと協力して内視鏡診療にあたっています。患者さんの気持ちに寄り添い、安心して検査が受けられるよう心掛けています。また医師・メディカルのスタッフと十分にコミュニケーションをとり、検査がスムーズに進むようお互いに連携し協力しあっています。看護師一人一人のスキルアップを図るため、院内外の研修や勉強会の参加、内視鏡技師免許の取得など日々研鑽し、質の高い看護を目指しています。
放射線技師より
診療放射線技師は、X線透視装置の管理や放射線量の最適化を日々行い患者さんの医療被曝の低減に努めるとともに、医師や医療スタッフとコミュニケーションをとり安全安心な検査を心掛けています。
薬剤師より
内視鏡を用いた検査や処置では、各種色素剤が使用されています。しかし、様々な理由から市販化することが困難な薬剤もあるため、薬剤部ではそれらの薬剤を院内で調製・製剤化することで検査の質向上に貢献させて頂いています。薬剤師は直接患者さんと接する機会は少ないですが、他職種との連携を図りながら薬剤を安全かつ適正に使用して頂けるよう努めています。
内視鏡洗浄専門スタッフより
患者さんが安心して検査を受けることができるように、勉強会やセミナーに参加して技術の向上に努めています。また定期的に洗浄評価と培養検査をおこない、適正に管理された環境で検査を受けていただけるよう努力しております。

2.当センターの特徴

1.専門医を中核とした内視鏡診療を行い、診療技術向上を目指し、積極的に学会活動も展開しています(JDDW, DDW,UEGWへの参加、発表)。
2.毎週、月曜日18時30分から、本学医学部学生も参加する内視鏡カンファランスを開催し、診断力の向上、医療安全の確認を行っております。
3.毎月、内視鏡医(内科、外科)、看護師、放射線技師、薬剤師、機器洗浄専門スタッフ、医療事務スタッフ-全員で集まり、問題点を協議し、安全管理、医療改善に努めております(内視鏡部会の定期開催)。今後、市民医療センターや横浜市民病院との連携も強化したいと考えています。
4.診療内容について:各分野のリーダーのもと、安全管理を行い、高度な先進医療を行っております。高難度内視鏡診療手技を定め、院内安全管理委員会承認のもと、認定医師もしくは認定医師の指導を受けながら、高難度内視鏡処置を行っております。
5.高難度内視鏡診療手技 (毎年更新しています)
a)ESD
b)バルーン内視鏡
c)十二指腸乳頭部腫瘍切除術
d)超音波内視鏡下膵管/胆道ドレナージ術
e)内視鏡的消化管ステント挿入術
f)術後腸管内視鏡

胆膵分野          リーダー 窪田 賢輔
上/下部内視鏡分野(ESD) リーダー 野中 敬/日暮 琢磨/金子 裕明
小腸/術後腸管内視鏡    リーダー 細野 邦広
呼吸器分野         リーダー 山本 昌樹

胆膵分野

胆膵領域疾患の診療においては、国内最先端レベルの診療、臨床研究を行っております。ERCP、EUS(超音波内視鏡)を用いた診療を得意としています。さらに、シングルバルーン内視鏡を用いた、術後腸管に対する診療も高い成功率で行っております。
以下の疾患に関し、国内でもトップクラスの症例数を有しています。膵癌(ERCP、超音波内視鏡)、膵管内乳頭腫瘍(IPMN)、慢性膵炎、自己免疫性膵炎(AIP)、十二指腸乳頭部腫瘍(術前診断、内視鏡的切除術)の診断。特に近年、IPMNの患者さんが増加しております。この疾患は、多くは良性の経過を示し、心配ありませんが、一部の患者さんで画像変化、増悪を呈し、悪性化することが知られています。

Fig. 1.EUS-guided rendezvous ERCP困難例での超音波内視鏡的膵管ドレナージ術
これまで10例に施行。

Fig. 2.肝門部胆管がんに対する術前Multi inside stents
これまで50例に施行。

Fig. 3.EP 内視鏡的十二指腸乳頭部腫瘍切除術
これまで80例に施行。

上下部内視鏡分野

食道・胃・大腸の消化管腫瘍に対して、基本である通常内視鏡観察に加えて超音波内視鏡観察やNBIや拡大内視鏡等を用いた画像強調内視鏡観察を併用し、質的診断、範囲・深達度診断に際して正確な内視鏡診断が実現出来るように日々の内視鏡診療を行っております。また、内視鏡切除により根治が期待できる早期消化管悪性腫瘍に対しては、広範囲病変や瘢痕症例などの内視鏡治療困難病変に対してもESDを積極的に行っております。


カプセル内視鏡

小腸疾患は消化管の中では比較的まれな疾患ですが、カプセル内視鏡やバルーン内視鏡の開発により多くの疾患が見つかっております。当院ではこれまで診断に苦慮してきた小腸疾患をすみやかに診断し、治療できるような体制を整えております。大腸カプセルも積極的に施行しております。

Fig.1. カプセル内視鏡でみる小腸がん

Fig.2. 大腸カプセル内視鏡で観察した早期大腸がん

呼吸器分野

呼吸器分野の内視鏡検査として気管支鏡検査、超音波気管支内視鏡検査、局所麻酔下胸腔鏡検査を行っています。いずれの検査も肺や気管・気管支、胸膜(肺を収める胸郭の内腔を覆う膜)疾患の正確な診断には重要な検査となります。
気管支鏡検査では気道内腔を観察すると共に、肺内部の細胞成分の採取や病変部分の組織や細胞を採取します。また感染症が疑われる場合には原因微生物の特定のための分泌物や洗浄液を採取し、正確な診断を行います。肺組織や肺内腫瘍から生検目的の気管支鏡検査はX線装置のある放射線部で年間約150件程度実施しています。確実な病変からの組織採取による診断率向上のためガイドシース併用気管支腔内超音波断層法(EBUS-GS)を積極的に併用しています。
内視鏡センターでは観察や気道分泌物・気管支洗浄液採取のための気管支鏡検査、超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)、局所麻酔下胸腔鏡検査を実施しています。EBUS-TBNAでは、縦隔(左右の肺の間の食道、リンパ管などが通る部分)にあるリンパ節を超音波内視鏡で確認しながら、気道内腔から穿刺生検を行います。肺がんの病期診断(癌の広がりを決める)や、他疾患との鑑別診断を行っています。超音波内視鏡の登場以前は、縦郭リンパ節からの組織採取には手術によって縦郭リンパ節の組織を採取し診断を行っていました。超音波内視鏡の使用により、安全かつ体への負担が少ない診断が可能となりました。
局所麻酔下胸腔鏡では、以前は全身麻酔下で実施されていた胸膜生検を胸壁への局所麻酔のみで実施する検査です。穿刺して採取する胸水(肺の周りに貯留する液体)での検査では診断が不可能な疾患や胸膜腫瘍などが対象となります。
これらの呼吸器分野の内視鏡検査、特に気道内腔に内視鏡の挿入が必要となる検査は、通常空気以外は出入りしない部位であるため、苦痛の少なくない検査でした。当院では鎮静薬を併用することで、より苦痛の少ない方法で呼吸器内視鏡検査の実施を積極的に提案しております。実際に治療過程で気管支鏡検査での再生検が必要となった方から、少ない苦痛での検査は良好な感想をいただいています。

Fig.1. 超音波気管支鏡ガイド下針生検(EBUS-TBNA)での縦隔リンパ節生検


Fig.2 局所麻酔下胸腔鏡での観察例


PEG 胃瘻

毎日午後に胃瘻専門外来を開いており、新規のPEG造設は、毎週金曜日午前中に2件施行しております。

3.診療実績

横浜市立大学附属病院内視鏡センター 診療実績

  2012年 2013年 2014年 2015年
ERCP 712 794 803 851
EUS-FNA 93 100 152 155
Therapeutic EUS 12 22 26 22
ESP 10 9 11 7
GF 4168 4216 3593 6335
CF 1932 1993 1565 2795
上部ESD 106 123 113 173
下部ESD 12 21 58 122
カプセル内視鏡 77 79 49 83
小腸バルーン内視鏡 34 41 74 83
気管支鏡/EBSU 29 32/ 21/ 27
PEG 82 89 53 105
ERCP:内視鏡的逆行性膵胆管造影
EUS-FNA:超音波内視鏡的穿刺術
Therapeutic EUS:超音波内視鏡的治療-膵嚢胞ドレナージ、膵胆道ドレナージ
EP:内視鏡的十二指腸乳頭部腫瘍切除術
GF:上部消化管内視鏡、CF:下部消化管内視鏡
ESD:内視鏡的粘膜切除術
EBUS:超音波気管支鏡
PEG:内視鏡的胃瘻造設

4.地域の皆様へ

当センターは内視鏡的治療において、国内最先端レベルの診療を行っております。横浜、三浦半島全域の患者さんのお役に立てれば幸いです。一般市中病院、他の大学病院等で診断が難しく、内視鏡を使った治療ができなかった。何とかならないでしょうか-といった患者さん。当センターにおいで下さい。通常の内視鏡と併せ、負担の軽い経鼻内視鏡から、胃や大腸腫瘍の内視鏡的切除術を行っております。また、診断が難しく、検査、治療の合併症が比較的多い、膵臓、胆管、胆嚢疾患の内視鏡検査、治療も得意としております。さらに最近患者数が著しく増加しております呼吸器疾患の内視鏡診療も積極的に行っております。

5.中核病院の先生方へ

横浜、三浦の基幹、中核病院の先生におかれましては、大変お世話になっております。当センターは大学病院の特性を生かし、難治性または合併症の多い患者さんの診療も積極的に行っております。診療困難な、術後腸管のバルーン内視鏡や、予期しない偶発症、合併症で先生方のお手を煩わせ、診療困難の患者さんにつきましても積極的に対応させて頂いております。ご紹介下さい。

6.開業、実地医家の先生方へ

地域の先生におかれましては、大変お世話になっております。当センターは学閥に無関係な、専門医による高度医療を目指しており、神奈川県下における内視鏡診断、治療の中心的役割を担うべく日夜努力をしております。どうぞ遠慮なさらずに当センターへご紹介頂ければ幸いです。上下部の出血、閉塞性黄疸などで緊急内視鏡を要する患者さんにつきましても可能な限り対応させて頂く所存です。

7.上部内視鏡検査のご依頼

地域の医療機関から、上部消化管内視鏡検査の予約を電話・FAXにて受け付けます。
どうぞご利用ください。

8.学生、研修医の皆さんへ

施設見学など随時可能です。医学部の学生さん、初期研修医の先生の見学を積極的に受け入れております。

ページトップへ