YCU 横浜市立大学
search

データサイエンス学科

データサイエンス学科

Department of Data Science

データサイエンス学科とは

データを読み解くために必要な数理や統計の基礎的な知識をはじめ、社会で不可欠なコミュニケーション力や、イノベーションを起こす発想力、次世代に通用するビジネス力を養成。日々データが生まれ蓄積される今、そこから新たな社会的価値を創造できる人材を育成します。

このような志向を持つ人に最適

  • AI(人工知能)を駆使する、新ジャンルのエンジニアになりたい
  • ビッグデータを櫛して社会の課題を発掘し、解決したい
  • コミュニケーションを大切にしながら、人や社会に貢献したい
  • データの力をベースに、発想力で勝負する経営者になりたい

教育の特色

文理融合

統計学、計算機科学をベースとしたデータサイエンスの専門教育に加え、文系・理系の枠組みを越えた幅広い応用分野が学べる教育カリキュラム。
全学開放科目として、政治、経済、金融、公共、生命科学など、様々な科目を用意。学部に関係なくすべての在学生が履修可能。

現場重視

企業や医療機関でPBL(Project Based Learning、課題解決型学習)を行い、データが発生する「現場」の知識を学びながら、コミュニケーション力や課題発見・解決力を培う演習を豊富に用意。

国際水準の英語力

TOEFL-ITP500相当以上を3年次への進級要件とした英語教育で、世界で活躍するためのコミュニケーションレベルを習得。
 

未来はデータで見えてくる

2018年4月、首都圏初のデータサイエンス学部誕生

詳しく見る

関連ページ

データサイエンスとは

卒業後の進路

データサイエンス学部の3つのポリシー

データサイエンス学部ニュース一覧

データサイエンス学部School of Data Science