病理診断科・病理部

病理診断科・病理部

病理診断科・病理部


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 中央部門  > 病理診断科・病理部

病理診断科・病理部

【中止】【2020年度第1回】 病理診断科 入局説明会・懇親会のお知らせ

2020年度 第1回入局説明会・懇親会は、新型コロナウイルス感染症の国内での発生状況を踏まえ、感染の拡大を防止するため、中止することになりました。
詳しくは下記のリンクを参照してください。

病理診断科・病理部

病理診断科の風景

病理専門医、臨床検査技師が協力して、(1)病理組織診断、(2)細胞診、(3)病理解剖を行う中央部門です。内視鏡検査や手術で採取された組織から、あるいは、痰などから細胞を集めて、顕微鏡標本を作製し病理診断を行います。文字通り頭の先から爪の先に至るまでの各種疾患の形態学的な診断が、様々な染色を駆使して、あるいは遺伝子診断も加味してなされます。
病院の質を保証する大変重要な部門ですが、当院では平成21年4月から病理診断科として、診療標榜科の一つにもなっています。ご希望があれば、主治医同席のもとに、病理診断について病理医から直接説明を受けることも可能です。


お問い合わせ

お問い合わせはこちら

Eメール diagpath@yokohama‐cu.ac.jp
患者様からの電子メールによる直接のご相談は受け付けておりません。
患者様からのご相談は医療連携室(電話 045-787-2800, 内線8995)にお問い合わせ下さい。
このメールアドレスへの特定電子メールの送信を拒否します。(特定電子メール法第3条第3項)
メールアドレスは自動収集防止のため、全角文字が混入してあります。コピーせずに半角文字で入力してください。


ページトップへ