• 外来担当表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-261-5656
045-261-5656


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 総合周産期母子医療センター

総合周産期母子医療センター

総合周産期母子医療センター
部長  関 和男

総合周産期母子医療センター
担当部長  青木 茂

診療の特徴・特色

 総合周産期母子医療センターは、お産と生まれた赤ちゃんに関するあらゆるトラブルに対応するための施設です。神奈川県周産期救急医療システムの基幹病院として県内の病院・診療所・助産院で発生する産科救急・新生児救急疾患に24時間体制で、迅速にかつ確実に対応することを主たる目的としています。平成19年6月に神奈川県より「総合周産期母子医療センター」の指定を受けました。センター病院の各診療科と連携し、様々な合併症の妊婦にも対応しています。また地域の需要に応じて一般妊娠・分娩にも対応しています。(但し月間分娩数に制限があります)
 正常分娩については、母乳育児1日24時間母子同室等、母子への優しさを主眼に置いています。平成15年にはユニセフ・WHOより「赤ちゃんにやさしい病院」に大学附属病院として全国で初めて認定を受けています。
 専門外来として、妊娠前相談・遺伝相談外来、不育(習慣流産)外来、産科精査超音波外来等を行っています。

主な対象疾患及び治療実績

・正常妊娠・分娩
・産科的異常のある妊娠・分娩
・他科合併症のある妊娠・分娩
・正常新生児
・低出生体重児、早産児等リスクのある新生児
・産科救急、新生児救急
・年間総分娩数:約1,250例(内約90例は救急搬送)、産科救急:約120例、1,500g未満の未熟児:約50例

専門外来

・ハイリスク妊娠外来(月、新患随時):様々な産科異常や合併症妊娠に対応
・妊娠前・遺伝・出生前相談外来(火・金、予約制):妊娠を前にした方の様々な悩み、不安、遺伝、出生前に関する相談に対応
・不育外来(月午後):流産、死産をくり返してしまう患者さんの検査や治療、カウンセリングを実施
・産科精査超音波外来(月午後、予約制):胎児異常が疑われる場合、超音波による精査を実施
・新生児フォロー外来(火・水・金,予約制):当院NICU卒業児の長期的フォローアップの実施

紹介していただく時の留意事項

 正常妊娠・分娩は予約数に制限があり、妊娠週数によってはお引き受けできない場合があります。定員を超えているかどうかは当センターホームページ(http://www.yokohama-cu.ac.jp/urahp/patient/outpatient/birth.html)を参照してください。定員を超えている場合には、リスクの程度によってはお断りさせていただく場合もありますので、当センターでの管理が必要なハイリスク妊娠は、締め切り 前後にかかわらずあらかじめご連絡ください。
 新生児のご紹介はあらかじめご連絡ください。
 周産期救急は基幹病院として全てに対応いたします。
 詳細は上記ホームページ「患者様のご紹介方法」をご参照ください。

その他

 産科・新生児科がともにひとつの診療科として、一致団結、協力し診療を行っています。

ページトップへ