医学部看護学科・医学研究科看護学専攻医学部看護学科
医学研究科看護学専攻

業績

研究

論文(過去5年間)

[2017]
  1. Satoh Miho, Watanabe I, Asakura K. Factors related to affective occupational commitment among Japanese nurses. Open Journal of Nursing, 7(3), 449-462, 2017.
  2. Satoh Miho, Watanabe I, Asakura K. Occupational commitment and job satisfaction mediate effort reward imbalance and intention to continue nursing. Japan Journal of Nursing Science. 2017; 14(1): 49-60: doi: 10.1111/jjns.12135.
  3. Oyama Y, Maeda R. Cross-sectional online survey of nursing graduates’ academic difficulties and related factors. Journal of Nursing Education and Practice, 7(9), 61-66, 2017.
  4. 田村直美,勝山貴美子,柏木聖代.急性期病院に勤務する看護師の自律性と看護実践環境との関連.クリティカルケア看護学会誌,13(3),2017.
  5. 塚越みどり, 前川二郎. 続発性下肢リンパ浮腫でLVAを受けた患者の運動の現状. リンパ学, 40(1), 17-22, 2017.
  6. 塚越みどり, 前川二郎. 思春期、青年期の原発性下肢リンパ浮腫患者における治療の現状と課題. リンパ学, 40(1), 2017.
[2016]
  1. Satoh Miho, Watanabe I, Asakura K. Occupational commitment and job satisfaction mediate effort-reward imbalance and the intention to continue nursing. Japan Journal of Nursing Science, 14(1) 49-60, 2016.
  2. Asakura K, Satoh Miho, Watanabe I. The Development of the Attitude Toward Professional Autonomy Scale for Nurses in Japan. Psychological Reports, 119(3) 761-782, 2016.
  3. Fujino-Oyama Y, Maeda R, Maru M, Inoue T. Validating the Japanese Self-Directed Readiness Learning Scale for Nursing Education. Journal of Nursing Education, 55(2), 65-71, 2016.
  4.  Oyama Y, Kashiwagi M, Ogata Y, Hoshishiba Y. Factors associated with use of a reactive approach to preventing patient safety events in home-visit nursing agencies in Japan. Home Health Care Management & Practice, DOI: 10.1177/1084822316681267, 2016.
  5. 撫養真紀子, 北居明, 池亀みどり, 稲垣伊津穂, 志田京子, 勝山貴美子, 青山ヒフミ. 中堅看護師へのAppreciative Inquiry に基づく教育プログラムの開発と有用性の検証. 社会医学研究, 33(1), 83-90, 2016.
  6. 森陽子, 大山裕美子, 廣岡佳代, 深堀浩樹. 新たに訪問看護分野に就労した看護師が訪問看護への移行期に経験した困難とその関連要因.日本看護管理学会誌,20(2), 104-114, 2016.
[2015]
  1. Kashiwagi M & Oyama Y. Predictors of intention to leave among home visiting nurses in Japan: a prefecture-wide cross-sectional survey. Home Health Care Management & Practice, doi:10.1177/1084822314568561, 2015.
  2. 撫養真紀子, 勝山貴美子, 志田京子, 尾崎フサ子, 青山ヒフミ. 一般病院に勤務する看護師の職務満足感とバーンアウト、自尊感情との関連. 社会医学研究, 32(2), 143-150 ,2015.
  3. 川北敬美, 撫養真紀子, 勝山貴美子, 青山ヒフミ. 子育て中のパートタイム看護師の職業的アイデンティティに関する検討. 大阪医科大学看護研究雑誌, 5,36-46, 2015.
  4. 田中幸子, 後藤綾花, 緒方泰子, 湯本俶江, 霜越多麻美, 勝山貴美子, 永野みどり. 病院で働く看護職は職業継続のために求める職場環境. 日本看護評価学会誌, l5(1), 11-18, 2015.
  5. 服部紀子, 中村博文, 林さとみ, 金嶋祐加, 塚越みどり, 廣瀬幸美, 渡部節子, 叶谷由佳. 看護学士課程2年次生の自己教育力と看護実践能力との関連, 横浜看護学雑誌, 8, 1-10 ,2015.
  6. 佐藤みほ, 朝倉京子, 渡邊生恵, 下條祐也. 日本語版職業コミットメント尺度の信頼性・妥当性の検討. 日本看護科学会誌, 35, 63-71, 2015.
  7. 大山裕美子, 前田留美, 丸光惠. 日本語版Self-Directed Learning Readiness Scale for Nursing Educationの翻訳と表面妥当性の検証. 日本看護科学学会誌, 35, 38-42, 2015.
[2014]
  1. Muya M, Katsuyama K, Ozaki F, Aoyama H. Development of a scale measuring the job satisfaction of Japanese hospital nurses, Japan Journal of Nursing Science, 11(3), 160-170, 2014.
  2. Oyama Y, Yonekura Y & Fukahori H. Nurse health-related quality of life: Associations with patient and ward characteristics in Japanese general acute care wards. Journal of Nursing Management, 23(6), 775-783, 2014.
  3. Oyama Y & Kashiwagi M. Factors associated with visiting nurses’ job satisfaction in Japan: a cross sectional study. Research on Humanities and Social Sciences, 4(11), 128-136, 2014.
  4. Oyama Y, Fukahori H, Miyashita M, Narama M, Kono A, Atogami F, Kashiwagi M, Okaya K, Takamizawa E & Yoshizawa T. Cross sectional online survey of research productivity in young Japanese nursing faculties. Japan Journal of Nursing Science, 12(3), 198-207, 2014.
  5. 勝山貴美子. 看護職のチーム医療における協働意識と自律性—歴史的背景と調査結果からの考察—. 医学哲学・医学倫理, 32, 33-42, 2014.
  6. 撫養真紀子, 勝山貴美子, 青山ヒフミ, 尾崎フサコ. 病院に勤務する看護師の職務満足測定尺度の信頼性・妥当性の検討. 社会学研究, 31(1), 37-44, 2014.
  7. 撫養真紀子, 池亀みどり, 河村美枝子, 清水厚子, 志田京子, 勝山貴美子, 北居明, 上野恭裕, 青山ヒフミ. 病院統合を経験した看護師の認識の変化と看護管理上の支援. 大阪府立大学紀要, 20(1), 19-28, 2014.
  8. 撫養真紀子, 池亀みどり, 河村美枝子, 清水厚子, 志田京子, 勝山貴美子, 北居明, 上野恭裕, 青山ヒフミ. 病院に勤務する看護師の職業継続意思に関連する要因の検討. 大阪府立大学紀要, 20(1), 29-37, 2014.
  9. 小西由紀子, 撫養真紀子, 勝山貴美子, 青山ヒフミ. 看護職における再就職者の組織社会化の様相. 日本看護管理学会誌, 18(1), 27-35, 2014.
  10. 岡田純子, 青山ヒフミ, 勝山貴美子. 看護実践の場における教育の担当者が経験から役割を学習するプロセス. 摂南大学看護学研究, 2(1), 13-22, 2014.
  11. 塚越みどり, 船越健悟, 菱沼典子. 60℃の背部温罨法による上半身・指尖皮膚温・皮膚血流の変化. 日本看護技術学会誌, 13(3), 219-229, 2014.
  12. 佐藤みほ, 戸ヶ里泰典, 小手森麗華, ほか. 日本語版Family Routines Inventory開発の試み. 保健医療社会学論集, 25(1), 41-51, 2014.
[2013]
  1. Satoh Masae, Masuhara K, Sabine Goldhahn, Kawaguchi T. Cross-cultural adaptation and validation reliability, validity of the Japanese version of the Hip disability and Osteoarthritis Outcome Score (HOOS) in patients with hip osteoarthritis, Osteoarthritis and Cartilage, 21, 570-573, 2013.
  2. Kobayashi S, Kato K, Fujiwara N, Miyaji M, Amano H, Naito M,Katuyama K, Yamauchi K. Comparative study of ethical problems on national board exams in Japan for healthcare professions - specific examples of physicians, pharmacists, and speech therapists. International Journal of Medical Science and Public Health, 2(3), 376-381, 2013.
  3. Oyama Y & Fukahori H. A literature review of factors related to hospital nurses’ health related quality of life. Journal of Nursing Management, 23(5), 661-673, 2013.
  4. 宇田賀津, 松田常美, 田中結華, 勝山貴美子, 他. ストーマ外来を運営する皮膚・排泄ケア認定看護師のコミュニケーションの特徴. 第一段階:会話の導入部分. 摂南大学看護学研究, 1(1), 15-24, 2013.
  5. 加藤憲, 勝山貴美子. 臨床研究におけるQOL評価に関する一考察. 星城大学研究紀要Pp49-57, 第13号, 2013.
  6. 塚越みどり. 38℃加温における冷罨法用具、冷却枕の温度変化. 横浜看護学雑誌, 6(1), 57-60, 2013.

資料・報告(過去3年間)

 [2017]
  1. 大河内彩子,佐藤政枝,佐藤朝美,他.看護学生の臨地実習におけるP-mSHELLモデルを活用したインシデント報告書の改訂.横浜看護学雑誌,11,2018 (in press).
  2. 勝山貴美子. 看護学教育および臨床看護実践における倫理教育.日本医療・病院管理学会誌, 54(2), 2017.
  3. 勝山貴美子. これからの看護の人材育成に求められること.東海病院管理研究会年報 24,20-22,2017.
  4. 坂正春,榊原陽子,前原則子,勝山貴美子. 看護職のワークエンゲイジメントと個人・組織の活性化に関する要因.第47回日本看護学会論文集 看護管理,98-101,2017.
 [2016]
  1. Satoh Miho. We have to create a new and successful way to retain nurses in the future: How can we further improve nurses’ commitment to their profession? Journal of Comprehensive Nursing Research and Care, 1, 2016.
  2. 勝山貴美子. 連携推進のための組織のあり方 病院の機能分化と人材育成の課題. 東海病院管理学研究会年報, 23, 47-49, 2016.
  3. 勝山貴美子. プロジェクトや委員会など目的を持ったチームを導くプロジェクト・マネジメント.ナースマネジャー, 18(7), 20-25, 2016.
  4. 勝山貴美子. 病院管理学の新たな展開「国民の求める健康社会の実現を求めて これからの看護の人材育成に求められること」.日本医療・病院管理学会誌, 53(4), 250-251, 2016.
  5. 任和子,鄭佳紅,飯島佐知子,大西 麻未,勝山貴美子,武村雪絵,増野園惠,宮田千春,撫養真紀子,吉田千文. 日本看護管理学会誌からみる20年.日本看護管理学会誌, 20(2), 135-142, 2016.
  6. 塚越みどり, 菱沼典子, 吉良いずみ, 他. 交流セッション 便秘症状緩和のための温罨法Q and A Ver.2作成への取り組み(日本看護技術学会第14回学術集会報告). 日本看護技術学会誌, 15(2), 42-44, 2016.

著書

[2018]
  1. 勝山貴美子,星直子編.看護師を辞めたくなったときに読む本,桐書房,2018.
[2017]
  1. 勝山貴美子: 第4章プロフェッション,第9章 医療・看護サービスの質保証. 「よくわかる『看護組織論』」久保直人,米本倉基,勝山貴美子,志田京子編著. ネルヴァ書房, 東京, 2017, in printing.
  2. 勝山貴美子, 他:第2章 人的資源管理. 「看護管理学」 手島恵, 藤本幸三, 編. 南江堂, 東京, 2017, in printing.
[2016]
  1. 佐藤政枝: 19章, 20章. 「ナーシング・グラフィカ18 基礎看護学-基礎看護技術」志自岐康子,松尾ミヨ子,習田明裕 編. メディカ出版, 大阪, p383-426, 2016.1.改訂
  2. 勝山貴美子: 組織内コミュニケーション. 「日本プライマリ・ケア連合学会 看護師研修ハンドブック」日本プライマリ連合学会編. 南山堂, 東京, p460-463, 2016 
  3. 勝山貴美子, 星直子, 編:『看護師を辞めたくなった時に読む本』桐書房, 東京, in printing. 
  4. 塚越みどり: 第2章:基礎編 呼吸,第3章:症状編 呼吸困難.「まるごと やりなおしのバイタルサイン」桑原美弥子 編著,山内豊明監修. メディカ出版,東京, p80-83, 2016.8.
[2015]
  1. 佐藤政枝: 第VIII章 人工股関節全置換術前後の看護-在宅の環境調整におけるアセスメントの視点. 「トータル・ヒップ・ケア 股関節 チームで支える人工股関節全置換術」中川法一 編, 三輪書店, 東京, 2015.
[2014]
  1. 勝山貴美子, 任和子 編: 質管理—質管理手法を使って資源の効果的・効率的運用をめざす.「学研ナーシングサポート 看護管理学(上級コース)」学研メディカル, 東京, 2014.
  2. 勝山貴美子: 4章 看護人材マネジメント. 「Basic&practice シリーズ 看護管理」小林美亜 編. 学研メディカル秀潤社, 東京, 2014.
  3. 塚越みどり:  呼吸・循環調節章(分担執筆). 「基礎看護技術 改訂第2版」香春知永, 斉藤やよい, 編. 南江堂, 東京, 2014.3改訂
[2013]
  1. 川口孝泰, 佐藤政枝, 小西美和子, 編著: 「演習を通して伝えたい 看護援助の基礎のキソ」, 医学書院, 東京, 2013.
  2. 勝山貴美子: 胎児の異常と中絶. 「新版 医療倫理Q&A」関東医学哲学倫理学会 編. 太陽出版, 東京, 2013.
  3. 勝山貴美子: 目標管理、キャリア発達理論, キャリアパス, クリニカルラダー.「みんなの看護管理」勝山貴美子, 任和子 編. 南江堂、東京、p69-88、2013.
  4. 勝山貴美子: 看護人材マネジメント論.「Basic&practice シリーズ 看護管理」小林美亜 編. 学研, 東京, p36-48, 2013.
[2012]
  1. 勝山貴美子: 看護に役立つみんなの看護管理 pp64-83(全156頁). 平成25年3月南江堂(東京)
  2. 勝山貴美子: 第4章 看護師一患者・家族関係.「シリーズ生命倫理学14巻. 看護倫理」丸善出版, 東京, p64-84, 2012.7.
  3. 勝山貴美子: 4.看護組織の管理, 5.看護ケアの管理. 「放送大学 テキスト 看護管理と医療安全」, NHK出版, 東京, p54-81, 2012.4.
  4. 塚越みどり, 他:人体と看護. 「高等学校職業教科書 人体の構造と機能」,  文部科学省, 2012.

学会発表(過去3年間)

[2017]
  1. Ogata Y, Katsuyama K, Tanaka S, et al. The relationship between practice environment and intention to remain of Japanese hospital nurses. Creating Healthy Work Environments 2017, 17th to 20th March, 2017, Indiana, USA.
  2. Tanaka S, Ogata Y, Katsuyama K, et al. Healthy Work environments for retention of hospital nurses in Japan. Creating Healthy Work Environments 2017, 17th to 20th March, 2017, Indiana, USA.
  3. Sato K, Ogata Y, Katsuyama K, et al. The impact of workplace bullying on the health and performance of nurses in Japan. The 20th East Asian Forum of Nursing Scholars (EAFONS), 9th to 10th March, 2017, Hong Kong.
  4. Satoh Miho, Watanabe I, Asakura K. The work environmental factors related to job satisfaction, fatigue and  psychological health among Japanese nurses. The International Society for Quality Health Care 34th International Conference,2017.10, London.
  5. Satoh Miho, Miyagawa S, Sato D, Hatayama M. Information-sharing tasks in disaster relief assistance. 8th International Society for Integrated Disaster Risk Management. 2017.8, Reykjavik.
  6. 小原理恵,佐藤政枝.新人看護師の経験からみた職場適応のプロセス,第43回日本看護研究学会学術集会,2017年8月29日,30日,東海市.
  7. 勝山貴美子,吉田千文,志田京子,他.中小規模病院のネットワーク構築の実態と教育体制整備との関連.第21回日本看護管理学会学術集会,2017年8月19日,20日, 横浜市.
  8. 勝山貴美子.倫理的事例を用いた臨床実践における倫理教育方法.第36回日本医学・哲学倫理学会学術集会,2017年11月11日,12日,東京都.
  9. 吉田千文, 手島恵,志田京子,勝山貴美子,飯田貴映子.中小規模病院看護管理向上支援にむけた研究-看護管理状況評価指標・看護管理者の能力評価指標の作成.第37回日本看護科学学会学術集会,2017年12月16日,17日,仙台市.
  10. 緒方泰子, 森岡典子, 湯本淑江, 勝山貴美子, 田中幸子, 菅田勝也:看護実践環境による看護職者の離職意向・離職行動への影響:マルチレベル分析による検討.日本医療・病院管理学会第55回学術集会,2017年9月17日,18日,東京都.
  11. 吉見早紀子,大山裕美子,勝山貴美子:多様な勤務形態を採用する病院で フルタイムで働く中堅看護師の認識する「働きがい」と「働きやすさ」.第21回日本看護管理学会学術集会,2017年8月19日,20日, 横浜市.
  12. 塚越みどり.パーキンソン病の冷えに関する検討.第22回一般社団法人日本難病看護学会学術集会,2017年8月25日,26日,東京都.
  13. 塚越みどり,前川二郎.弾性ストッキングの着圧測定の必要性と意義.第2回日本リンパ浮腫治療学会学術総会,2017年9月23日,24日,大阪府.
  14. 細野恵子、菱沼典子、縄秀志、加藤木真史、塚越みどり,他.排便パターン分類フローチャート改訂版の妥当性に関する検討.第16回日本看護技術学会学術集会,2017年10月14日,15日,東京都.
  15. 加藤木真史、細野恵子、菱沼典子、縄秀志,塚越みどり,他:使ってみませんか?排便パターン分類フローチャート-2週間の データに基づき排便状況をアセスメントする-.第16回日本看護技術学会学術集会,2017年10月14日,15日,東京都.
  16. 塚越みどり,前川二郎.続発性下肢リンパ浮腫におけるリンパ管静脈吻合術前の弾性ストッキングの着圧測定と指導の意義.第32回日本がん看護学会学術集会,2018年2月3日,4日,千葉市.
  17. 佐藤みほ, 渡邊生恵, 朝倉京子.看護職の職務満足度および疲労蓄積度に影響する要因—2時点調査の結果から. 第37回日本看護科学学会学術集会,2017年12月16日,17日,仙台市.
  18. 大山裕美子.看護系大学院生の学修上の困難感とその関連要因.日本看護学教育学会第27回学術集会,2017年8月17日,18日,宜野湾市.
  19. 大山裕美子,畑千秋,齋藤幸枝,根本明宜,勝山貴美子.がん診療連携拠点病院におけるがん患者入院時苦痛スクリーニングと緩和ケアチーム介入の関連.日本医療・病院管理学会第55回学術集会,2017年9月17日,18日,東京都.
[2016]
  1. 佐藤政枝:中規模病院で勤務する看護師が認識する患者教育の現状. 第36回日本看護科学学会学術集会,2016年12月10日, 11日, 東京都.
  2. 田代美貴, 佐藤政枝:NICU・GCUでケアを受ける患児のおむつ内の接触性皮膚炎に影響をおよぼす要因. 第36回日本看護科学学会学術集会,2016年12月10日, 11日, 東京都.
  3. 手島恵, 吉田千文, 志田京子, 勝山貴美子, 飯田貴映子. 中小規模病院の看護管理能力支援モデルの開発.第20回日本看護管理学会学術総会,2016年8月19日, 20日, 横浜市.
  4. 勝山貴美子, 加藤憲, 田中幸子, 他. Psychological Empowerment in the Workplace尺度の日本語版の開発.第54回日本医療・病院管理学会学術集会,2016年9月17日, 18日, 東京都.
  5. 緒方泰子, 勝山貴美子, 加藤憲,他. 看護実践環境の望ましさと看護スタッフの心身の健康および看護の質との関連.第54回日本医療・病院管理学会学術集会,2016年9月17日, 18日, 東京都.
  6. 加藤憲, 勝山貴美子, 山本武志, 緒方泰子. 病棟看護師の多職種連携実践能力と職種別連携との関連.第54回日本医療・病院管理学会学術集会,2016年9月17日, 18日, 東京都.
  7. 撫養真紀子,青山ヒフミ,志田京子,勝山貴美子. 中小規模病院の中堅看護師の職務満足に関連する要因. 第36回日本看護科学学会学術集会,2016年12月10日, 11日, 東京都.
  8. 坂正春,榊原陽子,前原則子,勝山貴美子. 看護職のワーク・エンゲイジメントと個人・組織の活性化に関連する要因. 第47回日本看護学会 -看護管理- 学術集会, 2016年9月26日, 27日, 金沢市.
  9. 塚越みどり, 前川二郎. 続発性下肢リンパ浮腫患者におけるLVA術後の運動習慣の調査.第40回日本リンパ学会総会, 201年6月24日, 25日, 東京都.
  10. 前山さやか. 臨床看護師の倫理的感受性尺度の開発. 第36回日本看護科学学会学術集会,2016年12月10日, 11日, 東京都.
  11. 小原理恵, 佐藤政枝. 新人看護師の適応を助ける職場環境の特性-「職場環境」「看護倫理」「患者安全」から捉えた看護師の認識-. 第36回日本看護科学学会学術集会,2016年12月10日, 11日, 東京都.
[2015]
  1. 勝山貴美子, 加藤憲, 撫養真紀子. 緩和ケアチームの患者のアウトカムを意識したチーム構築の実態と役割認識、組織化、倫理的ジレンマ. 第53回日本医療・病院管理学会学術総会, 2015年11月5日, 6日, 福岡市.
  2. 勝山貴美子. 労働人口減少時代における医療福祉の労働生産性向上 職員にとって魅力的な職場環境づくりへの道: 米国のマグネットホスピタルから学ぶこと. 第44回日本医療福祉設備学会, 2015年11月25日, 26日, 東京都.
  3. 勝山貴美子, 有馬斉, 加藤憲, 脇之薗真理. 緩和ケアチームのメンバーが認識する患者の苦痛の緩和と制度における倫理的ジレンマ. 第34回日本医学・哲学倫理学会, 2015年11月7日, 8日, 新潟市.
  4. 撫養真紀子, 稲垣伊端穂, 志田京子, 勝山貴美子, 青山ヒフミ. AI に基づいた教育プログラムによる中堅看護師の仕事に対する態度の変化. 日本看護科学学会学術集会, 2015年12月5日, 6日, 広島市.
  5. 佐竹みゆき, 勝山貴美子, 柏木聖代. 都市部地域医療支援病院の高齢入院患者の社会的入院に関連する要因: 医師が判断する急性期入院治療終了日に着目して. 第53回日本医療・病院管理学会学術総会, 2015年11月5日, 6日, 福岡市.
  6. 緒方泰子, 勝山貴美子, 田中幸子, ほか. マグネット病院特性を反映した看護実践環境と看護職の退職行動. 第53回日本医療・病院管理学会学術総会, 2015年11月5日, 6日, 福岡市.
  7. 小見山かおり, 柏木聖代, 勝山貴美子. 病院における多職種による根本原因分析(RCA)の実施状況とその関連要因. 第10回医療の質・安全学会学術集会, 2015年10月22日, 23日, 東京都.
  8. 緒方 泰子, 勝山 貴美子, 永野 みどり, ほか. 看護職のHealthy Work Environmentとは? フォロワーシップとリーダーシップより. 第5回日本看護評価学会学術集会学術集会,   2015年3月14日, 15日, 東京都.
  9. 中澤麗, 吉田友美子, 青山尚美, 井坂玲子, 松島昌秀, 勝山貴美子. 看護師経験1~2年目の看護師の学生指導に対する思いの分析. 第17回神奈川県看護学会, 2015年12月5日, 横浜市.
  10. 塚越みどり, 菱沼典子, 吉良いずみ, 他. 便秘症状緩和のための温罨法Q and A Ver.2作成への取り組み. 第14回日本看護技術学会交流セッション, 2015年10月17日, 18日, 松山市.
  11. 塚越みどり, 小林香, 藤波冨美子, 他. 続発性下肢リンパ浮腫におけるリンパ管静脈吻合(LVA)術後患者の保存療法、日常生活上の負荷、運動に関する実態調査. 第30回日本がん看護学会学術集会, 2016年2月20日, 21日, 千葉市.
  12. 塚越みどり, 小林香, 藤波冨美子, 他. LVA術後の運動の現状と課題. 第10回神奈川リンパ浮腫研究会, 2016年1月9日, 横浜市.
  13. 塚越みどり. パーキンソン病の冷えに対する文献検討. 第20回日本看護研究学会東海地方学術集会, 2016年3月19日, 横浜市.
  14. 佐藤みほ, 渡邊生恵,朝倉京子. 看護職の就業継続意向の関連要因の地域別検討. 第41回日本保健医療社会学会大会, 2015年5月16日, 17日, 東京都.
  15. 大山裕美子, 前田留美, 丸光惠, 井上智子. 看護系大学院生の自己決定型学習準備性に関連する要因. 日本看護学教育学会第25回学術集会, 2015年8月18日, 19日, 徳島市.
  16. 前田留美、大山裕美子、丸光惠、井上智子. 短大・専門学校卒看護師の大学院入学および修学時における英語・看護研究の課題. 日本看護学教育学会第25回学術集会, 2015年8月18日, 19日, 徳島市.

地域貢献

学会・研究会など(2017年度分)

佐藤政枝:
日本看護研究学会(常任理事:総務担当理事、将来構想検討委員会)
日本看護系大学協議会(データベース委員会)
日本看護運動器学会(実践の質向上委員、研究支援委員)

勝山貴美子:
日本医療・病院管理学会(評議員、編集委員、幹事)
日本医学哲学・倫理学会(理事、国際交流委員、国内交流委員)
東海病院管理研究会(幹事)
日本看護管理学会(選挙管理委員、編集委員)
看護経済政策研究学会(理事)
日本看護倫理学会(評議員)
日本看護研究学会(評議員、研究倫理委員)
日本看護学教育学会(学術集会企画委員)
聖路加看護学会(査読者)
International Journal of Health Care Quality Assurance(査読者)
外国人受け入れ医療機関認証評価事業(認証審査会委員)

塚越みどり:
日本看護技術学会(看護技術成果検討委員会「温罨法」研究班)
日本看護術学会誌 査読委員

佐藤みほ:
特定非営利活動法人ヘルスサービスR&Dセンター 研究員

大山裕美子:
日本看護学会(看護管理)論文選考委員
日本医療・病院管理学会(査読者)
日本看護管理学会(査読者)

非常勤講師(2017年度分)

佐藤政枝:
首都大学東京 認定看護師教育課程「リーダーシップ」

勝山貴美子:
神奈川県立保健福祉大学大学院看護学研究科 非常勤講師「看護倫理学」
東海大学健康科学研究科保健福祉学専攻 非常勤講師「看護管理学」
放送大学 夏季集中講座 看護管理と医療安全 非常勤講師

塚越みどり:
関東学院大学看護学部 非常勤講師「フィジカルアセスメント」
横浜保土ヶ谷看護専門学校 非常勤講師「看護形態機能学」

佐藤みほ:
東京医療保健大学東が丘・立川看護学部非常勤講師「卒業研究」

看護学科