EXTENSION COURSEエクステンション講座
search

ナチズムの歴史と記憶を考える

この講座は受付終了しました。

1933年、ドイツではヒトラー率いるナチスが政権を獲得し、瞬く間に史上まれに見る残虐な体制を築き、終焉を迎えた1945年までにテロル、戦争、そしてユダヤ人大量虐殺を引き起こしました。
本講座では、なぜこのような体制が成立し、未曽有の戦争と虐殺をもたらすことになったのかを検討します。さらに、戦後のドイツはその過去とどのように向き合ってきたか、現在のドイツはどう向き合っているかを検証し、過去の出来事の「記憶」について考える手がかりとしたいと思います。
※過去に開催した講座と、ほぼ同一の内容です。

※割賦販売法が改正され、加盟店のセキュリティ強化が義務付けられました。これに伴い、本学もシステム改修を行うため、クレジットカードによる支払を一時休止しています。皆様には改修が終了するまでの間、コンビニ払込取扱票による支払をお願いします。ご迷惑をおかけすることになり、大変申し訳ございません。ご理解、ご協力くださいますよう、よろしくお願いします。

日時 2019年9月28日〜2019年12月21日
土曜日  13:00〜15:00(全5回)
※予備日 2月8日(土)13:00~15:00
会場 横浜市立大学 金沢八景キャンパス
講師 山根 徹也(横浜市立大学国際教養学部教授)
永岑 三千輝(横浜市立大学名誉教授)
福永 美和子(大東文化大学専任講師)
速水 淑子(横浜市立大学国際教養学部准教授)
企画監修 山根 徹也(横浜市立大学国際教養学部教授)
受講対象 一般
受講料 全5回 10,900円
※本学卒業生は割引になりますので、お申し出ください。

エクステンション講座についてのお問い合わせはこちら

tel045‐787‐8930(受付時間:平日 9:30~16:30)

mailexten@yokohama-cu.ac.jp