リーダーシップを発揮できる 優れた看護人材の育成を目指しています医学部看護学科
医学研究科看護学専攻
search

業績-地域貢献

業績-地域貢献

2017

【1.共同研究(大学間共同研究を含む)】
赤瀬智子槇原弘子伊吹愛
1) 横浜市立大学附属病院形成外科、センター病院・形成外科・手術室、金沢大学:肥満皮膚の病態メカニズム解析 
2) 横浜市立大学附属病院糖尿病内科・内科外来:肥満・糖尿病患者における皮膚の実態調査 
3) 横浜市立大学附属病院麻酔科との共同研究:手術を受けるがん患者の入院前待機時期から術後までの抑うつ状態の実態調査
4) 帝京大学薬学部:肥満皮膚に対する抗酸化療法の検討

【2.大学等の講師派遣、研究指導】
赤瀬智子
・千葉科学大学看護学部:からだの構造と機能ⅠⅡ, 非常勤講師,2017.4-9
・東京大学医学部健康総合科学科 疾病論 非常勤講師 2017.5/29
・東京大学医学系研究科創傷看護学分野:創傷看護学特論 非常勤講師 2018.2/19

伊吹愛
・横浜市医師会保土谷看護専門学校第一看護学科:形態機能学 2017

赤瀬智子,伊吹愛
・横浜市立大学附属病院口腔外科病棟:逆流性超選択的動注化学放射線療法を受ける口腔癌患者に発生する皮膚障害に関する実態調査 2017.4-2018.3
・横浜市立大学附属市民総合医療センター12-2病棟:頸部癌患者の皮膚障害に対する保湿ケアの効果 2017.4-2018.3

【3.学会役員、各種委嘱委員、プロジェクト・ネットワーキング】
赤瀬智子
・日本薬学会関東支部幹事
・日本未病システム学会評議員
・日本創傷・オストミー・失禁学会評議員、査読委員
・看護理工学会評議委員、査読委員
・日本褥瘡学会評議委員、査読委員、倫理委員
・日本看護研究学会査読委員
・TSOD肥満糖尿病マウス研究会 理事
・公益財団法人 一般用医薬品 セルフメディケーション振興財団

2016

【共同研究(大学間共同研究を含む)】
赤瀬智子, 堀川和政,松本裕, 伊吹愛
1) 横浜市立大学附属病院形成外科, センター病院・形成外科・手術室, 千葉大学薬学部,金沢大学:肥満皮膚の病態メカニズム解析
2) 横浜市立大学附属病院糖尿病内科・内科外来:肥満・糖尿病患者における皮膚の実態調査
3) 横浜市立大学附属病院皮膚科・皮膚科外来:皮膚科における軟膏処置の実態調査:アトピー性皮膚炎
4) 帝京大学薬学部:肥満皮膚に対する抗酸化療法の検討
5) 横浜市内女性クリニック:更年期障害女性のホットフラッシュに対するクラリセージ精油の経皮吸収効果の検討


【大学等の講師派遣、研究指導】
赤瀬智子
・千葉科学大学看護学部:からだの構造と機能ⅠⅡ, 非常勤講師,2016.4-9
・東京大学医学系研究科創傷看護学分野:創傷看護学特論 非常勤講師 2017.2/21
・横浜市医師会保土谷看護専門学校第一看護学科:形態機能学 2016.9

伊吹愛

横浜市医師会保土谷看護専門学校第一看護学科:形態機能学 2016.10/20.10/27

赤瀬智子, 松本裕, 伊吹愛
横浜市立大学附属病院口腔外科病棟:逆流性超選択的動注化学放射線療法を受ける口腔癌患者に発生する皮膚障害に関する実態調査,2016.4-2017.3

松本裕

附属病院看護師国家試験対策,2016.12


【学会役員、各種委嘱委員、プロジェクト・ネットワーキング】
赤瀬智子
・日本薬学会関東支部幹事
・日本未病システム学会評議員
・日本創傷・オストミー・失禁学会評議員、査読委員
・看護理工学会評議委員、査読委員
・日本褥瘡学会評議委員、査読委員、倫理委員
・日本看護研究学会査読委員
・TSOD肥満糖尿病マウス研究会 理事

赤瀬智子

・厚生労働省・保健師助産師看護師試験委員2015-
・公益財団法人 一般用医薬品 セルフメディケーション振興財団2014
 

2015

【共同研究(大学間共同研究を含む)】
赤瀬智子, 堀川和政,松本裕, 伊吹愛
1)横浜市立大学附属病院形成外科, センター病院・形成外科・手術室, 千葉大学薬学部、(2013-):肥満皮膚の病態メカニズム解析

2)横浜市立大学附属病院・医薬品安全管理室(2013-):下剤の適正な使用方法の検討—酸化マグネシウム製剤の服用方法に関する調査研究—

3)横浜市立大学附属病院糖尿病内科・内科外来(2014-):肥満・糖尿病患者における皮膚の実態調査

4)横浜市立大学附属病院皮膚科・皮膚科外来(2014-):皮膚科における軟膏処置の実態調査:アトピー性皮膚炎

5)帝京大学薬学部(2013-):肥満皮膚に対する抗酸化療法の検討

6)ポーラ化成工業株式会社(2013-):肥満皮膚に関する研究

7)東洋新薬株式会社(2014-):肥満に伴う皮膚障害の改善作用に関する研究


【大学等の講師派遣、研究指導】
赤瀬智子
 千葉科学大学看護学部:からだの構造と機能ⅠⅡ, 非常勤講師,2015.4-9
 東京大学医学系研究科創傷看護学分野 創傷看護学特論 非常勤講師 2016.2.15.

赤瀬智子, 堀川和政, 松本裕, 伊吹愛
 横浜市立大学附属病院口腔外科病棟,逆流性超選択的動注化学放射線療法を受ける口腔癌患者に発生する皮膚障害に関する実態調査,2015.4-


【学会役員、各種委嘱委員、プロジェクト・ネットワーキング】
赤瀬智子
・日本薬学会関東支部幹事
・日本未病システム学会評議員
・日本創傷・オストミー・失禁学会評議員、査読委員
・看護理工学会評議委員、査読委員
・日本褥瘡学会評議委員、査読委員
・日本看護研究学会査読委員

赤瀬智子
・厚生労働省・保健師助産師看護師試験委員2015
・科学研究費委員会専門委員 2015
・公益財団法人 一般用医薬品 セルフメディケーション振興財団2014-

2014

【共同研究(大学間共同研究を含む)】
赤瀬智子, 井上聡, 松本裕, 伊吹愛
 横浜市立大学附属病院形成外科, センター病院・形成外科・手術室, 千葉大学薬学部(2013-):肥満皮膚の病態メカニズム解析
 横浜市立大学附属病院・医薬品安全管理室(2013-):下剤の適正な使用方法の検討—酸化マグネシウム製剤の服用方法に関する調査研究—
 横浜市立大学附属病院糖尿病内科・内科外来(2014-):肥満・糖尿病患者における皮膚の実態調査
 横浜市立大学附属病院皮膚科・皮膚科外来(2014-):皮膚科における軟膏処置の実態調査:アトピー性皮膚炎
 帝京大学薬学部(2013-):肥満皮膚に対する抗酸化療法の検討
 ザンビア大学医学部(2013-):発展途上国におけるマラリア医療の実態
 ポーラ化成工業株式会社(2013-):肥満皮膚に関する研究
 東洋新薬株式会社(2014-):肥満に伴う皮膚障害の改善作用に関する研究

塚越みどり
 グローバルヘルス社(2014.7- 9月)高齢者運動教室の企画・監修・実施評価

       
【大学等の講師派遣、研究指導】
赤瀬智子
 千葉科学大学看護学部:からだの構造と機能ⅠⅡ, 非常勤講師,2014.4-9
 山形大学医学部:非常勤講師,2014.11-2015.3
 東京大学医学系研究科創傷看護学分野 創傷看護学特論 非常勤講師 2015.3.9
 横浜市立大学附属市民総合医療センター病院講演会:看護の開発・基礎実験研究,2014.7.17
 横浜市立大学医学部後援会講話:肥満と皮膚障害,2014.7.31

井上聡
 横浜市立大学附属病院 第103回看護師国家試験対策講義2014.12
 医学研究科,非常勤講師,臨床研究概論A「臨床研究における法規制と倫理」,2014.7.9
 医学科非常勤講師,コアカリキュラムE2 臨床薬理学,「臨床研究についてⅠ」,2014.11.26
 医学科非常勤講師,コアカリキュラムE2 臨床薬理学,「臨床研究についてⅡ」, 2014.12.4

塚越みどり
 横浜市立大学附属病院 新採用看護師フィジカルアセスメント研修,2014.8
 横浜保土ヶ谷中央病院・東4病棟看護研究指導テーマ:感染対策,手指衛生に関する意識向上と実践に向けた取り組み,2014.4-2015.3
 横浜保土ヶ谷中央病院・東2病棟,看護研究指導テーマ:DPNS導入による当病棟看護師の働く意欲ややる気に関する傾向,2014.4-2015.3
 横浜保土ヶ谷中央病院・西2病棟,看護研究指導テーマ:老人福祉施設から入院する高齢者の情報共有と看護師の意識の変化~情報共有シートの検討~,2014.4 2015.3
赤瀬智子, 井上聡, 松本裕, 伊吹愛
 横浜市立大学附属病院皮膚科外来,アトピー性皮膚炎患者への軟膏指導の実態調査,2014.4-2015.3


【学会役員、各種委嘱委員、プロジェクト・ネットワーキング】
赤瀬智子
・日本薬学会関東支部幹事
・日本未病システム学会評議員
・日本創傷・オストミー・失禁学会評議員
・看護理工学会評議委員
・看護理工学会査読委員
・日本褥瘡学会評議委員
・日本看護研究学会査読委員

赤瀬智子
・厚生労働省・保健師助産師看護師試験委員2014-
・日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員2014-
・公益財団法人 一般用医薬品 セルフメディケーション振興財団2014-

2013

【共同研究】
赤瀬智子 槇原弘子
帝京大学薬学部:肥満皮膚に対する抗酸化療法の検討

赤瀬智子
東京大学医学系研究科:肥満に対する食事療法における皮膚への効果

井上聡
ザンビア大学医学部:発展途上国におけるマラリア医療の実態


【講師派遣】
赤瀬智子
東京大学医学系研究科創傷看護学分野 創傷看護学特論 非常勤講師 2014.3/3
NPO法人医療教育研究所 肥満における皮膚障害について2013.9.5 

井上聡
横浜市立大学国際総合科学部 発展途上国の都市開発の為の保健医療支援2013.7
鵠沼高校 「国際保健・看護」講義
Yokohama City University Sustainable Urban Development Program,「Current Status of Health Care Infrastructure in Developing Countries」2013.8
Destiny Community School, Lusaka, Republic of Zambia ,Importance of helping others - career in medicine,.2014.3
アフリカ ザンビア共和国に本学看護学科生7名と訪問 看護学科生の地域コミュイニティスクールで保健衛生指導(手洗い、歯磨き、栄養).,2014.3

林さとみ
• 埼玉県立がんセンター研修会講師 フィジカルアセスメントを学ぶ2013.9-11
• 横浜市立大学附属病院 ・7-4病棟 腹腔ドレーン管理手順の導入における患者のアウトカムの検討:腹腔ドレーン、ドレーン管理手順、患者アウトカム検討 2013.4
• 横浜市立金沢高校リレー講座 「周手術期にある人の看護」講義 2013.11.
• 弘前市医師会看護専門学校看護学科 非常勤講師 看護マネジメント/国際看護2014.1

塚越みどり
• 横浜サイエンスフロンティア高校アドミッションズセンター依頼 模擬授業「血圧測定」授業後懇話会 2013.4/23
• 北海道温罨法研究会 平成25年度 第1回温罨法研究会講師(温熱刺激・温罨法・皮膚血流)2013.6/2
• 横浜市立大学附属病院 新採用フィジカルアセスメント研修・講師(フィジカルアセスメント・呼吸・循環)2013.8/22.29


【プロジェクト・ネットワーキング】
赤瀬智子
• 公益財団法人 一般用医薬品 セルフメディケーション振興財団2013.12-

井上聡
• 横浜市立大学グローバル都市協力研究センター 国際保健協力2013.4.
• ザンビア共和国での地域医療支援活動を通した学生交流 2013(研究代表者),一般財団法人 横浜総合医学振興財団

林さとみ
• 横浜市立大学附属病院・7-4病棟 研究指導 「腹腔ドレーン管理手順の導入における患者のアウトカムの検討」2013.4-

塚越みどり
• 横浜船員保険病院看護部 看護研究指導2013.4-2014.3


【学会役員、各種委嘱委員】
赤瀬智子
• 厚生労働省・保健師助産師看護師試験委員
• 日本学術振興会 科学研究費委員会専門委員
• 日本薬学会関東支部幹事
• 日本未病システム学会評議員
• 日本創傷・オストミー・失禁学会評議員
• 日本褥瘡学会評議委員
• 日本看護研究学会査読委員

林さとみ
• 日本循環器看護学会学会誌・専任査読委員2013.4.
• 第9回「看護と社会」研究全国集会 企画・実行委員2013.3/16 

2012

【共同研究】
赤瀬智子:肥満皮膚の解析(東京大学)

【講師派遣】
赤瀬智子
薬学看護医療系進学について, 市立金沢高等学校, 2012.5.
メタボリックシンドローム(MS)モデルマウスにおける加齢性皮膚変化, 第8回TSOD(肥満糖尿尿)マウス研究会情報交換会 (東京), 2012,11.
看護薬理学, 東京大学大学院医学系研究科創傷看護学講師(東京), 2013.3.

井上 聡
臨床研究概論, 横浜市立大学医学部大学院医学研究科, 2012.7.
臨床薬理概論, 横浜市立大学医学部医学科、2012.11.

林さとみ
看護マネジメント/国際看護, 弘前市医師会看護専門学校看護学科, 2013.1.21.
専門看護, 茨城県立医療大学大学院保健医療科学研究科大学院博士後期課程, 2012.4.1.~2013.3.31.
キャリアと私の人生, 帝京大学医学部付属病院 帝京大学看護職・人材育成センター, 2012.7.3.
看護研究の国際連携~国際的看護研究の勧め, (第3回看護経済・政策研究学会学術集会)アルベルタ大学看護学部ドナ ウィルソン博士による招聘特別講演「カナダにおける医療政策の改善と看護の貢献:国際的視点から(通訳), 看護経済・政策研究学会, 2012.9.8.
フィジカルアセスメント, 埼玉県立がんセンター看護部, 2012.10.16,11.7,12.5.
周手術期の看護, 茅ヶ崎北陵高校, 2012.10.18.
米国におけるナースプラクティショナーの教育・実践・研究の実際, 日本私立看護系大学協会, 2012.12.22.

【プロジェクト事業】
井上 聡:一般企業従業員の健康管理(生活習慣病予防)


【学会役員】
赤瀬智子
• 日本薬学会関東支部幹事
• 日本未病システム学会評議員
• 日本看護研究学会査読委員
• 日本創傷・オストミー・失禁管理学会評議員 

2011

【共同研究】
1) 赤瀬智子:癌浸出液の解析(東京大学・千葉大学)
2) 赤瀬智子:肥満皮膚の解析(東京大学)
3) 赤瀬智子:肥満に対する漢方薬の効果の検証(武蔵野大学)
4) 井上聡:マラリア治療に関する疫学研究(ザンビア大学)

【講師派遣】
1) Inoue S.: Clinical Trials in the Japanese University Hospital Partnerships in Clinical Trials in Asia (Shanghai, China) Oct.12.2011.
2) 井上聡:基礎から学べる GCPとは?- 開発・研究・薬事に関わる全ての人たちへ-,江東区産業会館, 2011.10.20.
3) Inoue S.: Malaria Research in Zambia, University of Zambia
(Lusaka, Zambia), Mar.23.2012.
4) 小山洋道:ホヤの生物学,横浜市立大学,2010,2011

【プロジェクト事業】
1) 井上聡:平成23年度臨床研究ワークショップ(事務局長)
2) 井上聡:平成23年度第5回国際学術フォーラム(プログラム委員長)
3) 井上聡:平成23年度先端医科学研究センター国際共同研究推進室
4) 井上聡:平成23年度臨床薬理センター (センター長)
5) 井上聡:平成23年度横浜市立大学グローバル都市協力研究センター(公衆衛生ユニットリーダーダー)

2010~

【共同研究】
1) 赤瀬智子:肥満に対する漢方薬の効果の検証(武蔵野大学)
2) 井上聡:臨床研究ネットワークの構築

【講師派遣】
1) Inoue S.:Translational medicine in YCU
Harvard Medical School (Boston, USA) ,Mar.2. 2010
2)小山洋道:ホヤの生物学,横浜市立大学,2010
     系統進化的に見たホヤの神経系, 横浜市立大学, 2009


【プロジェクト参加】
1) 井上聡:平成22年度第4回国際学術フォーラム(プログラム委員長)
2) 井上聡:平成22年度第4回臨床研究コンペ(事務局長)
3) 井上聡:平成22年度臨床薬理センター (センター長)
4) 井上聡:平成22年度横浜市立大学グローバル都市協力研究センター
(公衆衛生ユニット)

看護学科