• 中文
  • English


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 脳神経外科  > 脳神経外科

脳神経外科

良性腫瘍・頭蓋底腫瘍

担当:坂田 勝巳(准教授、部長、日本頭蓋底外科学会評議委員)、川崎 隆(特定任期付職員)

治療について

脳神経外科領域で良性脳腫瘍と言えば、髄膜腫、神経鞘腫(聴神経腫瘍ほか)、下垂体腺腫などが挙げられます。これらの腫瘍に対する治療のゴールは機能を温存し、腫瘍を全摘出することにあります。しかし、良性だからといって手術が簡単であるということではありません。なぜなら、発生する場所によって手術の難易度が何倍も変わるからです。
頭蓋底手術とは頭蓋骨の底部の骨を削除することにより、機能の中枢である脳に対して愛護的に病変を除去する手術法です。特に頭蓋底(頭蓋の底で重要な血管や神経が存在している)に発生した場合、機能を温存しできるだけ腫瘍を摘出するには経験と技術が問われます。
当施設では約2,000例以上の開頭手術を経験した医師が手術を担当しております。また、センター病院である性格上、困難な腫瘍が紹介されて参りますが、頭蓋底手術を専門とする経験豊富な脳神経外科医と頭蓋底再建を専門とする形成外科医がチームを組み、治療戦略を検討し、個々の症例において最良の手術方法を選択し、治療を行っております。また、当施設では術中超音波エコー、脳神経モニタリング、MEP、SEP、ナビゲーションなど最新の工学医療機器を導入し、脳神経、穿通枝はもとより脳静脈の温存を心がけ、より安全にかつ効率的な手術を行っております。
当施設での治療方針は患者さんのQOL(Quality of Life)を最重視した治療計画を立てることです。もちろん良性脳腫瘍に対する治療の第一選択としては多くの場合、手術療法を選択いたしますが、腫瘍の部位や大きさ、患者さんの状況により手術だけにこだわるのではなく、定位的放射線治療(ガンマナイフやサイバーナイフ)も加味した治療を協力関連病院と緊密に連携し行っております。
頭を開ける(開頭手術)ということは、患者さんが我々脳神経外科医に命を預けることであり、我々はその重みを常に考え、日々診療を行わなければなりません。自分の家族であればどのような治療方針とするかを考え、診療を行っております。ただ、病気だけを診るのではなく、患者さんの人生の手助けをすることが使命であることを十分に認識することが重要です。手術後もほとんどの場合、自らの外来で長期的に経過観察をします。「手術をしたら後は診ない」ということはございません。

手術実績

2020年の脳腫瘍に対する手術は70件でした。
■開頭腫瘍摘出術 64件
■経蝶形骨洞法下垂体腫瘍摘出術 4件

ページトップへ