EXTENSION COURSEエクステンション講座
search

①川崎病の今~診断・治療・管理について~ / ②こどもの糖尿病~特に1型糖尿病について~

この講座は開催終了しました。

①川崎病は小児に好発する急性全身血管炎です。無治療の川崎病患者は約25%に冠動脈瘤などの心後遺症を残すとされますが、1980年代に標準治療として免疫グロブリン療法が導入され、心後遺症は著明に減少しました。しかしながら、約15~20%の患者が同治療に不応であり、新たな治療開発が喫緊の課題でした。近年、血漿交換療法、インフリキシマブなどが治療に導入され、予後改善に大きく貢献しています。本講演では、川崎病の診断・治療・管理についてお話します。

②1型糖尿病は生活習慣とは関係なく突然発症します。小児に比較的好発し、発症時に迅速な対応が必要とされるにも関わらず、糖尿病と気づかれにくいことも多いです。様々な症例をもとにどのような場合、糖尿病を想起すべきかを考えてみたいと思います。

日時 2019年7月20日
土曜日  14:00〜16:00
受付開始 13:30
会場 横浜市立大学 八景キャンパス YCUスクエア Y204

横浜市金沢区瀬戸22-2
京浜急行 金沢八景駅から徒歩5分
シーサイドライン 金沢八景駅から徒歩7分
講師 ①横浜市立大学医学部小児科学教授 伊藤 秀一
②横浜市立大学附属市民総合医療センター 小児総合医療センター講師    志賀 健太郎
受講対象 一般 230人
 6月11日より受付開始

会場 横浜市立大学 八景キャンパス YCUスクエア Y204

エクステンション講座についてのお問い合わせはこちら

tel045‐787‐8930(受付時間:平日 9:30~16:30)

mailexten@yokohama-cu.ac.jp