リーダーシップを発揮できる 優れた看護人材の育成を目指しています医学部看護学科
医学研究科看護学専攻
search

母性看護学

母性看護学

<母性看護学とは>

母性看護の対象は、一般社会に現に生活して存在し、身体・精神・心理・社会的な側面を合わせ持つ統一体としての人間です。そして、そのライフサイクルを通して母性準備期、母性成熟期、母性継承期というように、母性としての成長・発達・成熟をしていく存在です。ですから、ヘルスプロモーションに対応した援助のできる発展的看護が期待されています。

母性看護をとりまく社会状況は、女性の生き方の変化や、少子社会の招来など、我が国の未来と密接に直結しています。特に、我が国では、出生前診断などの倫理的問題やドメスティック・バイオレンス、不妊、高齢出産やハイリスク妊娠の増加など、多くの課題があります。看護専門職にはこれら母子保健の現状を把握し、社会の中の母性を的確に捉える能力を育成します。

生殖医療の進展はめざましく、実習病院の市立大学附属病院、市民総合医療センター母子医療センターにおいても不妊治療をはじめとする高度な医療が提供されています。看護師としての基礎教育でも、広く一般的な市民サービスとしての看護援助を身につけるにとどまらず、これらの高度な医学的治療を受ける対象への看護援助の基礎的能力を育成します。

<2021年度 博士前期課程に助産学分野を開設 >

2021年度に助産学分野(助産師養成課程)を開設します。
詳しくはこちらをご覧ください。

・入試情報はこちらをご覧ください。

<母性看護学領域が2019年度理事長賞を受賞>

2019年度理事長賞受賞
 フィリピンフィールドワークやいのちの授業などの活動実績が認められ、母性看護学領域が2019年度理事長賞を受賞いたしました。

その他、以下の賞を受賞いたしました。
・2019年度理事長賞受賞:グローバル都市協力研究センター2nd Quarter検討プロジェクト(GCI公衆衛生ユニット:叶谷、中村竹内、森口)
・日本セクシュアルマイノリティ協会による表彰:看護学科母性看護学領域

<母性看護学研究会のお知らせ>

2015年度より、母性看護学領域ゼミの卒業生と教員を対象として、『母性看護学研究会』を立ち上げました。

この会は、1.情報交換(卒業生-教員-在校生)、2.互いの親睦を深めること、の2点を目的としています。当面は、年1回のニュースレターの発行及び、情報収集ならびに発信していきたいと思います。
2018年3月20日母性看護学研究会交流会
2018年3月20日に初めての母性看護学研究会交流会を開催しました。在校生、卒業生、母性教員合わせて約20名が参加し、お互いの親睦を深めることができました。

<2020年度 卒業研究論文発表会>(NEW!)

2020年度卒業研究論文発表会
2020年12月8日に母性ゼミ生8名が卒業研究論文の発表をZoomで行いました。

<2020年度 卒業論文テーマ>
・助産師の妊婦に対するセルフケア行動を促すための日常生活指導の実態と効果的な指導の考察~褥婦へのインタビューを通して~
・妊娠中の集団指導における仲間づくりのための助産師の関わり
・助産所の助産師が分娩期にある産婦へ実施する非薬物的産痛緩和ケアの実態と助産師の判断
・分娩期における産婦の出産体験自己評価を高める助産師のかかわり
・女性のニーズに基づいた満足度の高い出産につながる助産所のケア~助産所出産をした女性へのインタビューを通して~
・父親の子とのボンディング形成過程と助産師の支援へのニーズ
・夫の育児・家事への参加につながる夫婦間の関わり~夫の視点から~
・助産所における助産師の在日外国人妊産婦に対する関わり

<Team-Based Learning(TBL)による授業>

Team-Based Learning(TBL)による授業
母性看護学領域では、2年次後期科目「母性看護方法論」や3年次前期科目「母性看護演習」の一部にTeam-Based Learning(TBL)という授業形式を取り入れています。TBLとは、従来の講義形式とは異なり、学生がチームで課題に取り組みながら学んでいく学習方法です。また、教員によるミニシアターなども行い、実習場面をイメージしやすいような工夫もしています。

<シミュレーション学習による演習>

シミュレーション学習による演習
3年次前期科目「母性看護演習」では、シミュレーション学習による技術演習を取り入れています。シミュレーション学習では、実際の現場を想定した環境の中でシミュレーションを行い、そこで起きたことや考えたことを振り返って知識や技術をより深く学んでいきます。

<いのちの授業>(NEW!)

2020年度いのちの授業
2020年12月5日、横浜市内の小学校PTAの依頼を受け、学生によるいのちの授業を行いました。例年と異なる授業形態となりましたが、学生メンバー間で工夫しながら実施することができました。
2019年度いのちの授業
2019年9月20日に並木中央小学校でいのちの授業グループの学生による訪問授業を行いました。
他にも様々な小学校で活動をしています。
2017年度医学部長賞表彰式
いのちの授業グループが2017年度医学部長賞を受賞し、2017年12月13日に表彰式が行われました。

<海外フィールドワーク>

2019年度インドネシア学会発表
2019年8月26日~27日にインドネシアのマカッサルで開催されたアカデミックコンソーシアムに看護学科3年生の5名が参加し、昨年実施したフィリピンでの健康教育に関する学会発表を行いました。
2019年度フィリピンフィールドワーク
2019年9月1日~9月6日に、2年生19名、4年生2名とともにフィリピン共和国でのフィールドワーク活動を行いました。
2018年度フィリピンフィールドワーク

2018年9月5日~9月12日に、2年生18名、4年生2名とともにフィリピン共和国でのフィールドワーク活動を行いました。今年度はフィリピン大学学生との合同グループワークやマニラで行われた国際学会(the International Academic  Consortium for Sustainable Cities)にも参加しました。

<HUG Your Baby>

育児支援クラス ハグユアベイビー
母性看護学領域では、妊婦さん向けの育児支援クラス“HUG Your Baby”を開催しています。

<教員紹介/メディア出演・出版情報/連絡先>(NEW!)

 教員紹介/メディア出演・出版情報/連絡先はこちらをご覧ください。

看護学科