YCU 横浜市立大学
search

第5回経営審議会

議事録

公立大学法人横浜市立大学 平成30年度 第5回経営審議会 議事録

日時:平成30年9月20日(木)10時00分~12時00分
会場:八景キャンパス 大会議室
委員:二見理事長、窪田副理事長(学長)、相原理事(附属病院長)、今田理事、宇都木理事(事務局長)、西郷理事(欠席)、遠藤理事(副学長)、重田理事(副学長)、玉村理事、原田理事、福井理事、矢部理事、猪鼻監事、玉越監事

1.開会

2.プレゼンテーション
医師の働き方改革についてプレゼンテーションが行われた。
・時間外労働を削減した際の、急患対応について質疑があり、できる限り時間の管理はするが、命に係わる症状の患者が来院した場合は、労務時間に関係なく対応している旨回答があった。
・変形労働時間制の導入後、情報の共有はどうしているのかという質疑があり、イントラネットや電話を活用している旨回答があった。
・労働基準監督署に対応するために、臨時の事務局を設けたのかという質疑があり、40人~50人で3つのチームを作り対応した旨回答があった。
・経営的な観点から、どのように人件費をコントロールしたのかという質疑があり、労働基準監督署の指示にすべて従うと、人件費が何十億も増えてしまうので、勤務体制の見直しや変形労働制の導入等により、伸びを2憶円程度に抑えるようシミュレーションした旨回答があった。
・自己研鑽にあたるものの判断基準が難しいのではないかとの意見があり、各診療課の部長が承認した表を、人事課に提出している旨回答があった。
・患者の対応はどうだったのかという質疑があり、土曜外来の休診に関して大きく影響があり、対応としては、他の曜日の受診を依頼し、難しい場合は他病院の受診を依頼した旨回答があった。

3.議事
(1)平成30年度第4回経営審議会議事録(案)について
平成30年度第4回経営審議会議事録(案)について、事務局から説明が行われ、承認された。

(2)公立大学法人横浜市立大学定款の改正について
公立大学法人横浜市立大学定款の改正について、事務局から説明が行われ、承認された。
・附則の表記について意見があった。

(3)データサイエンス研究科の設置について
データサイエンス研究科の設置について、事務局から説明が行われ、承認された。
・設置にあたって、4名の新たな教員を雇用する旨、補足があった。

(4)看護学科 学則変更について
看護学科 学則変更について、事務局から説明が行われ、承認された。

4.報告
(1)平成29年度公立大学法人横浜市立大学の業務の実績に関する評価結果について
平成29年度公立大学法人横浜市立大学の業務の実績に関する評価結果について、事務局から報告が行われた。
  
(2)平成30年度月次決算概要報告(4-7月度)について
平成30年度月次決算概要について、事務局から報告が行われた。
・目的積立金取崩額の残額を記載するとわかりやすいのではないかとの意見があった。
・附属病院では、購入した物品の保険料の戻りが含まれていないため、費用が多くなっている旨補足があった。また、教員の人件費に関して、大学の教員枠が空いていたため、今年の4月から教員枠を埋めるようにしたところ、人件費率が減少したとの意見があった。
・データサイエンス研究科の設置において、新たに資金は必要なのかという質疑があり、いまのところハード面での大きな投資は考えていない旨回答があった。

5.閉会

《次回日程》次回は、10月18日(木)に金沢八景キャンパスで開催予定。

法人情報Corporate Information