YCU 横浜市立大学
search

第2回経営審議会

議事録

日時:平成30年5月17日(木) 10時00分~12時00分
会場:舞岡キャンパス 3階ホール
委員:二見理事長、窪田副理事長(学長)(欠席)、相原理事(附属病院長)、今田理事、宇都木理事(事務局長)、西郷理事、遠藤理事(副学長)、重田理事(副学長)、玉村理事、原田理事(欠席)、福井理事、矢部理事、猪鼻監事、玉越監事


1.開会

2.議事
(1)平成30年度第1回経営審議会議事録(案)について
平成30年度第1回経営審議会議事録(案)について、事務局から説明が行われ、承認された。

(2)データ活用に関する横浜市との包括協定の締結について
データ活用に関する横浜市との包括協定の締結について、事務局から説明が行われ、承認された。
 
3.報告
(4)国際総合科学部再編の概要について 
国際総合科学部再編の概要について報告が行われた。
・国際商学部では、授業をすべて英語で行う等の革新がなければ、学部名に「国際」と付ける意見がないのではないかという意見があり、国際商学部では18科目程、すべて英語で行う授業を用意していること、また、「国際」とつけることで、国際的な意識を持った学生が集う学部に出来る旨の回答があった。
・教養選択科目で、講義名の「入門」という標記を無くすことは出来ないのかという意見があり、共通教養という位置づけで学んでいるため「入門」の標記があった方が良い旨の回答があった。
・横浜市の歴史や、他の都市との違いを説明できる学生を育ててほしいという意見があり、今後は国際教養学系の学生にも実習の機会を作り、現場を見てもらう旨の回答があった。
・理学部や医学部がある強みは何かという質疑があり、横浜市立大学では、複雑系生命科学の解明と、計測に係る技術の発展により、医業の担い手になることを考えている旨の回答があった。

4.その他
舞岡キャンパス・木原生物学研究所の取組について
舞岡キャンパス・木原生物学研究所の取組について説明が行われた。
・技術の発展により美味しいトマトが食べられるようになるかという質疑があり、安くて美味しいトマトを提供するために、栽培を制御するプログラムの実用化を進めている旨の回答があった。

視察
舞岡キャンパス内の施設(木原記念室、圃場等)見学を実施した。

5.閉会


《次回日程》次回は、6月21日(木)に舞岡キャンパスで開催予定。

法人情報Corporate Information