• 外来担当医表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-787-2800
045-787-2800


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 診療部門  > 一般外科

一般外科

診療内容・特色・主な対象疾患

当科は、外科学における主要分野である「消化器、呼吸器、乳腺甲状腺」の各分野のスペシャリストを擁しており、各分野の専門家が連携することで、迅速な診断と一人一人の患者さんに適した治療の提供が可能です。特に、がんなどの悪性疾患の外科治療に力を入れており、体への負担が少ない低侵襲手術や機能温存手術から、進行がんに対する拡大手術まで、最新の治療を含めた様々な治療オプションを提供することが可能です。

消化器・一般外科グループ

当グループでは主に上部消化管(食道・胃)と下部消化管(大腸)の悪性腫瘍を扱っています。以下に当グループの特色を列挙します。大腸がん手術について、詳しくは外科治療学ホームページもご覧ください。
(1)積極的な胸腔鏡・腹腔鏡手術:
胸腔鏡・腹腔鏡手術のメリットとして、術後の痛みが少なく回復が早い・カメラによる拡大視効果により精度の高い手術が行える、傷が小さく美容面に優れる、などのメリットがあります。食道がん・胃がん・大腸がんに対して腹腔鏡下手術を積極的に導入しています。 当科では日本内視鏡外科学会の技術認定医を3名擁しており、安全性の高い内視鏡外科手術の提供しています。
(2)ロボット支援下腹腔鏡下手術:
ロボット支援下手術は、手術支援ロボットdaVinciⓇを使用した腹腔鏡下手術です。ロボット支援下手術では3次元による立体的視野や、多関節機能を有する腹腔鏡鉗子が利用可能であり、従来の腹腔鏡手術をさらに発展させた最新の手術アプローチです。当科では、適応のある胃がんと大腸がん(直腸がん)患者さんに対し、積極的にロボット支援下手術を行っています。ロボット支援下手術について、さらに詳しくは上記、外科治療学ホームページ をご覧ください。
(3)機能温存手術:
がんを治す事は最も重要ですが、同時に患者さんの機能を最大限温存することも、外科医にとって重要な使命と考えています。
胃粘膜下腫瘍や一部の早期胃がんに対し、消化器内科と連携して内視鏡・腹腔鏡合同手術(LECS)を導入し、胃の温存手術に取り組んでいます。
また、お尻の近くにできた直腸がんでは、手術によって永久人工肛門となる場合がありますが、当科では可能な限り肛門を温存した術式(括約筋間直腸切除術:ISR)を実施可能です。これらの手術は、患者さんの状態を詳しく検討して、手術適応を決定しています。
(4)進行癌に対する積極的な集学的治療や拡大手術:
がんが進行してしまうと、標準的な手術だけでは、がんを取り残し、再発につながる場合があります。このような進行がんに対して、化学療法や放射線療法を適切に組み合わせたり(集学的治療)、積極的な拡大手術(がんに浸された臓器を全て切除する手術)により根治が望める場合があります。このような治療は、一般的に手術の難度は高くなりますが、当科では精度の高い適切な術前診断のもと、必要な患者さんにはこれらの治療法を提示し、治療成績の向上につなげています。
当科で扱っている主な手術:
<上部消化管(食道・胃)>
主に食道がん、胃がんを取り扱っています。
【食道がん】
・腹腔鏡・ 胸腔鏡補助下手術
・高度進行食道癌に対する化学療法と放射線療法を併用した手術治療(集学的治療)
【胃がん】
・早期胃がんに対する腹腔鏡下手術
・早期胃がんに対するロボット支援下腹腔鏡下手術
・高度進行胃がんに対する化学療法を併用した手術治療
【その他】
・胃GISTや早期胃がんに対する腹腔鏡・内視鏡合同手術(LECS)
・再発後の化学療法や支持的治療
<下部消化管(大腸)>
主に大腸がんを取り扱っています。体にやさしい低侵襲のみならず、根治性と機能温存の両立を目指した手術を行っています。
・大腸がんに対する腹腔鏡下手術
・直腸がんに対するロボット支援下腹腔鏡下手術
・下部直腸がん(お尻に近いところの直腸がん)に対する肛門温存手術
・進行した大腸がんに対する拡大手術(骨盤内臓全摘や側方郭清など)
当科で提供している大腸がん手術について、詳しくは外科治療学ホームページをご覧ください。
<肝胆膵脾領域の良性・悪性疾患> 
・胆嚢結石・総胆管結石症の手術(主に腹腔鏡下手術)
・原発性・転移性肝がんの手術
・胆嚢がん・胆管がん・膵がんの外科治療や化学療法。
・脾腫や、脾臓腫瘍に対する腹腔鏡下切除。
<一般外科> 
・鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下手術など

呼吸器外科グループ

<当院呼吸器外科の特徴>
一般外科の呼吸器外科グループが担当しており、以下の特徴があります。
【集学的治療】呼吸器内科・放射線科と連携した胸部悪性腫瘍(肺癌、悪性胸膜中皮腫、胸腺腫、胸腺癌)の集学的治療を行っています。肺癌や悪性胸膜中皮腫に対する近年の抗がん剤・分子標的薬の進歩は目覚ましく、従来では治療の難しかった進行癌に対しても抗がん剤、放射線治療に加え手術療法を加えることで様々な治療方針が立てられるようになってきました。また、診断にも呼吸器外科が積極的に関わることがあります。このように、集学的治療チームを形成することで、胸部悪性腫瘍に対して最大限の治療効果を上げるよう努めています。
【低侵襲手術】完全胸腔鏡下肺切除術および胸腔鏡下縦隔腫瘍手術を積極的に行っています。傷が小さく肋骨・胸骨を切らないため術後の痛みが軽く、速やかな日常生活への復帰が可能です。また、低侵襲とは傷のみの問題ではなく、病状に応じて適切に肺を温存することも重要です。具体的には小型肺癌や転移性肺腫瘍に対する区域切除・部分切除であり、主に胸腔鏡下で積極的に行っております。もちろん進行癌で要求される高難易度手術に対する開胸手術も行っています。
【他科との合同手術】隣接臓器や血管を侵した進行癌に対しても心臓血管外科や消化器外科、甲状腺外科などと合同手術を行っています。複数領域のスペシャリスト外科医が揃う大学病院だからこそできる治療で、チームワークの良い当院外科ならではです。
【入念な術前評価・術後管理】近年高齢者、とくに80歳以上の肺癌の患者さんが増えています。従来は手術が困難とされた高齢者の肺癌の患者さんも、近年の術前評価・術後管理の進歩により安全に手術が行えるようになっています。年齢の実数そのものよりも、患者さん個人個人の状態、特にリスク因子の存在を冷静に評価するようにしています。ちなみに、当院での肺癌に対する肺葉切除の最高齢は89歳です。
<主な対象疾患>
【腫瘍性疾患】
肺癌
転移性肺腫瘍
悪性胸膜中皮腫
胸腺腫・胸腺癌
胸壁腫瘍
【良性疾患】
気胸
血胸
肺のう胞症
肺気腫に対する肺容積減少手術
びまん性肺疾患に対する肺生検
重症筋無力症に対する拡大胸腺全摘
【感染性疾患】
膿胸
肺アスペルギルス症(アスペルギローマ)
非結核性抗酸菌症

乳腺外科、甲状腺・内分泌外科グループ

乳腺疾患:
乳癌治療は近年大きな変遷を遂げています。手術において以前は乳房切除術が殆どでしたが、乳房温存手術が主流となり、近年ではインプラントが保険収載されて、ただ単に切除するだけでなく形態的により美しくがんを切除することが求められるようになってきました。この傾向は、腋窩リンパ節の郭清に対しても同様で、センチネルリンパ節検は従来の腋窩郭清と同等の成績と上肢の浮腫などの合併症の軽減をもたらしました。薬物治療においては、新たに多くの抗癌剤やホルモン剤、分子標的薬が開発され、手術後の補助療法や再発後の治療において、その有効性が科学的にも実証されています。日進月歩の進化を遂げている乳癌の治療において、科学的根拠に基づいた最適な治療を、個人個人に合わせて提示させていただいています。
甲状腺疾患:
甲状腺外来では、悪性・良性を含めた腫瘍性疾患や、バセドウ病などの機能性疾患をはじめとする甲状腺疾患、原発性および続発性(腎性)副甲状腺機能亢進症などの副甲状腺疾患を中心に診療をしています。手術は病気の根治性と術後のQOLを考慮して決定して、手術に関する詳細な説明と情報提供を常に心がけています。また、甲状腺癌では新しい分子標的薬が相次いで保険収載されていますが、これらの薬剤は甲状腺癌の病態を十分に把握したうえで使用することが望まれます。我々は長年の治療経験から甲状腺癌の特性を理解したうえで適切な治療法をご提供しています。
甲状腺・副甲状腺の病気を疑われたらお気軽に受診してください。

その他

紹介していただく時の留意事項

・診療情報提供書(紹介状)をお願いします。必要に応じて診療データ(画像や血液検査)を患者さんに持参いただくようお願いします。
・初診受付日:火・木 午前9:00~11:00 但し、それ以外の曜日でも紹介状があれば対応は可能です。
・診療科名は
消化器の患者さん→消化器・一般外科
呼吸器の患者さん→呼吸器・一般外科
乳腺甲状腺の患者さん→乳腺甲状腺・一般外科とお書きください。担当医の名前を記載して下さっても結構です。
・午前8:30~10:30の間に総合案内で初診手続きをお済ませください。

ページトップへ