• 外来担当表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-261-5656
045-261-5656


{

HOME  > 来院される方へ  > 病院から患者さんへ  > 患者さんの権利とお願いについて

患者さんの権利とお願いについて

患者さん、医療者のパートナーシップ

 受診される方と医療者の両者がお互いに協力し合うことが良質な医療につながります。
患者さんの「権利」と「お願い」をご確認ください。
 当院では患者さんと医療者側とのパートナーシップを構築し、より良い医療を目指しております。

患者さんの権利

1 だれもが良質な医療を公平に受けることができます。
  社会的な地位、病気の種類、宗教や国籍などにより差別されません。
2 個人情報、プライバシーが守られます。
  医療に関する個人情報や、患者さんのプライバシーが厳正に保護されます。
3 診療内容や今後の見通しなどを医師から説明を受けることができます。また、セカンド・オピニオンを求めることができます。
  わからないことがあれば質問し、分かりやすい言葉で説明が受けられます。
  また、他の医療機関の医師の意見(セカンド・オピニオン)を求めることができます。
4 自分が受ける医療に参加し、自らの意思で選択できます。
  患者さんの参加のもとに治療計画が立てられます。治療方法の決定には、患者さん自らの意思が尊重されます。

患者さんへのお願い

1 健康状態について、正確な情報を病院にお伝えください。
2 医療行為の確認者になってください。
3 他の方の迷惑になる行為は、厳に慎んでいただくよう、ご配慮お願いいたします。
4 当院の敷地内においては、次のことについて制限・禁止させていただいております。
 ・大声を出すことや暴言、暴力、座り込み、セクハラなどの迷惑行為
 ・許可なく物品の販売、パンフレットなどの配布・掲示、撮影、演説及び寄付などの依頼、勧誘を行うこと
 ・銃器・刃物・火薬・揮発物などの危険物を持ち込むこと
 ・動物を持ち込むこと(身体障害者補助犬を除く)
 ・飲酒・喫煙
 ・その他、病院の秩序を乱すこと
5 当院は「地域医療支援病院」として地域医療機関との連携を密に行い、患者さんの病状により、地域医療機関への転医を積極的に行っております。ご理解・ご協力をお願いします。なお、転院に際しては、原則として救急車を使用できませんので、民間救急サービスのご利用をお願いします。
6 大学病院として、明日の医療を担う人たちの教育や、医療発展のための研究も行っておりますので、ご理解をお願いいたします。
7 当院は、救急現場で医療に携わる救急救命士の教育実習機関となっております。当院の指導者の監督のもと、救急救命士が患者さんと接し、処置(点滴、心電図記録等)などの医療に参加します。一刻を争う救急現場で的確に救急救命処置を行うため、救急救命士の病院実習へのご理解、ご協力をお願いいたします。
8 災害・事故等で救急搬送された場合で、警察等から照会があった時は、必要に応じて回答することがあります。予めご了承ください。
9 電話でのお問い合わせ時は、患者さんの氏名とカルテ番号(診察券や予約票等に記載の8桁の番号)が必要です。確実な本人確認及び個人情報保護の観点からご協力をお願いします。

ページトップへ