YCU 横浜市立大学
search

医学部医学科:病態病理学(助教)

専任教員の公募

横浜市立大学医学部医学科ではこの度、病態病理学の研究分野及び科目を担当できる教員を公募致します。本学の病態病理学教室では、附属病院病理部、市民総合医療センター病理部、分子病理学教室と協力し、病理解剖、病理診断にあたっている。臨床部門からは各臓器・診療科ごとに高い専門性を求められており、その要望に対応している。教育では「基礎病理学」「CPC実習」「クリニカルクラークシップ」においては、講義だけではなく実際の症例を学生に提示する実地教育を重視している。研究面においてはがん、特に肺がんの発生、進展、悪性化のメカニズムについて分子病理学的な解析技術を用いて解析を進めている。
本公募では、医学部や大学院の全教育課程を通して、病態病理学に関して深い見識を有し、医学研究の基礎から応用までの幅広い知識を持ち、積極的に教育に携われる方を求めます。さらに、肺がんの発生、進展に関する分子病理学的研究に精通し、研究を推進できる方を公募致します。

1 主な担当科目等・職位・人数

主な担当科目等 職位 人数
病態病理学教室における教育(講義、実習等)および研究
附属病院病理部における病理診断・病理解剖業務
助教 1名

2 応募資格

次の(1)~(5)の資格要件を満たす方
(1) 医師免許を有する者
(2) 博士号(医学)を有する者、または、令和2年3月末までに取得見込みの者
(3) 日本病理学会認定病理専門医を有する者
(4) 病理診断学、特に呼吸器病理診断学の分野において優れた研究および診断能力を有する方。肺がん
 に関する分子病理学的研究歴を有することが望ましい。
(5) 広く医学部・医学研究科における教育・研究およびその交流に加わり、本学の発展に寄与できる者

3 就任予定年月日

令和2年4月1日以降

4 応募方法

(1)応募書類

ア 履歴書(所定様式)     (正本1部、副本4部)記載方法別紙参照
イ 教育研究業績書(所定様式) (正本1部、副本4部)記載方法別紙参照
   ※研究論文は、印刷中・投稿中の場合は出版元が発行する出版証明書の提出があるもののみ業績
  として認め、証明書の提出が無いものについては、記載不要。
ウ 主たる研究論文(10編以内)のコピー各5部
エ ウに挙げた主たる研究論文の要旨(A4判横書き 各論文ごと400字以内)
  正本1部、副本4部
オ 教育・研究に関する実績概要(様式不問・A4用紙片面1枚程度)
  正本1部、副本4部
カ 教育・研究に関する基本姿勢、抱負など(様式不問・A4用紙片面1枚程度)
  正本1部、副本4部
キ 推薦書(様式不問・1部)
ク 応募者について意見を伺える照会先2名の所属・氏名・連絡先・メールアドレス(1部)
ケ 最終学歴の学位記等写し(1部)
コ 各種免許状写し(A4判に縮小・各1部)


 

(2)提出方法

ア 応募書類は一括送付してください。
イ 書類は片面印刷とし、クリップ留めしてください(ホッチキス留め不可)。
  ただし、主たる研究論文のコピーに限り、両面印刷・ホッチキス留めも可とします。
ウ 封筒に「教員公募書類在中(病態病理学)」と朱書きしてください。
エ 応募書類は返却しません。

 

(3)提出先

〒236-0004 横浜市金沢区福浦3-9
公立大学法人横浜市立大学
医学・病院統括部 職員課人事担当(附属病院内)

(4)提出期限

令和2年2月19日(水)17時必着
※応募状況により、公募期間を延長することもあります。

5 選考方法

(1) 1次選考:書類審査
(2) 2次選考:面接(1次選考に合格した方のみ、2月下旬~3月初旬頃頃に予定しています。)

6 待遇

(1)職位・業績・職務内容などに応じた年俸制となります。
  ※初年度の給与水準は、職歴・経歴を基に算出します。
  ※退職手当は法人退職時に別に支給します。
(2)医学部医学科基礎系教室では裁量労働制を導入しています。

7 任期

(1)任期は、博士の学位または医師免許等を有する方は5年となります。(更新あり)
  ※任期の更新時に審査を行い、任期の上限年数は10年となります。
(2)定年満65歳。満65歳に達した日以降の最初の3月31日を定年退職日とします。
(3)昇任制度あり
  ※雇用契約は年度単位とし、年度途中採用者は採用年度を雇用契約期間の初年度とします。

8 問い合わせ先

公立大学法人横浜市立大学
医学・病院統括部職員課人事担当 小柳
TEL:045(787)2504
MAIL:

9 備考

(1) 本件公募によって採用される方は、公立大学法人横浜市立大学が定める規程に基づいて、公立大学法人横浜市
   立大学と雇用契約を締結していただくことになります。
(2) 二次選考(面接)を行う方については、日程及び実施方法を、ご本人に連絡します。
(3) 二次選考(面接)の実施に当たって必要な旅費・滞在費等は応募者の負担といたします。
(4) 選考結果は、最終選考が終了次第、ご本人に通知します。