YCU 横浜市立大学
search

国際総合科学群 専任教員:国際機構論(准教授)

専任教員の公募

本学の設立団体である横浜市は江戸時代の開港以来、世界と日本とをつなぐ都市として機能しており、
現在では、国際熱帯木材機関の本部や国連食糧農業機関の日本事務所がおかれ、さらに国際機構も参加する
TICADのような国際会議が多数開催されるなど、まさに、国際機構に対する日本の最前線となっています。
2018年度には内閣府より「SDGs未来都市」に選定され、本学は、横浜市とともに国際都市横浜の大学として、
グローバルな視野をもって、世界が抱えるさまざまな課題の解決に貢献できる人材の育成を通し、
世界共通の普遍的課題であるSDGsの2030年の目標達成に向け力を注いでいます。
このような中で国際機構論は、国際教養学部の主要な柱である国際社会の実態と全体像を広く深く理解する
ための重要な科目となります。その科目指導にあたっては、国際機構論という学際的な学問の理論的側面は
もちろん、国際連合をはじめとした国際機構が実際にどのように機能しているか、その中で職員がどのような
職責を果たしているか、といった実務的側面への指導も求められます。そこで、下記の研究分野および科目を
担当し、教育、研究に積極的に取り組んでいただける方を広く公募いたします。
 

1 主な担当科目等・職位・人数

主な担当科目等 職位 人数
〈研究分野〉
国際機構論(国際関係論、国際法、開発学などの関係領域からの
       アプローチを含む)
〈主な担当科目〉
国際教養学部専門科目
(1) 国際機構論(2単位)
(2) 海外調査実習(4単位)
(3) プレゼミA/B(各1単位)、演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、卒論演習Ⅰ・Ⅱ、
         卒業論文(各2単位)
その他、学部共通教養および専門科目、大学院都市社会文化研究科の科目
および演習科目等をご担当いただく場合があります。

准教授
 
1名

2 応募資格

次の(1)~(6)の資格要件を満たす方
(1) 専攻分野 (国際関係論、政治学、法学、開発学といった国際機構論の関連領域を含む)
 に関する博士号取得者、またはこれと同等以上の優れた知識及び研究業績を有する方
(2) 英語を用いた授業を展開できる方
(3) 日本語を母語としない場合は、授業・学内業務遂行に支障のない日本語運用能力を有する方
(4) 国際機関での勤務経験のある方が望ましい
(5) 横浜市・横浜市立大学の国際化に積極的に取り組んでいただける方
(6) 横浜市・神奈川県における地域貢献に積極的に取り組んでいただける方

3 就任予定年月日

令和4年4月1日

4 応募方法

(1)応募書類

(1) 応募書類
ア 履歴書(参考様式)正本1部、副本6部
イ 教育研究業績書(参考様式)正本1部、副本6部
     ※編集者より受理(accept)の連絡を受け、印刷中(printing)の場合は、
    出版元が発行する出版証明書等の提出があるもののみ業績として認め、
    証明書等の提出が無いものについては、記載不要。
ウ 主たる研究論文等(授業担当科目と関連するもの)3点以内。
  研究論文は別刷りまたはコピー 正本1部、副本6部(著書の場合は2冊)
  なお、研究論文には、教科書、辞典、および講演記録は含まれないものとする。
  ※研究論文は、印刷中・投稿中の場合は出版元が発行する出版証明書の提出が
   あるもののみ業績として認め、証明書の提出が無いものについては、記載不要。
エ 教育に関する基本姿勢、地域および国際社会への貢献に関する抱負など(書式無し)
   正本1部、副本6部
オ 応募者について意見を伺える照会先2人の所属・氏名・連絡先・メールアドレス
  正本1部、副本6部
カ 学位を証明する文書(取得見込みの場合、取得予定を明記した主指導教員の推薦状)
  正本1部、副本6部

(2)提出方法

ア 応募書類は一括送付してください。
イ 封筒に「教員公募書類在中」および「国際機構論」と朱書きしてください。
ウ 応募書類は、原則として返却いたしません。

(3)提出先

〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2
公立大学法人横浜市立大学 人事部人事課調整担当

(4)提出期限

令和3年7月5日(月)必着

5 選考方法

(1)1次選考:書類審査
(2)2次選考:面接と模擬授業
    (1次選考に合格した方を対象に9月ごろを予定しています)

6 待遇

職位・業績・職務内容などに応じた年俸制
 ※初年度の給与水準は、職歴・経歴を基に算出します。
 ※退職手当は法人退職時に別に支給します。

7 勤務地

横浜市立大学金沢八景キャンパス(横浜市金沢区瀬戸22-2)

8 任期

(1)任期なし
(2)定年満65歳。満65歳に達した日以降の最初の3月31日を定年退職日とします。
(3)昇任制度あり
   ※雇用契約は年度単位とし、年度途中採用者は採用年度を雇用契約期間の初年度とします。

9 お問い合わせ先

〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2 
横浜市立大学学術院 国際総合科学群 准教授 瀬田真
E-Mail) seta@yokohama-cu.ac.jp
電話)045-787-2203

10 備考

(1) 本件公募によって採用される方は、公立大学法人横浜市立大学が定める規程に基づいて、
    公立大学法人横浜市立大学と雇用契約を締結していただくことになります。
(2) 2次選考(面接)を行わせていただく方については、日程および実施方法を、ご本人に連絡します。
(3) 2次選考(面接)の実施に当たって必要な旅費・滞在費等は応募者に負担いただきます。
(4) 選考結果については、最終選考が終了次第、ご本人に通知します。