EXTENSION COURSEエクステンション講座
search

中止 ➀緑内障:健診で緑内障疑いと指摘されたら ②ぶどう膜炎:ぶどう膜炎患者の10人に1人はサルコイドーシス?!

この講座は受付終了しました。

【中止のご連絡】
新型コロナウィルスの感染拡大を防止するため、今回、本学実施予定の医療講座を中止させていただくこととなりました。
お申込みいただいた皆様にはご迷惑をお掛けしますことを深くお詫び申し上げます。皆様のご理解をよろしくお願いします。


①緑内障の有病率は、40歳以上の20人に1人と言われています。緑内障とはどのような病気なのか。実際に、健診で緑内障疑いと指摘されたらどうすれば良いのか。緑内障の診断や治療の流れについてご紹介します。

②サルコイドーシスは全身臓器に肉芽腫をつくる慢性炎症性疾患です。患者さんの半数から7割以上がぶどう膜炎を発症し、眼科受診がきっかけでサルコイドーシスの診断がつく場合が多いといわれています。サルコイドーシスとはどのような病気なのか、その診断や治療についてご紹介します。

日時 2020年2月25日
火曜日  14:00〜16:00
会場 横浜情報文化センター6階ホール
横浜市中区日本大通11

JR・市営地下鉄「関内」駅 徒歩10分
みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口
バス「日本大通り 県庁前」下車 徒歩1分
講師 ➀横浜市立大学附属病院 眼科 緑内障担当医師
②横浜市立大学附属病院 眼科 臨床准教授 石原麻美
受講対象 一般 230人