YCU 横浜市立大学

UCSDスーザン・ゴールデン教授を招へい 国際シンポジウム「微生物と環境2018」を開催!

2018.07.04
  • プレスリリース
  • グローバル
横浜市立大学は、7月10日(火)に、国際シンポジウム「微生物と環境2018」を開催します。
シンポジウムでは、“微生物の謎を解き明かし、環境保全につなげる。”をテーマに、横浜市での微生物工学の利用という身近なトピック、バイオエネルギー生産における海外での取り組み、そして微生物研究者による最先端研究を紹介します。
今回は、カルフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)にあるCenter of Circadian Biology (多様な生物の概日生リズムを研究する機関)の所長であるスーザン・ゴールデン教授らをお迎えして、サンディエゴの光合成微生物環境ベンチャーとアカデミックラボの連携に関する基調講演を行う他、学内外の研究者による当分野の研究発表を行います。シンポジウムの第一部は、一般市民にも広く公開し、本学を通じて、国内外の最先端の情報を広く発信していきます。

開催日時
平成30年7月10日(火)13:00‐17:45 (受付開始 12:30)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加