YCU 横浜市立大学
search

特任助教(まちづくり関連分野)の公募について(グローバル都市協力研究センター)

特任助教(まちづくり関連分野)の公募について

横浜市立大学ではグローバル都市協力研究センター(GCI: Global Cooperation Institute for Sustainable Cities)を中心に、アジア各国に所在する大学とネットワークを形成し「アカデミックコンソーシアム(IACSC: International Academic Consortium for Sustainable Cities)」として様々な研究・教育活動を展開しています。
このたび、このアカデミックコンソーシアムに加盟する海外の大学等と、まちづくり分野での国際共同研究を推進していただける研究者を広く公募します。なお、担当業務には、まちづくり分野での国際共同研究、国際会議・シンポジウム等の企画・運営支援、国際ワークショップの実施支援、授業(海外都市課題実習、日本の都市計画と都市開発等の科目を共同担当)、研究成果の対外的プロモーション活動、教育推進(学生指導)、GCIが行っている海外学生受入プログラムの企画、運営、講義等が含まれます。

1 主な担当科目等・職位・人数

主な担当科目等 職位 人数

グローバル都市協力研究センターまちづくりユニットにおける研究推進・研究支援、海外の大学・国際機関等との交流を推進する。
専門分野において十分な知識を有し、国際コミュニケーションに高い能力を有する方、国内外の研修等の企画・運営、英文教材・報告書等の作成・編集を担当できる方、海外都市課題実習等の科目を担当していただける方、ユニットリーダーの活動の補助的業務(事務処理等)を担当できる方、大学が進めるグローバル化戦略に意欲的に貢献していただける方を募集します。

グローバル都市協力研究センターまちづくりユニットの特任助教として、アカデミックコンソーシアム事業を含む下記の業務を担当する。

(1) まちづくり関連分野〔都市デザイン、都市計画、コミュニティデザイン、地域振興、観光・歴史・文化を生かしたまちづくり等、広くまちづくりに関わるテーマ〕における研究(①海外の大学や研究機関等との国際共同研究の推進、②論文作成、③対外的な成果発表・出版やプロモーション活動)を進める。
(2) 専任教員(まちづくりユニットリーダー)と協力しながらアカデミックコンソーシアムにおけるまちづくりユニット業務(分科会運営支援、プロジェクト支援、外部資金獲得、国際ワークショップ等)を実施する。
(3) 国際教養学部の専門科目「海外都市課題実習」および英語による講義科目「日本の都市計画と都市開発」を専任教員と共同で担当する。
(4) グローバル都市協力研究センターが推進する「持続可能な都市づくり共通教育プログラム(SUDP: Sustainable Urban Development Program)」や国際研究者受入プログラム(YUSS: Yokohama Urban Solutions Study)の実施につき、他の教員と協働で支援およびコーディネーションを行う。
(5) 国内外のワークショップ、第2クォーター時等の海外学生受入れプログラム等の企画・運営支援、学生指導、英文教材・報告書等の作成を行う。
(6) 必要に応じ、サマープログラムやSUDP、YUSS等の教育研究プログラムにおいて専門分野での英語による講義を行い、学生を指導する。

【要件】
(1) 専門分野において十分な知識を有し、国際コミュニケーションに高い能力を有する方(特に英語による講義を担当できる高度の英語力は必須)。
(2) 上記の教育プログラム、研究プログラム、国際ワークショップ等において、熱意と情熱をもって学生指導ができる方。
(3) 横浜市立大学が進めるグローバル化に意欲的に貢献していただける方。

特任助教 1名

2 応募資格

次のすべての条件を満たしている方が対象となります。
1) 専攻分野に関する博士号取得者(取得予定者を含む)、またはこれと同等の知識及び経験を有する方。
2) 日本語、英語での文書作成・業務遂行ができる方(国籍は問わない)。
3) コンピュータ(PC)の操作、ホームページの作成管理ができる方。
4) 業務に情熱と誠意をもって取り組んでいただける方。
5) 海外機関との連絡・調整ができる方。(国際交流事業や国際機関等での勤務の経験があれば尚可。)
6) 横浜市における地域貢献に積極的に取り組む意欲のある方。


3 就任予定年月日

令和3年4月1日以降

4 応募方法

(1)応募書類

ア 履歴書(参考様式)正本1部
イ 教育研究業績書(参考様式)正本1部
  ※海外での調査や実務に関する実績を詳細に記入して下さい。
ウ 主たる研究書・研究論文の要約を3本まで〔日本語および英語〕
  (日本語は2000字程度、英語は800ワード程度)教育研究業績書リストの主な業績と対応させること。1部
エ レポート:「海外大学との研究交流・教育交流を推進する業務に対する抱負」
  〔日本語および英語〕(日本語2000字程度、英語800ワード程度)1部
オ 学位を証明する文書 正本1部(学位記の写しなど) 正本1部
カ 英語能力を証明できる書類の写し 正本1部(ただしTOEIC、英検等の証明書を持っていない場合には、代わりに、英語能力の裏付けとなる職務経験等を説明する文書を作成ください(日本語1000字程度))
キ 応募者について意見を伺える照会先2人の所属・氏名・連絡先・メールアドレス

(2)提出方法

ア 応募書類は簡易書留又は宅急便で一括送付してください。
イ 封筒に「アカデミックコンソーシアム特任教員(まちづくり分野)応募書類在中」と朱書きしてください。
ウ 応募書類は、原則として返却いたしません。


(3)提出先

〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2
公立大学法人横浜市立大学 グローバル推進室(国際連携担当)宛

(4)提出期限

令和2年11月30日(月)必着
※応募状況により、公募期間を延長することもあります。

5 選考方法

(1) 1次選考:書類審査
(2) 2次選考:面接(1次選考に合格した方を対象に12月を予定しています)

6 待遇

週35時間勤務、年額450万円程度(通勤費、諸保険費も含んだ総額)
(加入保険等: 労災保険、雇用保険、健康保険料等を上記賃金から控除。月額手取りは約25万円。)

7 勤務地

横浜市立大学金沢八景キャンパス(横浜市金沢区瀬戸22-2)

8 任期

令和4年3月末(実績審査の上、原則3年間まで。試用期間6カ月)
※雇用契約は年度単位とし、年度途中採用者は採用年度を雇用契約期間の初年度とします。
 但し、本プロジェクトが終了した場合はこの限りではありません。

9 お問い合わせ先

〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2
グローバル推進室(国際連携担当)
E-Mail) kokusai@yokohama-cu.ac.jp
電話)045-787-8945

10 備考

(1) 本件公募によって採用される方は、公立大学法人横浜市立大学が定める規程に基づいて、公立大学法人横浜市立大学と雇用契約を締結していただくことになります。
(2) 2次選考(面接)を行わせていただく方については、日程および実施方法を、ご本人に連絡します。
(3) 2次選考(面接)の実施に当たって必要な旅費・滞在費等は応募者に負担いただきます。
(4) 令和3年4月1日着任が困難な場合はご相談ください。

※上記の公募に関連して提出されたすべての個人情報については、選考の目的に限って利用し、選考終了後は、選考を通過した方の情報を除き、全ての個人情報は責任を持って破棄いたします。なお、書類返却を希望する場合は、返信用封筒に宛名を記入し、送付に必要な「郵便切手」又は「宅配便の着払い」を貼った封筒を同封してください。