YCU 横浜市立大学
search

専任教員:老年看護学(講師または助教)

専任教員の公募

横浜市立大学医学部看護学科は、横浜市に初めて設立された公立の看護専門職の高等教育機関です。地域貢献を重視するとともに、広い視野に立脚し、看護学の高度な専門性の追究ならびに看護学の実践的研究能力を培い、実践現場を改革できる人材を育成することを目的としています。
また、保健医療福祉看護サービスを受ける利用者のニーズを重視し、生命と人権の尊重に立脚した看護を追究する人材を育成することを基本理念とし、質の高い看護サービスの提供に貢献できる人材育成を目指しています。
老年看護領域が担当する老年看護学および在宅看護学は、学科教育・大学院教育における主要専門分野の1つであることに加え、在宅看護学は看護学の中でも新しい学問分野です。世界でも類をみないほどの速度で進む日本の少子高齢社会に対応できる独創的で先進的な看護を創造し、今後の社会で活躍できる人材を育成することに熱意をもって取り組むことのできる教育・研究者を求めます。
このたび、下記の研究分野及び科目を担当し、教育・研究・地域貢献に積極的に取り組んでいただける方を広く公募いたします。

1 主な担当科目等・職位・人数

主な担当科目等 職位 人数
老年看護学分野の教員6名で以下の内容を分担する。  
<研究分野> 
(学部)老年看護学(ケアマネジメント看護学含む)
【医学部看護学科】 
「老年看護学概論」1単位15時間【2年次後期 オムニバス】
「老年看護方法論」2単位30時間【3年次前期 オムニバス】
「老年看護演習」1単位30時間【3年次後期 オムニバス】
「老年看護学実習Ⅰ」1単位45時間【3年次後期 】
「老年看護学実習Ⅱ」3単位135時間【4年次前期】
「在宅看護学概論」1単位15時間【2年次前期 オムニバス】
「在宅看護方法論Ⅰ」1単位15時間【3年次前期 オムニバス】
「在宅看護方法論Ⅱ」1単位15時間【3年次後期 オムニバス】
「在宅看護学実習」1単位45時間【4年次前期】
「国際看護学Ⅰ」1単位15時間【2年次後期 オムニバス】
「国際看護学Ⅱ」1単位15時間【3年次前期 オムニバス】
「家族看護学」1単位15時間【2年次後期 オムニバス】
「公衆衛生学」2単位30時間【2年次後期 オムニバス】
「看護の統合と実践Ⅰ」(看護学の紹介)1単位15時間【1年次前期】
「看護の統合と実践Ⅱ」(卒業研究Ⅰ)1単位15時間【3年次後期】
「看護の統合と実践Ⅲ」(統合実習)2単位90時間【4年次後期】
「看護の統合と実践Ⅳ」(卒業研究Ⅱ)2単位60時間【4年次後期】
講師の場合は以下も含まれる。
【大学院医学研究科看護学専攻(修士課程)】
「老年看護学特講Ⅰ」2単位30時間【1年次前期 オムニバス】
「老年看護学特講Ⅱ」2単位30時間【1年次後期 オムニバス】
「老年看護学特講Ⅲ」2単位30時間【1年次前期 オムニバス】
「老年看護学特講Ⅳ」2単位30時間【1年次後期 オムニバス】
「老年看護学演習Ⅰ」2単位60時間【1年次前期 オムニバス】
「老年看護学演習Ⅱ」2単位60時間【1年次前期 オムニバス】
「老年看護学演習Ⅲ」2単位60時間【1年次後期 オムニバス】
「老年看護学特別演習」4単位120時間【2年次前期後期】
「老年看護学専門実習Ⅰ」2単位90時間【1年次後期】
「老年看護学専門実習Ⅱ」4単位180時間【2年次前期】
「老年看護学専門実習Ⅲ」4単位180時間【2年次前期】
「老年看護学特別研究」8単位240時間【2年次前期後期】
「老年看護学課題研究」4単位120時間【2年次前期後期】

 

講師
または
助教
 

1名

2 応募資格

助教の場合
(1) 看護師の免許を有する方。
(2) 原則として担当分野の実務経験を3年以上有する方。
(3) 修士の学位を有する方。
(4) 老年看護学分野(在宅看護も含む。)における筆頭の学術論文を有する方。
(5) 横浜市立大学の目標及び第三期中期計画について老年看護学の立場から使命感と協調性をもって取り組め
  る方。
講師の場合
(1) 看護師の免許を有する方。
(2) 原則として担当分野の実務経験を3年以上有する方。
(3) 修士の学位を有する方。
(4) 大学において3年以上の助教またはそれに相当する経験を有する方。
(5) 老年看護学分野(在宅看護も含む。)における査読付き雑誌の筆頭の学術論文を過去5年間に3本以上有する方。
(6) 横浜市立大学の目標及び第三期中期計画について老年看護学の立場から使命感と協調性をもって取り組め
  る方。

3 就任予定年月日

平成30年10月1日以降
上記就任予定日に就任が困難な場合は、ご相談ください。

4 応募方法

(1) 応募書類
ア 履歴書(所定様式)正本1部 副本4部
イ 教育研究業績書(参考様式)5部
  (書類審査の対象になりますので、記入もれ等がないようお願いいたします。)
  「A:原著論文(査読付き)」と、「B:その他」に分けて記載してください。
  ※様式は問いませんが、参考様式にある記載内容が確認できることが必要です。
   共著については、著者名(全員)を概要欄に記載し、応募者の氏名には下線を引いてくだ
   さい。
ウ 主たる研究論文10編以内の別刷り又はコピー 各5部
エ 教育に関する基本姿勢、貢献目標、抱負など(様式不問・A4用紙1枚以内) 5部
オ 各種免許証の写し(資格をお持ちの場合) 1部
カ 最終学歴の学位記等 1部
キ 応募者について意見を伺える照会先2名の所属・氏名・連絡先・メールアドレス
ク 推薦書(様式不問・A4用紙1枚程度)

<参考書類>
次のような資料などを自由に提出していただいても結構です(様式不問)。
(書類審査の対象とします)
・職務経歴書
・地域社会への貢献業績 等
・テキスト、教材、講義要項、授業評価結果 等
・受賞、発明、特許 等
・企業、団体、研究機関等における業務実績
・科研費等外部研究資金の獲得実績
・その他

(2) 提出方法
ア 応募書類は一括送付してください。
イ 書類は片面印刷とし、クリップ留めしてください(ホッチキス留め不可)。
ウ 封筒に「教員公募書類在中(老年看護学)」と朱書きしてください。
エ 応募書類は返却しません。

(3) 提出先
〒236-0004 横浜市金沢区福浦3-9
公立大学法人横浜市立大学 医学・病院統括部 職員課人事担当(附属病院内)


(4) 提出期限
平成30年9月25日(火) 17時必着
※応募状況により、公募期間を延長することもあります。

5 選考方法

(1) 1次選考:書類審査
(2) 2次選考:面接(1次選考に合格した方のみ、8月下旬~9月頃に予定しています。)

6 待遇

(1) 職位・業績・職務内容などに応じた年俸制となります。
  ※初年度の給与水準は、職歴・経歴を基に算出します。
  ※退職手当は法人退職時に別に支給します。
(2) 医学部看護学科では裁量労働制を導入しています。

7 任期

(1) 任期について:
  ※講師の場合、任期なし
  ※助教の場合、本学規程に基づき、原則5年(または3年)ごとに雇用契約を更新します。
   博士の学位を有する方等は5年、それ以外は3年となります。任期の上限年数は10年間です。
(2) 定年は満65歳です。満65歳に達した日以降の最初の3月31日を定年退職日とします。
(3) 昇任制度あり
  ※雇用契約は年度単位とし、年度途中採用者は採用年度を雇用契約期間の初年度とします。

8 お問い合わせ先

公立大学法人横浜市立大学 医学・病院統括部 職員課人事担当 小柳
TEL 045(787)2504
E-Mail :

9 備考

(1) 本件公募によって採用される方は、公立大学法人横浜市立大学が定める規定に基づいて、
  公立大学法人横浜市立大学と雇用契約を締結していただきます。
(2) 2次選考(面接)を行う方については、日程及び実施方法を、ご本人に連絡します。
(3) 2次選考(面接)の実施に当たって必要な旅費・滞在費等は応募者の負担といたします。
(4) 選考結果は、最終選考が終了次第、ご本人に通知します。