• 外来担当表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-261-5656
045-261-5656


{

HOME  > 診療科・部門案内  > 歯科・口腔外科・矯正歯科

歯科・口腔外科・矯正歯科

診療の特徴・特色

 当科は顎顔面口腔領域の腫瘍、外傷、感染症、インプラント治療などに対し、高度で専門的な医療を提供しています。最も大きな特徴は、大学医学部の関連の附属病院、公立病院としては全国的にもまれな矯正専門のスタッフを擁することにより、顎顔面の奇形変形症(下顎前突、上顎前突、顔面非対称など)に対し、口腔外科医と矯正歯科医がチーム医療を行い、噛み合わせや顔貌の改善に取り組み、良好な治療成績を得ています。また地域の矯正歯科専門医とも緊密に連携し、矯正治療はかかりつけ医で受けた患者さんに対しても、顎矯正手術を積極的に受け入れています。手術計画に際しては手術シミュレーション、顔貌予測、実体モデル作製などの先進技術を応用するとともに、クリニカルパスに乗っ取り短期間の入院治療に取り組んでいます。
 唇顎口蓋裂関連の患者さんに対しては形成外科と連携し、出産直後から哺乳指導、術前顎誘導を行い、一次手術終了後から成人に至るまで一貫した歯列、咬合の管理を行っています。
 インプラント治療は保険診療の届け出施設で、腫瘍や外傷、先天異常による広範な顎欠損症例に対しては保険での診療を行っています。インプラント埋入手術に際しては最先端の分析ソフトを用いて手術シミュレーションを行い、安全なインプラント治療を行っています。
 舌癌や歯肉癌などの口腔癌に対しては、早期症例では外科的切除を中心に行い、口腔の機能を損なうことなく、短期の入院機関で良好な結果を得ています。進行癌に対しては患者・家族の家族の意向やQOLを尊重し、放射線・化学療法を中心とした治療を行っています。
 睡眠時無呼吸に対しては口腔内装置以外に、顎矯正手術を応用し、舌筋牽引のためのオトガイ形成などの外科的治療も可能です。

主な対象疾患及び治療実績

対象疾患

 下顎や上顎の智歯・埋伏智歯(親知らず)、歯性の感染症、顎顔面口腔領域の悪性腫瘍、良性腫瘍、嚢胞、外傷、顔面顎骨骨折、顎関節症、睡眠時無呼吸、インプラント義歯。

主な治療実績

 上記疾患に対する全身麻酔手術件数年間250-300件。

 骨格的な下顎前突(受け口)、上顎前突(出っ歯)、オトガイ後退、顔面非対称(顎の曲がり)に対する手術症例81件(平成23年)、口腔癌24件、インプラント義歯30件など。

専門外来

 矯正歯科 月、火、木、金
 顎変形症 月、金
 小児歯科 火

紹介していただく時の留意事項

 紹介外来制ですので、紹介状が必要ですが、矯正治療に関しては直接ご相談ください。
 夏季休暇は手術が込み合いますので、余裕をもって早めの予約、来院をお願いします。
 一般の歯科治療(虫歯、歯槽膿漏、入れ歯など)はかかりつけ医でお願いします。

ページトップへ