YCU 横浜市立大学

第7回アフリカ開発会議(TICAD)に向けて 国連開発計画(UNDP)セミナーを開催!

2018.06.22
  • プレスリリース
  • グローバル
横浜市立大学は、6月28日(木)に、ニューヨークの国連開発計画(以下、UNDP)本部で活躍されている小松原茂樹氏(TICADプログラムアドバイザー)をお招きして、アフリカ開発会議(TICAD)に関するセミナーを開催します。小松原氏には「アフリカ開発とアフリカ開発会議」と題して講演いただき、2019年に横浜で開催される第7回アフリカ開発会議(TICAD Ⅶ)を前に、アフリカ開発の現状や日本の役割などについて学生との議論により理解を深める機会とします。
当セミナーは、本学の吉田栄一准教授が担当している国際総合科学部専門教養科目「グローバル協力論」の講義との共同開催で、国際協力、国際開発を学んでいる学生が約100名参加します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加