YCU 横浜市立大学
search

医学部医学科:医学教育センター(分子生物学分野)(助教)

専任教員の公募

横浜市立大学医学部医学科ではこの度、分子生物学の研究分野及び科目を担当できる教員を公募いたします。本学の分子生物学教室では、分子の相互作用や化学反応によって築き上げられている生命現象を詳細に理解し、生体や細胞の成り立ちや機能に関する疑問を分子レベルで解き明かすことを目標としています。本公募では、医学部や大学院の全教育課程を通して、分子生物学に関して深い見識を有し、分子生物学の基礎から応用までの幅広い知識を持ち、積極的に教育に携われる方を募集致します。さらに、分子生物学の中でも遺伝子発現制御の研究分野に精通し、新たな転写制御機構に着目して研究を推進できる方、その制御機構の破綻によって引き起こされる腫瘍性疾患や遺伝性疾患の発症メカニズムの解明を目指して積極的に研究を推進できる方を公募致します。

1 主な担当科目等・職位・人数

主な担当科目等 職位 人数
医学教育センターにおける教育(主に共通教養、基礎科目等の授業)および研究 助教 1名

2 応募資格

次の(1)~(8)の資格要件を満たす方
(1) 医学部医学科・医学研究科における分子生物学教室を主宰する主任教授を補佐し、
  医学生及び大学院生の教育の全課程を俯瞰して分子生物学の在り方に見識を有し、
  医学に対する志の高い人材の育成に主任教授とともに関わることのできる人格高潔
  な方。とりわけ教養・専門課程を通じて、地域はもちろん我が国の将来の医療に貢献で
  きるような医師を育成するための医学教育に高い情熱を有する方。
(2) 横浜市立大学は公立大学であり、医学部は横浜市、神奈川県を中心とする地域医療の
   充実に貢献する責務を負っていることを理解し、地域医療に積極的に取り組んでいる臨
   床医学の各診療科、行政の関連部署と連携を深め、主に分子生物学の立場から協働す
   ることに意欲的に取り組める方。
(3) 分子生物学の中でも遺伝子の発現制御に関する豊富な知識・経験と医学に関する高い
   見識を有し、自らの専門性を発揮して質の高い独創的な研究を維持・発展させることがで
   きる方。
(4) 医学教育センター長、分子生物学教室の主任教授とともに、医学部や教室の円滑な運
   営と調整に参画し、他の基礎及び臨床の研究室との共同研究や教育を積極的にすすめ
   ることができる方。
(5) 日本の医師免許を有することが望ましい。
(6) 博士号を有する方。
(7) 分子生物学分野の中でも遺伝子の発現制御機構に関する研究実績のある方。
(8) 海外の大学あるいは研究所への留学経験者が望ましい。

3 就任予定年月日

平成31年1月1日以降

4 応募方法

(1)応募書類

ア 履歴書(所定様式)     (正本1部、副本4部)記載方法別紙参照
イ 教育研究業績書(所定様式) (正本1部、副本4部)記載方法別紙参照
  ※研究論文は、印刷中・投稿中の場合は出版元が発行する出版証明書の提出があるもののみ業績として認め、
   証明書の提出が無いものについては、記載不要。
ウ 主たる研究論文(10編以内)のコピー各5部
エ ウに挙げた主たる研究論文の要旨(A4判横書き 各論文ごと400字以内)
  正本1部、副本4部
オ 教育・研究に関する実績概要(様式不問・A4用紙片面1枚程度)
  正本1部、副本4部
カ 教育・研究に関する基本姿勢、抱負など(様式不問・A4用紙片面1枚程度)
  正本1部、副本4部
キ 推薦書(様式不問・1部)
ク 応募者について意見を伺える照会先2名の所属・氏名・連絡先・メールアドレス(1部)
ケ 最終学歴の学位記等写し(1部)
コ 各種免許状写し(A4判に縮小・各1部)

 

(2)提出方法

ア 応募書類は一括送付してください。
イ 書類は片面印刷とし、クリップ留めしてください(ホッチキス留め不可)。
  ただし、主たる研究論文のコピーに限り、両面印刷・ホッチキス留めも可とします。
ウ 封筒に「教員公募書類在中(医学教育センター)」と朱書きしてください。
エ 応募書類は返却しません。
 

(3)提出先

〒236-0004 横浜市金沢区福浦3-9
公立大学法人横浜市立大学
医学・病院統括部 職員課人事担当(附属病院内)

(4)提出期限

平成30年11月19日(月) 17時必着
※応募状況により、公募期間を延長することもあります。

5 選考方法

(1) 1次選考:書類審査
(2) 2次選考:面接(1次選考に合格した方のみ、11月下旬~12月初旬頃に予定しています。)

6 待遇

(1)職位・業績・職務内容などに応じた年俸制となります。
  ※初年度の給与水準は、職歴・経歴を基に算出します。
  ※退職手当は法人退職時に別に支給します。
(2)医学部医学科基礎系教室では裁量労働制を導入しています。

7 任期

(1)任期は、博士の学位または医師免許等を有する方は5年となります。
    ※任期の更新時に審査を行い、任期の上限年数は10年となります。
(2)定年満65歳。満65歳に達した日以降の最初の3月31日を定年退職日とします。
(3)昇任制度あり
    ※雇用契約は年度単位とし、年度途中採用者は採用年度を雇用契約期間の初年度とします。

8 問い合わせ先

公立大学法人横浜市立大学
医学・病院統括部職員課人事担当 小柳
TEL:045(787)2504
MAIL:

9 備考

(1) 本件公募によって採用される方は、公立大学法人横浜市立大学が定める規程に基づいて、公立大学法人横浜市
   立大学と雇用契約を締結していただくことになります。
(2) 二次選考(面接)を行う方については、日程及び実施方法を、ご本人に連絡します。
(3) 二次選考(面接)の実施に当たって必要な旅費・滞在費等は応募者の負担といたします。
(4) 選考結果は、最終選考が終了次第、ご本人に通知します。