• 外来担当表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-261-5656
045-261-5656

医科初期臨床研修

医科初期臨床研修

医科初期臨床研修


{

HOME  > 医療関係者の方へ  > 臨床教育研修センター  > プログラム概要

プログラム概要

 当院では2種類のプログラムをご用意しています。どちらのプログラムを選択しても、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度・技能・知識)と生涯にわたり自己を研鑽できるような能力を身に付けることができます。

基本臨床研修プログラム
産科・小児科プログラム

基本臨床研修プログラム

 患者の立場や意志を尊重し、患者の安全を第一に考え、その時代において最良の医療が行えるよう、プライマリ・ケアの習熟に加えて高度先進医療の現状と限界、さらに倫理や安全についても現場を通して学べるようなプログラムを提供します。市大附属市民総合医療センター(センター病院)と市大附属病院及び協力病院とのたすきがけ(1年ずつ研修)による研修を実施します。

【コース一覧】
マッチング後にコースとたすきがけ病院の希望をとります。

1年目2年目
コースCⅠセンター病院で内科6カ月、救急3カ月、選択必修科又は選択科3カ月附属病院で地域医療研修、選択必修科又は選択科
コースCⅡセンター病院で内科6カ月、救急3カ月、選択必修科又は選択科3カ月協力病院で地域医療研修、選択必修科又は選択科(協力病院のプログラムに従う)
コースCⅢ協力病院で内科、救急、選択必修科又は選択科(協力病院のプログラムに従う)センター病院で地域医療研修、選択必修科又は選択科

【ローテート例】
6カ月3カ月3カ月
1年目内科(2~4診療科)救命センター+附属病院救急部(または南部病院)選択必修科又は選択科
9~11カ月1~3カ月
2年目選択科(必要に応じて選択必修科)地域医療研修
 ※1年次で選択科を研修した場合は2年次で必ず選択必修科を研修すること

産科・小児科プログラム

 周産期医療と小児科に興味を持つ研修医に対し、母体・胎児・新生児医療を包括一体化して学べる総合周産期母子医療センターと、小児疾患全般を広く学べる小児総合医療センターで重点的に研修し、専門医研修につなげることを目的としています。  研修1年目の最初に、総合周産期母子医療センターと小児総合医療センターにおいて、分娩、新生児管理はもちろんのこと、母体救急、母体合併症管理、産科(外科的)処置・手術、新生児救急、新生児蘇生・呼吸管理など周産期医療に限らず医師としての基本的な実力が身につく研修を行うとともに、小児の急性疾患を中心に幅広く小児疾患全般を研修することができます。  また、指導医が2年間バックアップし、スムーズに3年目以降の専門医研修につなげることを目標としています。

【ローテート例】

6カ月3カ月3カ月
1年目内科(2~4診療科)救命センター+附属病院救急部選択必修科(産科と小児科で2カ月+1カ月)
9~11カ月1~3カ月
2年目選択科(必要に応じて選択必修科)地域医療研修
 ※2年次の選択必修科で協力病院の産科、小児科を研修することもできます。

ページトップへ