平成27年度 公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センター 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 926 453 488 929 1513 1788 3287 3853 1737 145
一般病棟の年齢階級別(10歳刻み)の退院患者数です。年齢は入院時の満年齢です。
当院の入院患者さんは60歳以上の占める割合が全体の59.67%です。
年代別の主な疾患は、40歳代以下では低出生体重児、早産・切迫早産などの周産期に関連する疾患や、子宮・卵巣の良性腫瘍、慢性腎炎、クローン病などであり、60歳以上では肺、胃、肝・肝内胆管、食道、結腸の悪性腫瘍、狭心症、慢性虚血性心疾患など、80歳以上は心不全、肝・肝内胆管の悪性腫瘍、胃の悪性腫瘍などです。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
高度救命救急センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満)手術なし 手術・処置等2なし 27 8.33 12.66 11.11 22.07
180010x0xxx2xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等22あり 24 27.67 36.88 62.50 70.83
180010x0xxx3xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等23あり 24 42.83 40.74 66.67 65.13
高度救命救急センターは、1990年に横浜市救急医療体制における3次救急医療機関として開設され、以降、地域救急医療の「最後の砦」として緊急性の高い患者さんや重症患者さんの救急診療を24時間体制で行っています。平成26年10月から横浜市の重症外傷センターの指定を受け、交通事故などの重症外傷の患者さんを積極的に受け入れ診療しています。このような背景のもと、当センターには救急搬送後に入院となる重症度が高い患者さんが年間約1,000人入院するほか、救急搬送後に心臓血管センターや神経内科などの他診療科へ緊急入院する患者さんの超急性期初期治療に入院科と協力して取り組み、その数は年間約700件にのぼります。
当センターの入院患者さんの疾患で多いのは重症・多部位外傷や敗血症などで、DPCコード別にみると、熱傷(やけど)や敗血症が上位となります。DPCでは交通事故で健康保険が使えない症例は対象外になるなど、DPC別に集計すると高度救命救急センターの疾患構成の特徴の一部が表れにくい傾向があります。
総合周産期母子医療センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2なし 101 23.23 20.87 26.73 33.34
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出生体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 90 4.64 6.17 5.56 0.00
120140xxxxxxxx 流産 64 2.03 2.34 0.00 36.25
総合周産期母子医療センターは、お産と生まれた赤ちゃんに関するあらゆるトラブルに対応するための施設です。神奈川県周産期救急医療システムの基幹病院として県内の病院・診療所・助産院で発生する産科救急・新生児救急疾患に24時間体制で、迅速にかつ確実に対応することを主たる目的としています。平成19年6月に神奈川県から「総合周産期母子医療センター」の指定を受けました。
妊娠37~42週未満で終了する妊娠を正期産というのに対し、妊娠22~37週未満の分娩を早産といいます。患者数第1位の「早産、切迫早産」は早産の危険性が高い状態である切迫早産の症例です。このうち約半数が救急医療入院でした。
患者数第2位の「妊娠期間短縮、低出生体重に関連する障害(出生時体重2500g以上)」とは、出生から28日までの赤ちゃんにみられる新生児黄疸症などの疾患です。多くは当院で出生した赤ちゃんですが、他施設で出生後、当院へ搬送されてきた例も含まれています。
「流産」とは、妊娠22週未満で妊娠を継続できなくなった状態をいいます。
なお、正常分娩は自費診療となるため集計対象外ですが、年間800件以上の件数を取り扱っています。(832件(単胎・平成26年度))
リウマチ膠原病センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2なし 48 18.90 18.15 4.17 52.40
070470xx02x2xx 関節リウマチ 関節形成手術 肩、股、膝+人工骨頭挿入術 肩、股等 手術・処置等22あり 23 26.91 27.49 4.35 69.74
070470xx03x2xx 関節リウマチ 筋肉内異物摘出術等 手術・処置等22あり 19 26.37 24.07 0.00 65.00
自己免疫疾患とは、本来は体内に異物が入ってきたときに自分を守る機能である免疫が、何らかの原因で自分の臓器を傷つけてしまう病気です。リウマチ膠原病センターは、自己免疫が原因となるリウマチ性疾患(関節リウマチ、膠原病等)に対応するためのセンターです。主な対象疾患を関節リウマチと膠原病に絞り、地域と連携しながら診療に取り組んでいます。
全身性エリテマトーデス(SLE)などの全身性臓器障害を伴う自己免疫疾患では、患者さん一人一人の症状を詳細に評価した上で最も適切と考えられる治療を選択しています。特にSLEに伴うル−プス腎炎や全身性硬化症の早期の間質性肺炎には、エンドキサン(免疫抑制剤)のパルス療法を行っています。
患者数第2位、第3位の関節リウマチにおける「手術・処置等22あり」とは、術後リハビリテーション実施症例であることを意味します。
心臓血管センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 208 3.59 3.07 0.00 67.87
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 133 14.77 18.30 7.52 77.30
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 132 3.38 3.22 0.00 66.11
心臓血管センターは、内科と外科で構成されており、内科・外科の枠にとらわれず24時間体制で大学附属病院としての質の高い医療を提供しています。特に、循環器医療の特徴でもある救急医療に力を入れ、急性心筋梗塞をはじめとする虚血性心疾患、心不全、不整脈、高血圧、胸部大動脈瘤、急性大動脈解離等の症例数は多いです。また、大動脈瘤に対するステントグラフト治療にも力を入れています。
「狭心症、慢性虚血性心疾患」には、陳旧性心筋梗塞(発症から30日以上経過した心筋梗塞)、狭心症(心臓を栄養する冠動脈が動脈硬化や血栓形成などの影響で狭くなり血流が悪くなることで心筋が一時的に酸素・栄養不足状態になることで起こる病気)などが含まれます。患者数第1位の「手術・処置等11あり」とは、心臓カテーテル検査の実施症例、患者数第3位の「手術・処置等12」ありは、心臓カテーテル検査に加え、血管内超音波検査を実施している症例です。これらの症例では入院での検査で診断を行い、その後の治療は抗狭心症薬を中心とした薬物治療や狭窄部の拡張手術(カテーテルによる血管内手術)が行われます。
患者数第2位の心不全のうち87%が重篤な状態で救急医療入院でした。
消化器病センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 221 8.29 9.20 0.00 72.41
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)その他の手術あり 手術・処置等2なし 153 7.95 11.98 0.00 72.27
060035xx0100xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 139 11.88 17.41 0.00 68.05
消化器病センターは消化器癌治療を中心に広く消化器疾患全般(上部消化管・下部消化管・肝胆膵)にわたり、消化器内科と外科が一丸となり高度な医療を提供しています。
症例数第1位の「胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃粘膜切除術」とは、主に内視鏡を用いて胃の粘膜のすぐ下の層の深さで粘膜と腫瘍を切り取り回収する技術(ESD)です。開腹手術に比べて患者さんの体への負担が軽いことが特徴です。
症例数第2位の「肝・肝内胆管の悪性腫瘍」に対する手術は、主に血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術)です。これは、肝臓の悪性腫瘍がある領域を流れる動脈にカテーテルを用いて抗がん剤を注入後、塞栓物質で栓をして悪性腫瘍を含む領域の血流をあえて遮断します。抗がん剤の作用と血流遮断により悪性腫瘍を壊死させる療法で、消化器内科医によって実施されます。
症例数第3位の「結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等」では、当院の平均在院日数が全国平均に比べ大幅に短くコントロールされていることが特徴です。
炎症性腸疾患(IBD)センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060180xx99x0xx クローン病等 手術なし 手術・処置等2なし 46 12.11 9.73 0.00 33.39
060180xx01x0xx クローン病等 結腸切除術+人工肛門造設術等 手術・処置等2なし 30 14.63 12.46 0.00 36.67
060185xx99x0xx 潰瘍性大腸炎 手術なし 手術・処置等2なし 26 11.65 12.98 0.00 44.73
炎症性腸疾患(Inflammatory Bowel Disease:IBD)とは、腸の粘膜に炎症や潰瘍を生じる原因不明の慢性疾患で、主に潰瘍性大腸炎、クローン病の2疾患を指します。日本では都市部を中心に患者数が急激に増加し、潰瘍性大腸炎は世界でも米国に次いで日本が2番目に患者数の多い国となりました。さらに神奈川県は、国内で患者数が2番目に多いことから、当院では2007年6月に国内で数の少ないIBD専門診療部門として炎症性腸疾患(IBD)センターを開設しました。一般の病院では治療困難な難治例や、大量出血などの緊急・重症例、小児、妊娠合併例や、複雑な合併症を持つなどの患者さんを、県内外の医療機関からの紹介で多数受け入れ診療に取り組んでいます。
主に潰瘍性大腸炎(当センター入院症例の約42%)、クローン病(当センター入院症例の約48%)と腸管ベーチェット病に対して、内科と外科が連携して治療を行っています。患者さんは平均年齢30歳代と比較的若く、治療法の選択については医学的必要性はもちろんですが、患者さん個々のQOL(クオリティ・オブ・ライフ)や社会背景などのニーズも加味し、相談しながら治療法(内科的治療や手術)を選ぶなどの工夫を行っています。
呼吸器病センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99100x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 184 2.13 3.29 0.00 68.90
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 128 12.27 13.03 1.56 67.09
040040xx9904xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 101 21.87 13.38 0.00 70.72
呼吸器病センターでは呼吸器疾患の幅広い領域で、高度かつ最新の医療を提供すべく、内科と外科が協力して集学的医療を実践しています。特に胸部悪性腫瘍の診療においては、病態や病状を十分に評価した上でより良い治療の選択、そして診断から手術を含む治療までの期間の短縮に努めています。
呼吸器病センターでは入院患者さんの約7割が肺の悪性腫瘍の患者さんで、検査や手術、抗がん剤治療を目的に入院しています。
患者数第1位の「肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし」とは、診断のために気管支鏡などを用いて患部の組織を一部切り取って検査(生検)するための入院です。切り取った検体で病理診断が行われます。
患者数第2位は、肺の悪性腫瘍に対し手術を実施した症例です。実施される手術の約9割が胸腔鏡を用いた手術で、開胸手術に比べ患者さんの体への負担が軽いことが特徴です。
患者数第3位は、肺の悪性腫瘍に対し抗がん剤による薬物治療を実施した症例です。
小児総合医療センター
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1あり 副傷病なし 45 8.02 7.47 0.00 10.44
010310xx99x1xx 脳の障害(その他) 手術なし 手術・処置等2あり 32 9.63 15.04 3.13 9.09
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 32 13.72 23.89 0.00 7.94
小児総合医療センターは、旧来の「小児科」に加え、耳鼻科、泌尿器科、脳外科、形成外科など他診療科の病児も利用可能なセンター機能を有し、当該診療科の専門医と協力し病児をケアする医療システムを目指しています。また、集中治療室や透析室との協力のもと、人工呼吸器管理や血液浄化などの重症救急患の治療も常時おこなっています。
小児総合医療センターの疾患分野は多岐にわたりますが、特に慢性腎不全やネフローゼ症候群などの腎疾患、脳性麻痺やてんかんなどの脳・神経系疾患の患者さんを多く診療しています。
患者数第1位の症例は、腎疾患の診断、治療方針の決定のために、腎臓の組織を一部採取する経皮的腎生検のための入院です。
患者数第2位の症例は、低酸素脳症の患者さんで人工呼吸器を使用した症例です。
患者数第3位のネフローゼ症候群とは、腎臓の糸球体(血液をろ過して尿のもとを作る器官)の不具合が原因で、尿中に大量のたんぱく質が排泄されてしまい、血液中のたんぱく質量が減り、むくみや高脂血症、血液凝固異常を起こす病気です。薬物療養、食事療法を中心に診療します。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 79 8.30 17.69 0.00 66.34
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 76 36.08 43.59 0.00 57.80
130030xx99x30x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 54 6.54 18.19 0.00 61.76
白血病をはじめとする造血器腫瘍(血液のがん)を主に、造血幹細胞移植(同種骨髄移植・自家末梢血幹細胞移植等)を中心とした集学的治療を行っています。神奈川県内のみならず、全国の多くの大学病院やがんセンターと連携し、最先端の医療を担っています。当院は日本血液学会認定研修病院、日本骨髄バンク認定移植・採取病院、日本臍帯血バンクネットワーク認定病院、臨床腫瘍学会認定研修施設です。
血液内科で最も多い入院症例は、非ホジキンリンパ腫です。
DPC病名での急性白血病にある「手術あり」とは、主に輸血を意味します。抗がん剤の作用によって骨髄の血球を作る能力が抑えられ、血液中の正常な血球が減少するのを補うために輸血を行うことがあります。
急性白血病、非ホジキンリンパ腫に対する治療では多種の抗がん剤を併用します。抗がん剤の副作用に対して適切な予防策や治療を行い副作用による苦痛をコントロールしています。
腎臓・高血圧内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 54 13.11 13.64 3.70 70.13
110260xx99x0xx ネフローゼ症候群 手術なし 手術・処置等2なし 22 19.41 23.89 0.00 46.32
110280xx02x10x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等21あり 副傷病なし 21 26.67 33.71 14.29 70.38
原発性の腎疾患に加え、膠原病、代謝疾患など様々な原因による(2次性の)腎症の治療にも取り組んでいます。十分に適応を検討した上で、積極的に腎生検を行い、確定診断をもとにした最適な治療法を提案します。
難治性高血圧症、内分泌性高血圧、腎実質性高血圧、尿細管性アシドーシスやバーター症候群など、さまざまな電解質異常の症例の精査、加療をおこなっています。
腎臓・高血圧内科の入院患者さんで最も多いのは重症度の高い慢性腎不全の入院治療です。患者数第3位の症例は、人工透析導入のために必要な内シャントを造設する手術をおこなった症例です。
患者数第2位のネフローゼ症候群とは、腎臓の糸球体(血液をろ過して尿のもとを作る器官)の不具合が原因で、尿中に大量のたんぱく質が排泄されてしまい、血液中のたんぱく質量が減り、むくみや高脂血症、血液凝固異常などを起こす病気で、主に薬物療法や食事療法がおこなわれます。
内分泌・糖尿病内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xxxxxxxx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 188 14.66 15.35 0.00 60.93
100060xxxxxxxx 1型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 25 13.60 14.30 0.00 46.96
120200xx99xxxx 妊娠中の糖尿病 手術なし 23 9.91 6.01 0.00 34.91
内分泌・糖尿病内科では、糖尿病教育担当看護師、栄養士、臨床検査技師、リハビリテーション部(OT・PT)、歯科衛生士、臨床心理士及糖尿病専門医が連携して診療を行っています。糖尿病教育には特に力をいれています。
高脂血症は種々の遺伝性高脂血症の診断、治療を行っています。その他には、副腎、下垂体、甲状腺、副甲状腺などの内分泌疾患の診療を担当しています。
最も多い疾患は2型糖尿病で、このうち約4分の3の患者さんがなにかしらの糖尿病性合併症を有しています。関連した他科と協力し網膜症、腎症、神経障害、心筋梗塞などの重症合併症を有する患者さんの管理をおこなっています。
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x10x パーキンソン病 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 46 15.70 21.49 2.17 68.63
010170xx99x10x 基底核等の変性疾患 手術なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 31 13.81 18.04 0.00 64.94
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 28 16.36 18.08 28.57 73.32
神経内科では、脳血管障害・認知症・パーキンソン病といった一般的な神経疾患から、いわゆる難病と言われる神経変性疾患や神経救急疾患まで幅広く診療しています。特に当院では脳神経外科との連携が強く、パーキンソン病での脳深部刺激療法(DBS)や脳梗塞での血管内治療を行っている点が特徴です。
神経内科で多い入院症例はパーキンソン病の患者さんに対しSPECT検査を実施した症例です。SPECT検査とは、脳の断面の血流状態を見るためのコンピュータ断層撮影で、脳のどの部位に課題があるかを確認することができます。
患者数第2位の基底核等の変性疾患とは主に脊髄小脳変性症などの神経疾患に対するSPECT検査実施症例です。
患者数第3位は、意識障害の程度の軽い脳梗塞に対し薬物治療を実施した症例で、特に脳保護薬を投与した症例です。
乳腺・甲状腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 78 7.32 6.79 0.00 60.04
10020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2なし 71 8.21 9.55 0.00 55.49
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 手術・処置等2なし 55 9.64 10.37 0.00 63.85
乳腺・甲状腺外科の入院患者さんの疾患で多いものは、乳房の悪性腫瘍、甲状腺の悪性腫瘍です。
乳房の悪性腫瘍に対する手術は、整容性を重視し、薬物、放射線治療と組み合わせて、それぞれの患者さんに最適な個別化された治療を提供することを目指しています。MRIによって正確に場所と広がりを診断し、乳房温存術とセンチネルリンパ節生検を基本としています。乳房切除の必要があれば、形成外科による再建をおすすめしています。一次一期再建手術(がんを取り除くための手術と同時に乳房の再建手術を行うこと)を積極的に導入し、特に患者さん自身の腹部や臀部の脂肪を血管吻合によって移植する乳房再建術は、筋肉を犠牲にせずに自然な形態を保つことができます。
甲状腺の悪性腫瘍は、手術で完治可能なものが多く、全身的影響も少なく、早く元の生活に復帰できます。当院では原則として手術の前日に入院、手術翌日から飲水・食事を開始、術後2日でドレーン抜去、術後4日(入院6日)で退院、術後1週ほどで普通の生活が可能です。ただし、合併症の有無や全身状態によって在院日数は伸長することがあります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 86 23.72 27.21 4.65 75.19
07040xxx01xx0x 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 副傷病なし 83 21.64 24.95 8.43 66.82
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 59 2.00 3.11 0.00 72.41
整形外科では変形性関節症、腰部脊柱管狭窄症を中心に、関節リウマチ、スポーツ外傷、骨折や骨粗鬆症など幅広く診療しています。
患者数上位2つの膝関節症、膝関節骨頭壊死に対する人工関節置換術実施症例では、8割以上の患者さんに手術翌日からリハビリテーションが実施され、患者さんの早期退院・社会生活復帰を目指しています。
脊柱管狭窄は、加齢などに伴って脊柱管が狭くなり、脊髄や神経を圧迫しておこる病気で、痛みや感覚障害、筋力低下の症状が現れます。患者数第3位の症例は、脊柱管狭窄の診断のために脊髄造影検査(腰から針を刺し腰椎に造影剤を注入しX線撮影する)を行った症例です。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 83 2.55 4.38 0.00 51.43
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 33 4.58 10.49 0.00 65.39
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 31 12.55 11.08 0.00 38.00
皮膚科では、帯状疱疹、蜂窩織炎など感染症から難治性皮膚潰瘍、皮膚悪性腫瘍まで皮膚疾患全般につき積極的に診療しています。
皮膚科で最も多い入院症例は皮膚の良性新生物(粉瘤、脂肪腫、体幹・上肢・下肢のメラニン細胞性母斑など)で、皮下腫瘍摘出術という手術目的で入院されます。
患者数第3位の湿疹、皮膚炎群は主に難治性のアトピー性皮膚炎の患者さんです。外用療法を中心とした標準的治療に加えて、スキンケアの指導を始めとした生活指導、アレルゲンの検索といった、個々の患者さんに対応した治療法を選択し、きめ細かい指導をおこなっています。標準的治療でなかなか治療効果が得られない方には、シクロスポリン内服療法などをおこなっています。
泌尿器・腎移植科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 123 6.93 7.59 0.00 71.66
11022xxx03xxxx 男性生殖器疾患 精索静脈瘤手術等 39 3.10 3.56 0.00 35.00
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 手術・処置等22あり 副傷病なし 36 9.36 12.36 0.00 70.81
患者数第1位と第3位は膀胱腫瘍(膀胱がん)です。患者数第1位の症例は、膀胱がんに対する TUR-BT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)実施症例、患者数第3位は化学療法実施症例です。
当院には平成24年4月に不妊治療を専門に行う生殖医療センターが設置され、泌尿器科医師、婦人科医師が協力して診療にあたっています。患者数第2位の症例は、男性不妊症の原因の一つである精索静脈瘤に対する手術実施症例です。精索静脈瘤は精巣の上に静脈が固まって存在する疾患です。精子濃度・運動率を低下させる原因になります。手術により静脈瘤を消失させ、精液所見を改善させられる可能性があります。術式には高位結紮・低位結紮術があります。低位結紮が一般的な治療ですが当院では患者さんの痛みを軽減するため基本的に高位結紮を選択しています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下膣式子宮全摘術等 195 6.43 6.34 0.00 43.83
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(膣式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 122 5.91 6.50 0.00 41.67
12002xxx99x30x 子宮頚・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等23あり 副傷病なし 49 3.02 22.61 0.00 52.49
婦人科では思春期から老年期に至るまでの全ライフステージの女性のトータルヘルスケアの実践を目指し、女性のヘルスケア、婦人科良性および悪性腫瘍を含めた広く全般的な診療を行っています。思春期の月経異常、成人期の子宮内膜症や子宮筋腫、更年期障害、老年期の骨盤臓器脱や骨粗鬆症などに対して、ホルモン療法を中心とした薬物療法や低侵襲である子宮鏡・腹腔鏡による手術を積極的に取り入れています。
婦人科で最も多い入院症例は子宮の良性腫瘍で約3割を占めます。手術が必要な子宮筋腫、良性卵巣腫瘍、子宮内膜症、子宮外妊娠、不妊症等に対しては腹腔鏡下手術を可能な限り第一選択としています。また、特に子宮筋腫に対しては大きさ、症状、妊娠のご希望などを慎重に考慮し、腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術、子宮内膜凝固術(MEA、過多月経に対するマイクロ波手術)など多様な選択肢より最適な治療を提案しまています。
患者数第3位の症例は、子宮頚・体部の悪性腫瘍に対し同じ入院期間中に化学療法と放射線療法を合わせておこなった症例です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり片眼 260 11.98 11.08 0.00 55.32
020200xx9710xx 黄斑 後極変性 手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 138 9.10 7.99 0.00 68.04
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2なし片眼 95 11.76 8.62 0.00 55.32
地域医療の基幹病院として眼科一般の他、専門外来も設けており、あらゆる眼疾患の診断・治療に対応しています。特に網膜剥離・糖尿病網膜症など網膜硝子体疾患の外科的治療には力を入れており、一人でも多くの患者さんを失明から救うべく高度な治療を行っています。また、全身管理が必要な場合は他科との連携を行いながら診断・治療にあたっています。
糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑円孔、黄斑上膜などの網膜硝子体疾患に対して年間650件以上の手術を実施しています。当科では全ての症例で、低侵襲な小切開硝子体手術を採用しています。術後の炎症が少なく、無縫合(糸を使用しない)であるため、術後の疼痛が緩和され早期の回復が期待できます。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 87 7.82 7.76 1.15 52.84
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 58 8.55 8.20 0.00 22.97
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 50 8.18 7.94 0.00 54.48
耳鼻咽喉科では耳、鼻・副鼻腔、口腔・咽頭・喉頭、顔面・頸部など耳鼻咽喉科領域すべての疾患に対して診療を行っています。特に頭頸部外科として、中耳炎(鼓室形成術)や副鼻腔炎(内視鏡下副鼻腔手術)、鼻外切開による鼻閉の改善や外鼻矯正をはじめ、誤嚥防止手術など多岐にわたる疾患に対して積極的に手術を行い、患者さんのQOL向上に努めています。

【指標の解説】
患者数上位3位まではすべて手術目的入院です。
慢性副鼻腔炎とは、鼻の横や上にある副鼻腔と呼ばれる部分に細菌など何らかの原因で炎症が起きる病気です。投薬や処置で症状がよくならない場合、手術が選択されることがあります。当院ではまず第一に内視鏡下副鼻腔手術が検討されますが、部位や合併症の有無により外科手術になることもあります。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 64 3.09 3.15 0.00 59.23
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術 手術・処置等2なし 副傷病なし 53 6.26 10.08 0.00 58.96
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 25 17.80 22.55 8.00 58.60
脳神経外科の最も多い入院症例は未破裂脳動脈瘤です。患者数第1位は診断のために造影剤を使用した脳動脈の画像検査実施症例、第2位は未破裂脳動脈瘤に対する血管内手術(血管内コイル塞栓術:脳動脈にできたこぶの中に金属製のコイルを詰めてこぶへの血流を途絶し破裂を予防する手術)を実施している症例です。患者数第3位の症例は、脳腫瘍の摘出術実施症例です。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx97x0xx 乳房の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等2なし 53 9.81 6.60 0.00 53.47
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 手術・処置等1なし 44 4.14 5.12 0.00 55.43
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 26 4.12 3.54 0.00 66.58
形成外科ではマイクロサージャリーや脂肪移植による自家組織乳房再建術に関しては、全国から多くの患者さんを受け入れています。また眼瞼下垂症、眼瞼内反外反症、涙道狭窄症に代表される眼瞼涙器疾患や、レーザー治療の対象となる母斑症や血管腫などの治療も積極的に行なっています。
患者数第1位の症例は、乳がんの摘出手術後の乳房再建術の実施症例です。特に、遊離皮弁術(顕微鏡下血管柄付き)(乳房再建術)を採用し、患者さんのQOL向上を目指しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 309 17 98 87 25 46 1 7
大腸癌 115 70 124 40 68 38 1 7
乳癌 77 60 15 7 1 101 1 7
肺癌 81 23 77 114 144 204 1 7
肝癌 5 22 14 9 25 288 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
5大がん(胃がん、大腸がん、乳がん、肺がん、肝がん)の患者さんの数を、初発のUICC病気分類別および再発に分けて集計しています。UICC病気分類とは、UICC病気分類国際対がん連合によって定められた、①原発巣(最初にできたがん)の大きさと進展度(深さ)、②所属リンパ節への転移状況、③遠隔転移の有無、の3つのカテゴリで評価し各がんをStageⅠからStageⅣの4つに分類するものです。集計対象期間中に複数回入院された患者さんはそれぞれ集計しています。「初発」とは、当院においてそのがんの診断あるいは初回治療を実施したものを、「再発」とは、当院、他施設問わず初回治療が完了した後、当院にて患者を診療した場合や、がん寛解後に局所再発・再燃または新たな遠隔転移をきたしたものを指します。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 12 13.58 62.25
重症度 1 28 14.43 74.21
重症度 2 20 17.35 75.80
重症度 3 16 26.38 80.00
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 11 18.18 70.73
成人市中肺炎は、20歳以上の患者さんで、DPCデータの「入院契機病名」(入院のきっかけになった病名)及び「最も医療資源を投入した傷病名」が「肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎」(疾患コード6桁が040080に該当する病名)のうち、ICD10がJ13~J18で始まるもの、つまり、病院外で日常生活をしている中で発症した肺炎のことです。重症度は成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器病学会)による重症度分類を用いて分類しています。この指標では、細菌による肺炎が集計対象であり、インフルエンザウィルスなどのウィルス性肺炎や、食べ物の誤嚥が原因となる誤嚥性肺炎などは集計対象外です。
※患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)と表示しています。

脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 11 6.91 66.09 0.00
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 77 20.51 71.61 35.00
その他 - - - -
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 28 6.79 67.79 0.00
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
発症3日以内の急性期脳梗塞に多く対応しています。当院では、緊急性の高い脳血管疾患に24時間迅速に対応できるよう体制を整えています。超急性期脳梗塞に対して適応があれば t-PA治療(強力な血栓溶解剤投与による治療)を施行します。当院では2006年からt-PA治療を行っています。
※患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)と表示しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
高度救命救急センター
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 49 5.37 27.67 85.71 70.43
K6151 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(止血術) 18 2.61 15.33 55.56 69.78
K654 内視鏡的消化管止血術 18 0.67 4.72 44.44 67.17
高度救命救急センターは、横浜市救急医療体制における3次救急医療機関として、また横浜市重症外傷センターとして、さまざまな救急疾患・重症外傷に24時間対応できる診療体制を整えています。
気管切開術とは、前頸部から直接気管にチューブを外科的に挿入する手術で、気道の確保と誤嚥の予防を目的に行ないます。

総合周産期母子医療センター
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週までの場合) 59 0.95 0.07 0.00 36.37
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの) 35 0.00 40.34 65.71 0.00
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) 24 0.00 52.33 50.00 0.00
総合周産期母子医療センターは地域の周産期基幹病院として正常妊娠・分娩のほかハイリスク妊娠を積極的に受け入れています。院内で出生した新生児はもちろん、他院・他施設で出生した新生児が救命のために緊急搬送されてくる例もあり、24時間体制で母親、新生児を管理し必要な診療がおこなえる体制を敷いています。
リウマチ膠原病センター
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩) 25 2.60 25.88 12.00 69.68
K0803 関節形成手術(指) - - - - -
K0802 関節形成手術(手) - - - - -
リウマチ膠原病センターでは、関節リウマチにおける関節破壊 の進行を最小限にし、日常生活での活動性を最大限維持できるよう、疾患活動性をおさえる薬物治療を早期から積極的に行い、必要な場合は手術治療・リハビリテーションを行っています。手術治療では、日本リウマチ学会の推奨度の高い手術を中心に行っています。人工関節は人工膝関節、人工股関節をはじめ、肩、肘、手指、足趾関節に対しても積極的に行っています。
※患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)と表示しています。


心臓血管センター
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 135 6.19 4.01 1.48 70.56
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの) 65 0.00 19.88 3.08 64.88
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 58 2.72 2.74 0.00 69.02
経皮的冠動脈ステント留置術とは手首や足の付け根などの動脈から血管内にカテーテルを挿入し、心臓を栄養する冠動脈の閉塞または狭窄している(狭くなっている)部分に金属製のステントを留置し血管の内側から拡張する手術です。
四肢の血管拡張術・血栓除去術は、カテーテルを用いて血管の内側から狭窄・閉塞した部分を拡張し、血液の流れを再開する手術です。当院では主に下肢の閉塞性動脈硬化症に対し実施しています。
消化器病センター
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 227 1.36 6.07 0.00 71.88
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 158 1.44 2.27 0.00 69.68
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 139 3.22 7.84 0.00 68.21
内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)とは、早期胃がんに対し、内視鏡下で腫瘍を取り除く方法のひとつです。開腹手術に比べ患者さんの体の負担が軽いことが特徴ですが、高い技術力が求められる手術です。当院では年間200症例以上を安全に実施しています。
早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術は早期大腸がんに対し内視鏡下で行われる手術です。先述の胃がんの場合と同様に高い技術力が求められます。
結腸とは、盲腸部から直腸上部までの腸管を指します。開腹術が広く行われてきましたが、当院では腹腔鏡下による腫瘍切除術が多く選択されます。腹腔鏡を用いた手術は開腹手術よりも出血量が少なく、腸管の回復が早いこと、術後の主な合併症である癒着が少ないなどのメリットがあります。
炎症性腸疾患(IBD)センター
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 23 16.65 15.74 0.00 35.17
K7402 直腸切除・切断術(低位前方切除術) 17 2.53 19.18 0.00 39.65
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 13 18.77 19.54 0.00 54.08
炎症性腸疾患(IBD)センターでは、内科と外科が連携して診療に当たっています。患者さん一人一人の症状、内科的治療の効果、患者さんの生活を総合的に考慮し、最適な手術を提案します。潰瘍性大腸炎では、肛門機能温存と根治性のバランスを考慮した回腸嚢肛門管吻合術、一時的人工肛門を作成しない1期的手術の適応拡大、クローン病では個々の病態に対する適切な術式(切除範囲、吻合法)の選択、 腸管温存の工夫(狭窄形成術)、肛門機能を温存するseton(シートン)法などをおこなっています。
呼吸器病センター
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 68 2.47 10.16 0.00 68.06
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除) 31 2.42 5.42 0.00 66.03
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他のもの) 14 2.79 5.64 0.00 61.14
肺の悪性腫瘍は、気管支鏡検査で大部分の方は確定診断が得られています。さらに胸部および上腹部CT、頭部MRI、PET、骨シンチなどで病期を確認し、全身状態や年齢を考慮して治療方針を決定しています。臨床病期Ⅰ期およびⅡ期の症例では外科治療を優先しています。標準的な手術は肺葉切除術で、 そのアプローチとして、胸腔鏡下手術、開胸術を症例毎に検討し施行しています。
腎臓・高血圧内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K610-3 内シャント設置術 64 7.45 14.75 4.69 65.02
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K607-3 上腕動脈表在化法 - - - - -
慢性腎不全などで腎臓の機能が低下し、生命維持に必要な血液浄化ができなくなると、人工透析(血液浄化療法)が導入されます。通常腕の血管から血液を体外に導き出し、体外でろ過してから体に戻します。この血液の出入り口を確保するために、腕の静脈に近くを流れる動脈をつなぐ手術を内シャント設置術といいます。静脈は血液の出入り口に適していますがそのままでは十分な血流を得られないため、動脈とつなぐことで透析に必要な血流を確保することができます。
※患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)と表示しています。

神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1812 脳刺激装置植込術(頭蓋内電極植込術を含む。)(両側の場合) 13 11.08 24.00 7.69 61.23
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 10 13.90 15.50 20.00 63.30
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
神経内科では、対象疾患に対し薬物療法を中心とした内科的診療を実施していますが、当院脳神経外科と協力し、患者さんの症状に合った治療を行います。その一つとして、薬剤だけではコントロール困難なパーキンソン病に関して、脳神経外科の協力のもと頭蓋内に脳刺激装置を埋め込む脳深部刺激療法(DBS)をおこなっています。
※患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)と表示しています。

乳腺・甲状腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術(乳房部分切除術(腋窩郭清を伴わないもの)) 80 2.39 4.05 0.00 60.10
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩郭清を伴わないもの)) 53 3.17 5.34 0.00 62.87
K4631 甲状腺悪性腫瘍手術(切除) 50 1.62 3.38 0.00 54.66
乳がんに対して、MRIによって正確に位置と広がりを診断し、乳房温存術とセンチネルリンパ節生検を基本としています。乳房切除の必要があれば、 形成外科による再建をおすすめしています。一次一期再建手術を積極的に導入し、特に患者さん自身の腹部や臀部などの脂肪を血管吻合によって移植する乳房再建術は、筋肉を犠牲にせずに自然な形態を保つことができます。
甲状腺の悪性腫瘍は、必要な治療が手術のみである場合が多く、全身的影響も少なく、早く元の生活に復帰できます。当院では原則として手術の前日に入院、手術翌日から飲水・食事を開始、術後2日でドレーン抜去、術後4日(入院6日)で退院、術後1週ほどで普通の生活が可能です。ただし、合併症の有無や全身状態によって在院日数は伸長することがあります。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股) 173 2.72 19.34 6.36 70.71
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定) 44 3.25 25.57 9.09 71.02
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方又は後側方固定) 25 8.20 24.12 48.00 72.48
整形外科で実施される手術でもっとも多いのは、変形性股関節症に対する人工関節置換術です。
このほか、脊椎間狭窄症や脊椎すべり症に対する脊椎固定術等も多く実施しています。
整形外科の手術症例は、高齢の患者さんが対象になることが多いですが、手術翌日から積極的にリハビリテーションを実施するなど、早期退院・社会生活復帰を目指しています。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) 56 0.25 2.89 0.00 68.30
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm未満) 43 0.19 1.30 0.00 48.84
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上、4cm未満) 21 0.19 1.38 0.00 51.43
皮膚科で実施される手術は、良性・悪性腫瘍に対する摘出術です。特に皮膚悪性腫瘍については、有棘細胞癌、基底細胞癌などの固形癌から悪性黒色腫、乳房外パジェット病や菌状 息肉症をはじめとする皮膚原発性リンパ腫まで、 診断・治療を積極的に行っています。リンパ節郭清、化学療法が必要な場合は、横浜市立大学附属病院皮膚科と連携して治療に当たります。
泌尿器・腎移植科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他のもの) 135 1.53 4.73 0.00 71.85
K834 精索静脈瘤手術 28 1.00 1.00 0.00 35.64
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 26 1.81 9.50 0.00 61.65
泌尿器・腎移植科で実施されるもっとも多い手術は、膀胱がんに対する TUR-BT(経尿道的膀胱腫瘍切除術)実施症例です。これは、内視鏡で発見された早期膀胱がんを経尿道的に切除・摘出する手術です。
患者数第2位の手術は男性不妊症に対して行われる精索静脈瘤手術です。
患者数第3位は、腎がん(腎細胞がん)に対する腹腔鏡下の根治的腎摘出術です。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下膣式子宮全摘術 176 1.16 4.29 0.00 46.45
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの) 126 1.27 3.76 0.00 41.67
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 49 1.02 4.16 0.00 36.18
婦人科では、手術が必要な子宮筋腫、良性卵巣腫瘍、子宮内膜症、子宮外妊娠、不妊症等に対しては腹腔鏡下手術を可能な限り第一選択としています。特に子宮筋腫に対しては大きさ、症状、妊娠のご希望などを慎重に考慮し、腹腔鏡下手術、子宮鏡下手術、子宮内膜凝固術(MEA、過多月経に対するマイクロ波手術)など多様な選択肢より最適な治療をご提供できるように体制を整えています。不妊症を合併する 子宮筋腫や子宮内膜症に関しても生殖医療センターと連携を取りながら診療しています。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの) 513 1.68 8.40 0.00 63.54
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 197 1.49 1.01 0.00 74.10
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術(その他のもの) 137 1.82 7.64 0.00 62.47
糖尿病網膜症、網膜剥離、黄斑円孔、黄斑上膜などの網膜硝子体疾患に対して年間650件以上の手術を実施しています。当科では全ての症例で、低侵襲な小切開硝子体手術を採用しています。術後の炎症が少なく、無縫合(糸を使用しない)であるため、術後の疼痛が緩和され早期の回復が期待できます。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 57 1.02 5.95 0.00 52.44
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 57 1.09 6.56 0.00 22.14
K6262 リンパ節摘出術(長径3センチメートル以上) 36 0.94 1.64 0.00 55.22
慢性副鼻腔炎とは、鼻の横や上にある副鼻腔と呼ばれる部分に細菌など何らかの原因で炎症が起きる病気です。投薬や処置で症状がよくならない場合、手術が選択されます。当院ではまず第一に内視鏡下副鼻腔手術が検討されますが、部位や合併症の有無により外科手術になることもあります。
急性扁桃炎を反復する習慣性アンギーナ、慢性扁桃炎に起因するIgA腎症、扁桃肥大による嚥下障害や呼吸障害がある場合は、口蓋扁桃手術(摘出)をおこないます。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1781 脳血管内手術(1箇所) 55 1.42 7.24 5.45 57.85
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 43 3.53 22.23 13.95 57.28
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 17 1.88 4.35 0.00 68.35
脳神経外科で最も多く実施されている手術は、未破裂脳動脈瘤に対する血管内手術(血管内コイル塞栓術:脳動脈にできたこぶの中に金属製のコイルを詰めてこぶへの血流を途絶し破裂を予防する手術)です。
次いで脳腫瘍の摘出術です。頭蓋内腫瘍は良性であっても手術が簡単というわけではなく、その位置によって手術の難易度は大きく異なります。特に頭蓋底(頭蓋の底で重要な血管や神経が存在し ている)に発生した場合、機能を温存しできるだけ 腫瘍を摘出するには経験と技術が問われます。当院では頭蓋底手術を専門とする脳神経外科医と頭蓋底再建を専門とする形成外科医がチームを組んで治療にあたっています。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0171 遊離皮弁術(顕微鏡下血管柄付きのもの)(乳房再建術の場合) 65 1.02 8.54 0.00 50.52
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6cm以上) 26 0.85 2.62 0.00 46.77
K476-4 ゲル充填人工乳房を用いた乳房再建術(乳房切除後) 16 1.00 5.88 0.00 51.50
形成外科で実施される手術でもっとも多いのは、自家組織による乳房再建手術(遊離皮弁術(顕微鏡下血管柄付きのもの)(乳房再建術の場合))です。二次再建(乳がんの治療がひと段落してから乳房再建をおこなうこと)はもちろん一次再建(乳がんの切除手術と同時に乳房再建の手術を行うこと)に関しても乳腺外科と緊密な連携をとり、 乳癌の治療から再建までトータルで完成度の高い治療を行なっています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 12 0.08
異なる - -
180010 敗血症 同一 63 0.42
異なる 13 0.09
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 107 0.71
異なる - -
当院では、手術や処置などの診療行為を行う際には合併症(医療行為に際して二次的に発生し、患者に影響を及ぼす事象)を起こさないように細心の注意を払い実施しています。起こりうる合併症については、当院医療安全管理指針及び医療安全管理マニュアルに則り、事前に可能な限り患者さんに説明したうえで、診療行為の実施に同意いただくよう努めています。
※患者数が10未満の場合は、‐(ハイフン)と表示しています。

更新履歴
2016/09/29
平成27年度公立大学法人横浜市立大学附属市民総合医療センター病院指標を公表しました。
2016/09/30
文言を一部修正しました。
2016/10/04
文言を一部修正しました。