リーダーシップを発揮できる 優れた看護人材の育成を目指しています医学部看護学科
医学研究科看護学専攻
search

老年看護学

老年看護学

老年看護学とは

「老年看護学」では高齢者がいきいきと日常生活を送ることができる看護を目指しています。そのためには、まず看護の対象である高齢者の特徴を知ることが大切です。老年者に特有な病気や障害を学んだ後、それらを持ちながら生きる高齢者とその家族の健康生活を支える看護を実践していくための知識や技術についての学習をしていきます。講義だけではなく写真のような演習や病院・高齢者施設などでの実習を通した体験からも学びます。
老年期は過去の生活や考え方、社会との関わり方、全てが反映される人生の集大成の時期といえます。このような時期を生きぬく高齢者を支える専門家とともに老年看護学を学び、よりよい未来を創造していきます。

ケアマネジメント看護学とは

少子高齢化、医療技術の進歩、医療・看護提供の場の多様化、国民の意識の変化等により、日本の医療・看護を取り巻く環境は大きく変わってきています。病気を治すことに主眼を置いた「治す医療」から、患者やその家族の生活を主眼に置きながら「地域全体で治し支える医療」が求められており、看護師に期待される役割が拡大してきています。
ケアマネジメント看護学は、こうしたニーズに応えるために新たにつくられた分野で、自宅やこれに準じた環境で療養生活をしている(また、これから生活をしようとする)新生児から高齢者までを対象に、生活の質の向上を目指し、保健・医療・福祉のあらゆる面から提供する看護である在宅看護をはじめ、地域全体で療養者や家族の生活を支える看護について教授します。看護の場は幅広く、訪問看護ステーションだけでなく、医療機関、介護保険施設、居宅介護支援事業所なども含まれます。

国際的な取組

近年我が国を含めアジア諸国では少子高齢化が進み、それに伴う地域社会での相互扶助精神の衰退が進行しているとされています。また地球温暖化、グローバル化に伴い新しい感染症流行の可能性が指摘されています。これらの問題はWHO 憲章で唱えられている「健康」- 肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが満たされた状態にあること(日本WHO 協会訳)を著しく脅かす状態が起こって来ていることを意味し、 早急な対応が求められます。
老年看護領域では、国際都市横浜にある大学として、国際協力、国際貢献についても関心を持ち、高い貢献をできる体制づくりや教育の推進に努力しています。具体的には、日系ブラジル人の健康に関する研究、フィリピンにおける看護や災害等に関する研究、海外フィールドワーク事業等を通じた交流、また本学のグローバル都市協力研究センター(GCI)公衆衛生ユニットと連携し、アジア諸国との連携を深め、国境を越えた世界レベルでの研究・教育や社会連携に取り組み、横浜市、シティネット横浜プロジェクトオフィス国際協力機構(JICA)等との協働プロジェクトを実施しています。

【卒業研究】2019年11月 研究活動の一環として学生が主体となり、2年次生の授業内で認知症高齢者疑似体験演習を行いました
【卒業研究】2016年7月 ブラジル日系永住者巡回診療健診に同行しました
【授業】2020年1月 国際看護学Ⅰ(3年次生)でフィリピン大学マニラ校の学生さん10人との合同授業でグループディスカッションを行いました
【授業】2020年1月 老年看護演習(3年次生)で株式会社シルバーウッドを講師にお迎えし、認知症のVR体験を実施しました
【老年看護学概論】2019年10月 老年看護学概論授業(2年次生)にて高齢者の生活機能や援助方法を学びました
【オープンキャンパス】2019年8月 来場者の方に高齢者体験を実施してもらいました
附属病院との研究の打ち合わせをしています
【前期博士課程】2021年3月 博士課程の学位式が開催されました
2021年新大学院生オリエンテーションを行いました。

教員紹介(2021年4月現在)

 

教員

研究テーマ

叶谷 由佳
教授 

退院支援に関する研究
地域連携に関する研究
高齢者の健康増進に関する研究
高齢者施設の管理に関する研究
胃瘻に関する研究

土肥 眞奈 
准教授

QOLに関する研究
虚血性心疾患患者に関する研究
高齢者の健康増進に関する研究
慢性疾患を持つ患者の退院後の生活支援に関する研究
胃瘻に関する研究

佐々木 晶世
講師

高齢者の健康の維持増進と介護予防に関する研究
咀嚼に関する研究
ヨーガに関する研究
胃瘻に関する研究

丸山 幸恵
講師

介護評価に関する研究
訪問看護実践能力に関する研究
訪問看護現任教育

金田 明子
助教

在宅介護高齢者のケアマネジメント遂行尺度の開発に関する研究
地域包括ケアシステム拠点に資するサービス付き高齢者向け住宅の管理運営質指標の開発

菅野 眞綾
助教

高齢者の術後せん妄に関する研究
入院高齢者の身体拘束に関する研究

青砥 恵美
非常勤助手

国内外の社会保障制度に関する研究

星 美鈴
非常勤助手

地域包括ケアシステムに関する研究

山本 晴美
客員研究員

 

大学院在籍者(2021年4月)

博士後期課程 6名
博士前期課程 8名

老人看護専門看護師 7名合格(2021年3月現在)



連絡先

 老年看護学領域
教授 叶谷由佳
 

看護学科