平成30年度 公立大学法人 横浜市立大学附属病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 522 322 417 599 1279 1845 3089 4197 1792 129
平成30年度に一般病棟で退院した患者数を年齢別に割り振ってます。
当院は特定機能病院として高度でかつ安全な医療の提供に努め、地域の医療機関と連携しながら幅広い年齢層へ医療を提供してます。
年齢区分では60代以上入院が全体で約65%を占めており、入院患者の高齢化が進んでいます。
また、「赤ちゃんにやさしい病院」としてWHO(世界保健機構)とユニセフ(国連児童基金)から認定されており、
0歳児では新生児疾患や先天性疾患を多く受け入れています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
臨床腫瘍科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 17 7.76 9.58 0 70.47
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
06007xxx99000x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
180050xx99xxxx 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
060060xx97130x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等23あり 副傷病なし - - - - -
臨床腫瘍科は様々な「がん」の診断・治療を行う診療科です。
主な治療法は、抗がん剤、分子標的治療薬などを置用いた「がん薬物療法」です。
同時に、また引き続き、放射線治療、外科的切除、緩和治療などが行われることもあり、いわゆる集学的がん治療を行っています。
最も多いのは食道の悪性腫瘍に対する化学療法を行った入院症例です。
次に多いのは膵臓・脾臓の悪性腫瘍に対する治療を行った入院症例です。
その他上位に上がっているのはその他の悪性腫瘍、胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍です。
胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍では、主にステント閉塞による閉塞性黄疸に対して内視鏡的胆道ステント留置術を行っています。
上記以外の特別な治療としては、希少な癌である「神経内分泌癌」に対する放射性同位元素を用いた内容療法も行っています。
(患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)となっています。)
血液・リウマチ・感染内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 83 20.04 15.58 1.2 55.33
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 59 28.1 32.36 0 67.49
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 29 41.48 40.13 0 47.38
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 26 21.04 16.17 0 62.96
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 20 13.8 17.1 0 58.65
患者数が最も多い入院症例は、全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患です。全身性エリテマトーデス、リウマチ性多発筋痛症、
ベーチェット病、シェーグレン症候群、結節性多発動脈炎、サルコイドーシス等の疾患になります。
次に多い入院症例は、非ホジキンリンパ腫に対して化学療法であるリツキシマブの投与を行った症例です。
第3位は、急性白血病で手術(主に輸血)と化学療法を行った症例です。
第4位と第5位は、いずれも非ホジキンリンパ腫に対する化学療法の治療ですが、治療方法の違いでDPCコードが分かれています。
第4位は第2位と同じくリツキシマを投与していますが、手術(主に輸血)を同入院期間中に行った症例です。
第5位は特定の薬剤以外を使用した化学療法が集約されています。
治療方法については、多職種のスタッフと意見交換の上、従来の治療方針や最新の知見など様々な視点を組み込み説明し、
患者さんとそのご家族と話し合い決めるようにしています。
腎臓・高血圧内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 80 11.51 12.05 3.75 69.63
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 10.21 8.75 3.57 68.14
050140xx99x00x 高血圧性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 7.77 8.8 0 67.96
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 22 7.27 7.18 0 52.68
110280xx99010x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 21 9.48 14.21 4.76 70.43
腎臓・高血圧内科では、主に高血圧、急性腎障害、慢性腎臓病、急性腎炎、慢性腎炎、ネフローゼ、血管炎、膠原病、
若年性高血圧、治療抵抗性高血圧、二次性高血圧等の疾患の治療を行っています。
近年では糖尿病、高血圧、動脈硬化などの生活習慣病が引き起こす糖尿病性腎症や腎硬化症が原因の慢性腎臓病が増加しています。
それら慢性腎臓病に対しても集約的治療も行っています。
最も多い入院は、慢性腎臓病(1,2,4,5位)で、人工透析、腹膜透析の治療のほか、透析導入のため内シャント造設術、
内シャント血管拡張術など積極的に治療を実施しています。
内分泌・糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 51 13.02 13.9 0 64.59
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし85歳未満 50 11.36 11.05 2 61.2
100070xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 44 12.95 15.51 0 70.02
100180xx990x0x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 副傷病なし 40 7.35 6.35 0 59.8
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 24 12.75 15.14 0 68.42
内分泌・糖尿病内科では、生活習慣病である糖尿病、脂質異常症、高血圧、肥満症、痛風や、内分泌疾患
(下垂体疾患、甲状腺疾患、副甲状腺疾患、副腎疾患)を主体とした専門的な内科診療を行っています。
患者数が最も多い入院症例は、第1位から3位までと第5位の2型糖尿病で血糖コントロールおよび合併症精査目的、教育入院です。
各個人に合わせた治療を実施できるよう、医師、看護師、栄養士、臨床検査技師、薬剤師がチームを組んで専門的な治療にあたります。
第4位の副腎皮質機能亢進症等の内分泌疾患については各種検査など専門的な診療を実施しています。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 72 2.22 3.43 0 70.1
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 37 11.89 19.06 0 69.03
040040xx9900xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 22 15.68 14.58 13.64 71.82
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1あり 19 2 2.04 0 60.21
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 16 14.94 10 0 66.88
呼吸器科では、器官・気管支、肺、及び胸膜に関わる全ての呼吸器疾患の診断と治療を担当しています。
呼吸器疾患の診療において、診断および急性期の治療、さらに憎悪期の入院治療を積極的に行っています。
最も多い入院症例は、肺の悪性腫瘍の確定診断や治療方針を決める目的の検査入院です。
主に経気管支肺生検(TBLB)を行います。
手術による検査に比べ体への負担が少なく入院期間も短くなっています。
更に、肺の悪性腫瘍に対する治療を行っている症例が上位にあり、抗がん剤、分子標的薬、免疫チェックポイント阻害薬などを行います。
呼吸器外科、放射線科と協力し、就学的治療によって積極的に根治を目指しています。
間質性肺炎も上位に上がっており、病理学的診断を行ったのち、活動性があると病態と判断された場合には、ステロイド薬や
免疫抑制薬による治療を行います。
睡眠時無呼吸症候群の検査入院も上位に上がっており、PSG検査を行っています。
PSG検査とは睡眠ポリグラフ検査のことであり、脳波、呼吸、いびき、体動などの生態減少を同時に記録することができます。
それにより睡眠深度、睡眠中の呼吸  および循環の生理現象を総合的に評価し睡眠呼吸障害の有無を調べます。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 副傷病なし 288 2.48 2.67 0 69.03
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 156 9.4 10.08 1.28 71.1
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 153 7.92 8.22 0.65 74.32
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 153 7.68 8.52 0 74.31
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 85 6.06 7.09 0 71.94
消化器内科では、食道、胃、小腸、大腸、膵臓、胆嚢、肝臓の7臓器の疾患各々について専門的な診療を行い、
高度な医療を提供しています。
患者数が最も多い入院症例第1位は、大腸ポリープに対する内視鏡治療です。大腸内のポリープを内視鏡を使用して切除します。
第2位は、結石(胆嚢、総胆管、胆石膵炎)の治療でERCP(内視鏡的逆行性膵胆管造影)、EUS(超音波内視鏡)を用いて
治療を行っています。
第3位は、肝癌に対しての治療でラジオ波焼灼術です。
第4位は胃の悪性腫瘍に対する内視鏡治療です。粘膜切除術・粘膜剥離術(ESD)による一括切除を行うことにより予後の向上を
目指しています。
第5位は小腸大腸の悪性腫瘍に対して粘膜下層剥離術を行っています。
それぞれ最新かつ総合的に患者さんにとって最善と考えられる治療を行います。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 192 6.4 5.15 0.52 62.28
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 190 3.09 3.01 0 69.32
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 158 4.66 4.47 0 71.2
04026xxx9910xx 肺高血圧性疾患 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 70 3.11 5.42 0 58.03
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 8.59 11.01 1.64 74.79
循環器科では急性期疾患から慢性期疾患まで幅広く、最新の循環器疾患に対する治療を提供しています。
当科で患者数が最も多い入院症例の第1位は、頻脈性不整脈に対して高周波による経皮的カテーテル心筋焼灼術
(カテーテルアブレーション)です。
カテーテルアブレーション治療では頻脈性不整脈の根治・修復を目的として開胸を要さないため、体への負担が少ないことも特徴です。
第2位と3位は、狭心症などの虚血性心疾患です。虚血性心疾患に対しては心臓カテーテル検査、冠動脈インターベーション(PCI)
手技による冠動脈ステント留置術、経皮的冠動脈形成術などの治療を的確に行っています。
4位は肺高血圧症に対する心臓カテーテル検査を行った症例です。
5位は徐脈性不整脈に対するペースメーカー植え込み術を行った症例です。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 5.3 6.17 0 0
150070x0xx02xx 川崎病(2歳以上) 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 28 8.5 13.69 3.57 4.11
070560xx99x00x 重篤な臓器病変を伴う全身性自己免疫疾患 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 10 15.58 0 10.79
130080xx97x00x 再生不良性貧血 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 23 1 10.74 0 23.13
130010xx99x2xx 急性白血病 手術なし 手術・処置等22あり 19 3.42 13.51 5.26 8.74
小児科では、リウマチ性疾患・免疫不全・重症感染症・血液・小児がんなどの慢性疾患と小児心疾患、新生児・未熟児の集学的治療を
中心に診療を行っています。
患者数が最も多い入院症例は、超低出生体重児、極低出生体重児、先天性心疾患など集中治療を要する新生児疾患です。
次いで多い症例は、川崎病と小児リウマチ性疾患です。
川崎病に関しては、地域基幹病院と連携し、免疫グロブリン療法不応例に対するインフリキシマブを行った症例で、
小児期リウマチ性疾患では高安動脈炎・全身性エリテマトーデス・若年性皮膚筋炎・シェーグレン症候群などに対して治療を
行った症例です。
5番目は、急性白血病に対して化学療法を行った症例です。
一般外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 72 11.18 11.87 0 66.9
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 38 4.55 4.96 0 73.5
060020xx02x00x 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 38 14.05 16.49 0 67.39
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 36 12.44 15.3 0 70.25
100020xx010xxx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等1なし 23 5.78 8.68 0 57.13
一般外科では、呼吸器の疾患(肺癌や気胸)の手術、上部消化管(食道・胃)の手術や下部消化管(結腸・直腸)の手術が
数多く施行されています。
また、乳腺甲状腺外科では、乳がんを中心とした乳腺内分泌疾患の手術、ホルモン化学療法を行っています。
最も多い症例が、肺の悪性腫瘍に対して手術を行った症例でした。
次に多い症例は鼠径ヘルニアに対して手術を行った症例でした。
3番目に多い症例は、胃の悪性腫瘍に対して手術を行った症例でした。
4番目に多い症例は、結腸の悪性腫瘍に対して手術を行ったでした。
5番目に多い症例は、甲状腺の悪性腫瘍に対して手術を行った症例でした。
手術は病気の根治性と術後のQOLを考慮して決定しています。
肺の悪性腫瘍と胃の悪性腫瘍、結腸の悪性腫瘍は状況に応じてロボット支援下手術を積極的に行っています。
各分野の専門家が連携することで、迅速な診断と患者さんに適した治療の提供を行い平均在院日数は、全国平均より短くなっています。
消化器・肝移植外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 61 9.26 10.08 0 64.8
060060xx97100x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 49 12.47 15.05 2.04 68.84
060340xx99x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 8.63 9.81 0 64.06
06007xxx011x1x 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1あり 副傷病あり 34 34 56.51 2.94 63.94
06007xxx97x00x 膵臓、脾臓の腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 7.88 13.33 3.13 65.97
※2019年2月から「消化器外科」へ名称を変更いたしました。
消化器外科では、食道、胃、肝臓、胆のう、膵臓、大腸などすべての消化器疾患の外科的治療を行っています。
症例数は、第1位「胆道疾患に対する内視鏡的治療」が最も多く、次に「胆道疾患の悪性腫瘍」、「膵臓疾患」と続いています。
悪性腫瘍疾患については、拡大郭清から機能温存、ロボット手術などの低侵襲手術の施行とともに、臨床腫瘍科と協力して
抗がん剤治療や免疫療法などを組み合わせた集学的治療を行っています。
臨床腫瘍科・乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060010xx99x40x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 87 7.91 9.58 0 68.92
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 28 8.25 10.59 0 69.82
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 22 6.18 6.23 0 62.09
060010xx99x30x 食道の悪性腫瘍(頸部を含む。) 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 19 11.63 18.67 0 67.11
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 17 5.24 6.7 0 63.76
乳腺外科での治療の中心は乳がんです。
主に乳房部分切除術・乳房切除術、センチネルリンパ節生検、化学療法を行っています。
可能な症例であれば乳房温存手術やセンチネルリンパ節生検といった縮小手術を行い、患者さんへの侵襲や合併症を少なくし、
温存した乳房には放射線科と連携して放射線治療を行うことにより再発を予防します。
さらに当院では、最新の治験から、乳がんの性質に合わせて抗癌剤や内分泌治療、放射線療法治療などを組み合わせ、
患者様に合わせた集学的治療を提供しております。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 16 16.13 11.87 6.25 63.5
040030xx01xxxx 呼吸器系の良性腫瘍 肺切除術 気管支形成を伴う肺切除等 - - - - -
140620xx97xxxx その他の先天異常 手術あり - - - - -
040150xx97x00x 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし - - - - -
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし - - - - -
呼吸器外科では肺癌、縦隔腫瘍、胸壁腫瘍、気胸、膿胸などの手術を行っております。
比較的早期の肺癌を含め多くの疾患に対し積極的に胸腔鏡手術を行っています。また、多岐におよぶ手術や複雑な手術については
他科とも連携し行っております。
最も多い症例は、肺の悪性腫瘍に対して手術を行った症例でした。
診療科の改編により、今年度から一般外科であった呼吸器外科が独立したため、今年度の症例数が少なくなっています。
(患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)となっています。)
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 100 13.54 22.27 0 62.66
070230xx02xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 骨穿孔術等 55 24.15 27.71 1.82 65.84
070230xx97xxxx 膝関節症(変形性を含む。) その他の手術あり 53 7.21 8.38 0 66.62
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 52 2.65 2.79 0 73.44
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等2なし 43 18.81 21.39 0 69.3
整形外科では主に、骨、関節、筋肉、腱等の運動器や脊髄、末梢神経等の神経系統の外傷や傷害、慢性疾患等を対象としています。
最も多い症例は、股関節骨頭壊死で、主に人工関節置換術を行っています。
次に変形性膝関節症が多く、骨穿孔術、高位脛骨々切り術、人工関節置換術を主に行っています。
骨切り術・人工関節置換術では低侵襲手術法にコンピューターナビゲーションシステムを組み合わせより安全で正確な手術が可能と
なっています。
次に脊柱管狭窄症が多く、ミエログラフィーという脊髄空の形状・交通性を診断するための検査目的の入院や低侵襲な脊椎固定術、
椎弓切除術、椎弓形成術(前方椎体固定等)による治療目的の入院が主となっています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070520xx97xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術あり 91 8.78 9.5 0 56.29
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 17 9.82 12.51 0 57.71
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 17 4.71 3.15 0 71.06
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし - - 10.59 - -
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし - - 4.86 - -
形成外科では主に、顔面、四肢、体幹における形態異常を対象疾患としています。
対象疾患は多岐に渡りますが、様々な診療科と連携し高度な技術を駆使して患者さんのQOL(Quality Of Life:生活の質)向上を
目指します。
最も多い症例は、リンパ管浮腫に対して手術を行った症例です。
次に多い症例は、膿皮症に対する治療と眼瞼下垂に対する手術でした。膿皮症は、蜂巣炎や膿瘍の疾患が大半を占めていました。
(患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)となっています。)
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 35 20.91 21.16 0 45.86
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 4.81 7.28 0 42.77
010010xx99000x 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 29 9.66 11.45 6.9 45.17
010010xx9905xx 脳腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等25あり 27 9.04 14.79 0 52.04
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 頸部 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方椎体固定等 手術・処置等1なし 26 14.77 20.71 0 61.08
脳神経外科では、脳のみならず脊髄、末梢神経にいたるまですべての神経外科的疾患を治療対象とし、最先端機器と技術を駆使した
診療を行っています。
最も多い入院症例は、脳腫瘍に対する頭蓋内腫瘍摘出術を行った症例です。
頭蓋底外科に精通した専門医が外科的治療を行っています。
第2位のてんかんの症例では精神科、神経内科、小児科との連携により、すべてのてんかんに対応する診療体制をとっています。
悪性脳腫瘍に対しては術前にCTやMRI等の画像検査やPET検査による評価を行い、術後は病理診断、遺伝子診断の結果に基づいて
化学療法、放射線療法を行っています。
脊椎疾患に対しては筋骨構造を温存した患者さんに優しい手術を行っています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む。) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 副傷病なし 15 22.53 24 6.67 55.33
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 副傷病なし 12 24.67 28.37 25 63.83
050163xx9910xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 10 7.3 4.52 0 75.1
050163xx01x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 手術・処置等21あり 副傷病なし - - 28.31 - -
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし - - 12.01 - -
心臓血管外科では、狭心症、心筋梗塞などの虚血性心疾患、心臓弁膜症、大動脈疾患(胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤など)等の
『成人心臓病』に対する外科治療を行っています。
当科で患者数が最も多い入院症例の第1位は、弁膜症に対する弁置換術や弁形成術です。
僧帽弁病変と三尖弁病変に対しては原則として弁形成術を第一選択としており(第二選択は弁置換手術)、大動脈病変に対しては
原則として人工弁置換術が選択されます。
また人工弁には生体弁と機械弁の二種類がありますが病変の程度や病因、患者さんのご希望を総合的に考慮して選択します。
第2位は解離性大動脈瘤に対する人工血管による置換手術です。
解離性大動脈瘤は突然発症することが多く、この疾患に対する緊急手術にも積極的に対応しています。
第3位は胸部大動脈瘤・腹部大動脈瘤などの非破裂性大動脈瘤に対する心臓カテーテル検査です。
(患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)となっています。)
心臓・小児循環器
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
14031xx09910xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 35 4.43 4.24 0 11.43
150070x0xx1xxx 川崎病(2歳以上) 手術・処置等1あり 15 3.4 4.12 0 8.13
14031xx004x0xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳以上) 経皮的肺動脈形成術等 手術・処置等2なし 13 5.92 5.25 0 5.31
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 7.5 7.54 0 16.08
14031xx101x1xx 先天性心疾患(動脈管開存症、心房中隔欠損症を除く。)(1歳未満) 大血管転位症手術 大血管血流転換術(ジャテーン手術)等 手術・処置等2あり 10 54 61.44 10 0
心臓小児循環器では、『小児心臓病』(先天性心疾患(含成人先天性心疾患)、小児不整脈、心筋症、川崎病、
原発性肺高血圧症など)に対する診断、内科的・外科的治療を行っています。
当科で患者数が最も多い入院症例の第1位は、先天性心疾患全般に対する心臓カテーテル検査です。
第2位は川崎病に対する心臓カテーテル検査です。
第3位は先天性心疾患に対する動脈管のコイル塞栓術、カテーテルによるバルーン形成術です。
第4位は頻脈性不整脈に対する薬剤コントロールなどでの入院です。
第5位は先天性心疾患に対する外科的手術です。心室中隔欠損や、ファロー四徴症、大血管転位症、総肺動脈還流異常症などの
新生児期に根治手術を行う疾患が増えています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x50x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等25あり 副傷病なし 85 5.53 4.82 0 54.52
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 75 5.56 6.16 0 44.32
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 62 5.45 4.85 0 60.19
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 58 5.59 6.28 0 43.03
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2なし 57 2.11 3.2 0 42.46
産婦人科全般に渡り総合的な診療体制をおいております。
専門診療領域のエキスパートをそろえ、患者さんとともに理解しあい、ともに歩み、進める医療をめざしています。
専門外来、婦人科腫瘍・がんの治療では病状の正確な告知を行い、十分な理解のもとに医療サイドと共に協力した治療を行う方針と
しています。
精神科的カウンセリング、緩和医療、他科との連携、治験、臨床試験等、幅広い治療選択肢を提示していきます。
女性健康外来では、小児・思春期、中高年期の健康障害・症状に対しての総合的診療、生活習慣病(更年期)予防等を
行っています。
周産期・産科では、正常分娩はもちろん、麻酔分娩、産科救急や合併症のある方についても対応します。
遺伝子診療科では、専門資格のある遺伝相談カウンセラー医師が応じています。
最も多い入院症例は、子宮頸・体部の悪性腫瘍に対し抗がん剤を使った薬物治療を行った症例です。
2番目に多い症例は、子宮頸・体部の良性疾患に対する手術目的の入院です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 313 3.71 2.84 0 71.38
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり片眼 114 8.61 8 0 67.32
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 100 12.46 9.75 0 55
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 56 9.21 7.05 0 66.93
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼 35 8.29 6.16 0 68.54
眼科では、疾患別の専門外来があり各分野の専門医師が診断と治療を行っています。全疾患共通で術後に安静を要する為、
入院期間が全国平均より比較的長くなる傾向にあります。
最も多い症例は、白内障や水晶体、眼内レンズの疾患に対して手術を行った症例です。
次に多い症例は、緑内障に対して手術を行った症例です。
3番目に多い疾患は網膜剥離に対して手術を行った症例です。網膜剥離は緊急入院で手術を行う事が多く、
ほかに増殖性糖尿病性網膜症などの手術にも対応しています。
4番目に多い症例は黄班後極変性に対して手術を行った症例。
5番目に多い症例は硝子体出血や硝子体混濁等の硝子体疾患に対する手術症例でした。
治療後は、病診連携に基づき、患者さんは原則として紹介元の病院で診察を受けて頂いてます。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
03001xxx01000x 頭頸部悪性腫瘍 頸部悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 71 17.51 13.57 1.41 69.83
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 48 7.04 7.37 0 53.96
03001xxx99x3xx 頭頸部悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 42 45.64 36.03 2.38 67.48
03001xxx97x00x 頭頸部悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 41 10.76 10.07 0 71.88
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 35 7.43 7.04 0 58.03
耳鼻咽喉科は、頭蓋部の悪性腫瘍、良性腫瘍、慢性副鼻腔炎、アレルギー性鼻炎等、疾患別に専門外来をおき診断、
治療を行います。
第1位、3位、4位は頭頚部悪性腫瘍の症例となっており、手術、放射線治療、化学療法を用いて集学的治療により
生活の質(QOL)を損なわない機能温存治療に力を入れています。
慢性副鼻腔炎は、まず保存的治療を開始し、重症な場合は手術(内視鏡下副鼻腔手術)を行いナビゲーションシステムを用いて
合併症の予防に努めています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 38 11.5 16.98 2.63 68.82
010155xxxxx00x 運動ニューロン疾患等 手術・処置等2なし 副傷病なし 28 11.96 13.66 0 70.39
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 26 22.27 20.92 23.08 73.58
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 19 16.21 19.73 15.79 75.95
010090xxxxx00x 多発性硬化症 手術・処置等2なし 副傷病なし 17 11.24 14.49 0 38.12
※2019年2月に「脳神経内科」へ名称を変更いたしました。
脳神経内科では、脳(パーキンソン病、脊髄小脳変性症、多系統萎縮症など)、脊髄(筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症など)、
末梢神経(ギランバレー症候群、各種の多発神経炎など)、筋肉(筋炎、筋ジストロフィー症など)、
全身臓器の病気に伴う脳、神経、筋の障害など幅広い領域の患者さんを診療しています。
また神経難病と呼ばれ、一般的に診断や治療が難しい病気も診断、治療を行っています。
第1位「基底核等変性疾患」と第4位「パーキンソン病」の症例では、ラジオアイソトープのひとつであるSPECT(スペクト)検査も診断に
活用しています。
脳卒中科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 17 12.12 16.16 0 72.47
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 12 12.25 16.18 16.67 65.17
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 10 16.4 18.72 30 73.1
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし - - 5.1 - -
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし - - 7.28 - -
脳卒中科は、脳梗塞、脳出血、脳静脈洞血栓症などの脳の血管病変疾患すべてを診断、治療しています。
急性期はもちろん慢性期での手術適応の評価、検査・診断・治療を統合した診療を神経内科、脳神経外科と協力して行っています。
症例数の第1位、2位ともに脳梗塞です。発症してから24時間以内に治療を開始すると効果がある薬剤治療(エダラボン投与)や
早期にリハビリテーション治療を開始し早期回復を目指しています。
(患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)となっています。)
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 35 8.03 8.16 0 69.26
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1なし 34 10.44 12.51 5.88 60.59
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 33 7.85 8.98 0 67.06
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 20 3.85 4.05 0 54.9
080005xx01x0xx 黒色腫 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 18 9.28 13.72 0 62.17
皮膚科では、免疫・アレルギーを専門とするスタッフが多く患者さんに合わせた専門的な治療を積極的に行っています。
入院症例では黒色腫の切除術や皮膚の良性・悪性腫瘍(黒色腫・黒色腫以外)の切除術が多くなっています。
次は膿皮症(蜂窩織炎)です。蜂窩織炎は皮膚の深い層から皮下脂肪(ひかしぼう)組織にかけて急速に水平に広がる感染症です。
もっともよくできる部位は下肢ですが、他の部位にもできます。
次に帯状疱疹となります。帯状疱疹は水痘帯状疱疹ウイルスに対する免疫力が低下すると、帯状疱疹を発症しやすくなります。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 183 3.03 2.53 0 69.46
110080xx01xxxx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等 125 10.51 12.63 0 67.67
11001xxx01x0xx 腎腫瘍 腎(尿管)悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 123 10.2 11.5 0 63.57
110080xx9907xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等27あり 115 3.3 4.18 0 70.66
110070xx02020x 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 62 6.68 7.4 0 74.15
腎臓・尿管・膀胱・尿道といった尿路全般と男性生殖器系の前立腺・精巣に加え、内分泌臓器である副腎に発生した様々な疾患を
幅広く診療しています。悪性腫瘍を中心に、治療はひとりひとりの患者さんの状態と要望に応じて提供しています。
最も多い症例は前立腺悪性腫瘍の検査目的入院です。
第2位と第4位の前立腺癌の症例では、ロボット手術(ダ・ヴィンチ)、小線源密封療法(ブラキセラピー)を積極的に行っています。
第3位の腎癌に対してはロボット手術による低侵襲な手術を行っています。
第5位の膀胱癌に対しては、体にやさしい腹腔鏡手術による全摘術を導入しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 100 21 24 35 119 52 1 7,8
大腸癌 38 31 74 44 124 48 1 7,8
乳癌 52 25 2 3 19 17 1 7,8
肺癌 33 6 42 69 64 36 1 7,8
肝癌 6 8 19 5 211 92 1 7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
がんの進行度を判定する基準として国際対がん連合(UICC)が定めたのがんの病期分類です。
原発がんの大きさ、広がり、深さをT、原発がんの所属リンパ節転移の状況をN、他の臓器への遠隔転移状況をMとして、区分し、
それらを総合して病期(ステージ)を判定しています。
「初発」とは、自院で、当該腫瘍の診断、診断と初回治療、あるいは初回治療を実施した場合を指します。
「再発」とは、自院・他院を問わずに初回治療が完了した後、自院にて患者を診療した場合や、治療がん寛解後に、
局所再発・再燃又は新たな遠隔転移をきたした場合を指します。
当院には部位やstageに関わらず、まんべんなく患者さんがいます。
乳癌においてはstageⅠ~Ⅱの患者さんが中心となっています。
また、肝癌は治療後に再発することが多い疾患です。
当院の患者さんも肝癌初発治療後の再発として治療される割合が多いことがわかります。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 18 12.17 55.22
中等症 46 13.87 73.74
重症 5 16.00 83.80
超重症 1 9.00 80.00
不明 0 0.00 0.00
成人の市中肺炎(普段の社会生活の中でかかる肺炎)の患者さんの人数を成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)
による重症度分類を用いて重症度別に集計しています。
当院の重症度は「軽症」、「中等症」と合わせて全体の約9割を占めています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 76 15.37 70.67 19.54
その他 11 30.45 74.45 6.90
当院に脳梗塞で入院した患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率をそれぞれ示し、さらに発症日を「3日以内」、「その他」に分けて
集計しています。
当院は、発症から3日以内の急性期脳梗塞が約8割を占めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
血液・リウマチ・感染内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9212ロ 造血幹細胞採取(末梢血幹細胞採取)(自家移植の場合) 16 17.38 2.13 0 54.75
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) - 12.13 17.5 0 67.75
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - 7.25 96.75 50 55.25
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - 7 29 33.33 61.33
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - 0 60 0 74.5
血液・リウマチ感染症内科で最も多い手術は、血液のがんの治療のひとつである『造血幹細胞移植術』です。
当院は、無菌室(中央無菌室・病棟無菌室)を完備しており積極的に行うことで、多くの方の社会復帰を目指しています。
(患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)となっています。)
腎臓・高血圧内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 43 8.14 7.95 6.98 71.14
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 14 2.64 3.07 0 72.64
K635-3 連続携行式腹膜灌流用カテーテル腹腔内留置術 10 6.5 13 0 65
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 - 0.5 1 0 74.75
K607-3 上腕動脈表在化法 - 8.75 13 0 72.75
透析導入のため内シャント造設術、内シャント血管拡張術、透析関連の手術、治療です。
(患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)となっています。)
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 303 0.42 1.05 0 69.66
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 155 1.3 5.39 0 73.99
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 141 2.33 7.24 2.84 72.12
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 128 1.23 3.63 0 71.34
K697-32ロ 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cmを超えるもの)(その他のもの) 73 2.25 5.11 1.37 72.45
消化器科では、拡大内視鏡によるポリープの適切な診断・治療を行っています。
また、大腸や胃・十二指腸の早期がんに対する治療として内視鏡的粘膜切除術を行っています。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 146 2.29 3.51 0.68 65.34
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 102 2.08 4.1 0 72.06
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 70 2.26 3.96 4.29 74.09
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 45 2 3.11 0 52.16
K570-3 経皮的肺動脈形成術 35 8.46 4.86 5.71 61.29
循環器内科では心室頻拍、心房粗動、発作性上室性頻拍、心房細動などの頻脈性不整脈に対する
経皮的カテーテル心筋焼灼術(カテーテルアブレーション)が1位、4位となっております。
カテーテルアブレーション治療では、足の付け根などの太い血管からカテーテルを挿入し、心臓の中にある疾患部位を小さく高周波電波で
焼き切ります。
開胸を要さないため、体への負担が少ないことも特徴です。カテーテルアブレーションは年間100症例を超えて実施しております。
2位は狭心症などの虚血性心疾患に対して行われる経皮的冠動脈ステント留置術(PCI)です。
PCIとはカテーテルを手首や足の付け根の動脈からカテーテルを挿入し風船(バルーンカテーテル)を病変部まで持ち込み、
病変部を血管内から拡張(風船治療)します。
3位は閉塞性動脈硬化症などの末梢動脈疾患に対する四肢の血管拡張術・血管塞栓術(PTA)です。
5位は肺高血圧症に対する経皮的肺動脈形成術(BPA)です。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度) 18 0 43.89 11.11 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度) - 0 47.57 14.29 0
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - 48.75 83.75 25 11
K6261 リンパ節摘出術(長径3cm未満) - 1 4 0 8
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - 7 7 100 2
小児科で多く行った手術は、『新生児仮死蘇生術』です。
仮死状態で出生した児対し、迅速的に蘇生術を行い術後もNICUで厳重な管理を行っています。
(患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)となっています。)
一般外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 29 3.69 7.55 0 71.34
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 26 2.23 11.46 0 67.31
K6335 鼠径ヘルニア手術 24 1.92 1.63 0 73.5
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 24 2 8 0 64.33
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 23 2.17 4.65 0 65.04
一般外科では、腹腔鏡下手術や胸腔鏡下手術を行っています。
腹腔鏡下手術は結腸や直腸などの大腸癌や胃癌に施行され、胸腔鏡下手術は肺癌や食道癌に施行されます。
また、ロボット支援(daVinci)による手術も施行されています。
腹腔鏡下手術や胸腔鏡下手術は開胸手術に比べて入院期間短縮、早期社会復帰という大きなメリットがあります。
消化器・肝移植外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 109 2.92 8.04 0.92 66.69
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 36 4.58 10.89 0 71.53
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他のもの) 25 3.2 7.96 0 66.16
K636-3 腹腔鏡下試験開腹術 23 2.52 3.52 0 65.13
K7032 膵頭部腫瘍切除術(リンパ節・神経叢郭清等を伴う腫瘍切除術の場合又は十二指腸温存膵頭切除術の場合) 22 4.23 25 9.09 65.09
症例数に比例し、「胆道疾患に対する内視鏡的治療」が最も多く、その他、消化器系の悪性腫瘍に対する外科的手術を実施しています。
臨床腫瘍科・乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 40 1.18 5.88 2.5 62.28
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 25 2.64 10.36 12 66.8
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 23 1.43 3.83 0 62.43
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 16 5.25 15.5 6.25 71.38
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 15 2.07 5.13 0 73.2
臨床腫瘍科・乳腺外科は主に抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置・内視鏡的胆道ステント留置術を行っています。
抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテルとはCVポートとも呼ばれ、化学療法の際に体外からCVポートを通して
抗がん剤を投与します。
血管に治療針を指さずに低侵襲で行うことができます。長期にわたる治療となるため多く行われる手術となっています。
内視鏡的胆道ステント留置術は、胆のう癌や膵臓癌で起こる、ステントの閉塞による閉塞性黄疸対する治療の際に行います。
乳腺外科の手術は主に乳房部分切除術(腋窩部郭清をおこなわないもの)、乳房切除術(腋窩部郭清をおこなわないもの)を
行っています。
乳房部分切除術とは、乳房温存手術であり、可能な症例であれば乳房温存手術やセンチネルリンパ節生検といった縮小手術を行い、
患者さんへの侵襲や合併症を少なくし、温存した乳房には放射線科と連携して放射線治療を行うことにより再発を予防します。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 146 2.07 14.04 1.37 65.51
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 54 1.96 3.46 0 67.43
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 51 2.76 21.78 5.88 67.65
K0542 骨切り術(前腕,下腿) 40 2.93 22.08 2.5 67.23
K0541 骨切り術(肩甲骨,上腕,大腿) 34 2.47 19.68 0 64.12
最も多いのは変形性の膝関節症、股関節症、大腿骨頭壊死症などに対する、人工関節置換術です。
悪くなった関節の表面を取り除いて、人工関節に置き換える手術です。
比較的高齢者または重度の変形がある症例に対しナビゲーションシステムを導入し、手術の精度をあげ、早期の機能回復を目指します。
次に多いのは骨内異物で骨固定材料による手術を行った症例に対して、骨固定材料を除去する手術です。
その他、脊椎固定術、骨切り術が上位にあがっています。
脊椎固定術は骨折、脊髄損傷、脊椎すべり症や椎間板ヘルニアなどで行われています。
高位脛骨々切り術は関節を温存できる手術法で、近年多く行われているOpening Wedge高位脛骨々切り術、
重度の変形にはClosed Wedge高位脛骨々切り術を行っています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K628 リンパ管吻合術 89 1.16 6.31 0 56.69
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 12 1 2.58 0 72.17
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) - 1 7.38 0 53
K0152 皮弁作成術、移動術、切断術、遷延皮弁術(25〜100cm2未満) - 6.67 10.83 0 63.33
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - 1 1.83 0 32.17
形成外科では、スーパーマイクロサージェリー技術という、国内ではまだわずかな施設でしか行っていない技術を駆使した手術を行っています。
重症例では手術の効果が少ない場合もありますが、患肢の周径で10cm以上の浮腫が減少する事もあります。
最も多い手術は、リンパ管吻合術で、リンパ管浮腫に対して施行する手術です。
次に多いのは、眼瞼下垂症に対して施行する手術です。
近年増加している老人性眼瞼下垂に対して手術を行い、術後は視野の拡大や瞼の重み、肩こりなどが改善します。
(患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)となっています。)
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 73 4.64 28.18 1.37 52.18
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 35 1.77 11.34 0 65.8
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 19 3.63 10.05 5.26 68.42
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 12 1.75 21.83 0 65.25
K151-2 広範囲頭蓋底腫瘍切除・再建術 12 10.67 15.92 0 45.08
脳神経外科では、頭蓋内腫瘍摘出術はもっとも件数の多い手術となっています。一般病院では手術困難とされる頭蓋底腫瘍の患者さんも
多数紹介され、頭蓋底外科に精通した専門医が外科的治療を行っています。
脊椎疾患の手術治療には顕微鏡・拡大鏡を用いた技術を全面的に用いています。症例が多く特に困難とされる脊髄髄内腫瘍の手術も
行っております。
未破裂脳動脈瘤の治療が必要な場合は開頭手術と血管内手術の両方について患者さんに説明し、最適な治療方針を決定しています。
破裂動脈瘤によるくも膜下出血に対しては急性期治療を積極的に行っています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5551 弁置換術(1弁) 14 3 17.21 21.43 63.14
K5612ロ ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(腹部大動脈) - 3.89 14.67 0 76.33
K5603ニ 大動脈瘤切除術(上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術)(その他のもの) - 8.57 93.29 14.29 68
K5603イ 大動脈瘤切除術(上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術)(大動脈弁置換術又は形成術を伴うもの) - 1.67 45.17 16.67 65.5
K5612イ ステントグラフト内挿術(1以外の場合)(胸部大動脈) - 9.8 23.8 0 71.2
心臓血管外科で最も多い手術は弁膜症に対する弁置換術です。
僧帽弁病変と三尖弁病変に対しては原則として弁形成術を第一選択としており(第二選択は人工弁置換術となります)、
大動脈弁病変に対しては原則として人工弁置換術が選択されます。また人工弁には生体弁と機械弁の二種類がありますが病変の程度や
病因、患者さんのご希望を総合的に考慮して選択します。
(患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)となっています。)
心臓・小児循環器
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K570-3 経皮的肺動脈形成術 15 4.87 3.4 0 4.07
K5761 心室中隔欠損閉鎖術(単独) 13 4.23 14.54 0 0.15
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) - 1.17 2 0 10.33
K563 肺動脈絞扼術 - 8.67 24.5 0 0
K5621 動脈管開存症手術(経皮的動脈管開存閉鎖術) - 3 2 0 7.83
手術は、心臓麻酔を専門とする麻酔科医との緊密な連携のもと、心臓外科手術を専門とする心臓血管外科専門医が担当します。
ICU治療が専門の集中治療部医師、NICU治療が専門の新生児科医師との協力体制も緻密に整えられております。
当科で最も多い手術は肺動脈弁狭窄症などに対するカテーテルによる経皮的肺動脈形成術です。
次に多い手術は心室中隔欠損症に対する心室中隔欠損閉鎖術です。
(患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)となっています。)
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 81 1.14 3.7 0 46.52
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 78 1.15 4.45 0 42.99
K867 子宮頸部(腟部)切除術 59 1 0.12 0 42.69
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術,子宮内膜ポリープ切除術 43 1.14 0.23 0 48.77
K889 子宮附属器悪性腫瘍手術(両側) 40 3.13 10.6 0 58.05
産婦人科では、低襲撃手術を目指して腹腔鏡、ロボット支援手術(ダビンチ)に取り組んでおり、子宮頸がんに対する
ロボット支援下広汎子宮全摘術は先進医療として行っています。
最も多い手術は、良性子宮疾患に対する腹腔鏡による子宮全摘術です。
次に多い手術は、良性卵巣疾患に対する腹腔鏡による子宮附属器摘出術になっています。
子宮頸部異形成に対して一泊二日で行う、子宮頸部を円錐状に切り取る子宮頸部(腟部)切除術も多くなっています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 288 1.43 1.07 0.35 71.68
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含む) 182 2 7.58 0 65.28
K2683 緑内障手術(濾過手術) 72 2.22 6.19 0 67.75
K281 増殖性硝子体網膜症手術 55 2.96 10.02 0 57.55
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他) 35 2.11 4.89 0 67.03
眼科では、専門外来クリニック(網膜硝子体、眼腫瘍、白内障、角膜、神経網膜、緑内障、小児眼科、ぶどう膜炎、黄班円孔)を
行っています。
最も多い手術は白内障に対して施行する手術です。
2番目と4番目、5番目に多い手術は、網膜剥離や黄班円孔、網膜静脈閉塞症、硝子体出血、眼内炎に対して施行する手術です。
3番目に多い手術が、緑内障に対して施行する手術です。
外来や手術室には新しい機器を積極的に導入し、診断と治療の精度向上に努めています。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 31 1 5.97 0 33.19
K4691 頸部郭清術(片) 20 1.75 10.65 0 68.1
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) 20 1.1 2.7 0 59.4
K374 咽頭悪性腫瘍手術 20 1.35 23.35 0 74.8
K3191 鼓室形成手術(耳小骨温存術) 20 1.95 4.9 0 49.95
手術件数も、症例件数と比例し、頭頚部の悪性腫瘍、良性腫瘍に施行する手術、慢性中耳炎に施行する手術が
トップ5に入っています。
神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 21 11.38 11.71 4.76 67.62
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) - 9.33 30 0 62.67
K403-23 嚥下機能手術(喉頭気管分離術) - 15.5 44 50 64.5
K386 気管切開術 - 1 15 0 62
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - 8 8 0 77
第1位は、脳、神経系の原疾患のために難治性の嚥下障害に対して施行することのある胃瘻造設術です。
(患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)となっています。)
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 42 0.98 4.33 0 69.86
K013-22 全層植皮術(25cm2以上100cm2未満) 10 5.7 8.5 0 59.5
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上12cm未満) 10 1 3 0 54.9
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) - 0.83 2.67 0 58.67
K0071 皮膚悪性腫瘍切除術(広汎切除) - 1.83 9.5 0 65.17
皮膚科では皮膚の良性・悪性の腫瘍を切除をうける患者さんが多くなっています。
(患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)となっています。)
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 124 1.01 8.55 0 67.67
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 119 1.13 4.66 0 73.55
K773-5 腹腔鏡下腎悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いる) 97 1.23 8.18 0 63.54
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 31 1.61 10.06 0 68.42
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 15 0.73 4.8 0 69.27
泌尿器科では、前立腺癌に対してロボット手術(ダ・ヴィンチ)が一番多くなっています。
膀胱癌にロボット手術による膀胱全摘術を導入し、より一層体に優しい手術を行っております。
腎癌に対してはロボット手術による温存手術や腹腔鏡による低侵襲な手術を行っております。
また、進行性の症例に対しても手術を行っています。
尿管ステント留置術についても積極的に行い、治療にあたっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 3 0.02
異なる 5 0.04
180010 敗血症 同一 17 0.12
異なる 26 0.18
180035 その他の真菌感染症 同一 3 0.02
異なる 2 0.01
180040 手術・処置等の合併症 同一 74 0.52
異なる 4 0.03
播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌症、手術・処置等の合併症について、入院のきっかけとなった病名の同一性の有無を区別し症例数と発症率を示したものになります。
更新履歴
2019年9月27日
平成30年度 公立大学法人 横浜市立大学附属病院 病院指標を公開しました。