• 外来担当表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-261-5656
045-261-5656


{

HOME  > 当院について  > 近藤看護師が消防協力者として感謝状を贈呈されました

近藤看護師が消防協力者として感謝状を贈呈されました

市民総合医療センター看護師の近藤恵美(こんどう えみ)さんが、2018年7月2日(月)に市民と共に初期消火活動に協力したとして、横浜市港南消防署から感謝状を贈呈されました。

(写真左から 後藤病院長,近藤看護師,秋元港南消防署長,鈴木看護部長,畳家看護師長)


港南消防署長のお話し-迅速かつ適切な判断で火災の拡大を防いだ-

2018年7月2日(月)12時頃、港南区内の駐車場にて火災が発生しました。
この時、近隣住人の方が煙と炎が出ているのを発見し、駐車場管理会社への連絡と、洗面器に水を汲んで初期消火をしてくださいました。また、その際、帰宅途中であった近藤さんが駐車場脇を通りがかり、炎が上がっていたのに気付いて、119番通報をしてくださいました。火災発生現場には車両もありましたので、発見、通報、初期消火が遅れ、燃焼が続いていたら、燃料タンクに引火し、火災が拡大する危険性がありました。お2人の活躍が火災の拡大を未然に防いだと考えています。


近藤さんのコメント

まずは被害が最小に止まり、負傷者等が出なかったことに安堵しています。
近隣住民の方がすでに消火活動をされていましたので、その方の迅速なご対応があってこその結果だと思います。私の活動が少しでもお役に立てたのであれば、光栄に思います。
子供が消防車が大好きで、出初式に家族で出かけたりしていました。今回のことは母として、子供に少しは自慢ができるかな、と思っています。
消防士の皆さまには、日頃より地域の安全を守ってくださっていることに大変感謝しています。


ページトップへ