EXTENSION COURSEエクステンション講座
search

平成文学が拓く令和新時代

この講座は受付終了しました。

平成が終わりました。「大工場での大量生産」を基盤に置いた社会システムの限界が、はっきり見えてきた時代でした。終身雇用・核家族・国民国家etc・・・・・・戦後日本がよりどころとしてきた諸制度は、今では存続の危機に瀕しています。それでは私たちは、どのような「共生のための仕組み」をこれから構築していけばいいのでしょうか? 
答えを出すのは無論、容易ではありません。本講座では、それを探る手がかりを、同時代の小説に求めていきます。
虚構作品は、現状のある側面を抽出し、「典型」を作りあげます。それらを分析することは時として、現実そのものを注視する以上に、「問題の今」を浮かびあがらせます。ならば、平成時代に書かれた小説作品を読み解くことを通して、私たちが直面する困難の本質に迫りうるのではないか。そうした前提の下、日本の「これから」を考える道筋を、僅かなりとも拓くことに挑んでいきます。

※割賦販売法が改正され、加盟店のセキュリティ強化が義務付けられました。これに伴い、本学もシステム改修を行うため、クレジットカードによる支払を一時休止しています。皆様には改修が終了するまでの間、コンビニ払込取扱票による支払をお願いします。ご迷惑をおかけすることになり、大変申し訳ございません。ご理解、ご協力くださいますよう、よろしくお願いします。

日時 2019年10月19日〜2019年12月21日
土曜日  14:00〜16:00(全3回)
会場 横浜市立大学 金沢八景キャンパス
講師 助川 幸逸郎(横浜市立大学非常勤講師)
受講対象 高校生 学生 一般
受講料 全3回 6,600円
※本学卒業生は割引になりますので、お申し出ください。

エクステンション講座についてのお問い合わせはこちら

tel045-787-8930(受付時間:平日 9:30~16:30)

mailexten@yokohama-cu.ac.jp