• 外来担当表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-261-5656
045-261-5656

後期臨床研修

後期臨床研修

後期臨床研修


{

専攻医の声

形成外科 二宮 龍之介

 私は初期研修を附属病院と市民総合医療センターで行い、形成外科に入局と同時に横浜市立大学の後期研修となりました。後期研修の初年度は国際医療福祉大学にて勤務を行い、現在は後期研修医2年目として市民総合医療センター 形成外科で勤務しています。

 横浜市大の初期研修では、様々な出身大学の医師が在籍しており所属する研修医も多いため他大学出身の私にとって非常に働きやすい環境でした。研修同期にも恵まれ、公私ともに充実した研修を送りました。また所属する研修医が多いため研修医に適切な業務分担と教育制度が整っており、各科で様々な知識と技能が身につけることが出来ると思います。初期研修でお世話になった各科の先生や研修同期には現在でも様々な場面で大変助けられています。

 後期研修として所属している形成外科は、学生時代は授業も少なく特に興味のある科ではありませんでした。初期研修で形成外科を研修した際にセンター病院だけではなく多くの施設を見学させていただき、魅力的な先生に出会うことが出来ました。現在は、後期研修として毎日勉強の日々ですが、医局の雰囲気も良く非常に充実しています。センター病院では毎日様々な手術があり、局所麻酔の外来手術から長時間の手術まで多くのことを経験できます。
特に乳房再建は有名で日本全国から患者様が集まっています、少しでも興味のある方はぜひ見学に来てください。(平成26年度入職)

消化器病センター外科 山口 一哉

 後期臨床研修医2年目、消化器外科勤務の山口です。横浜市大を卒業し、たすき掛けの初期臨床研修プログラムで、1年目は藤沢湘南台病院、2年目はセンター病院で研修を行いました。散々迷った末に旧第二外科に入局を決めて、外科1年目としては関連病院で1 年間勤務をし、またすぐ今年度センター病院に戻ってきました。

 まずは私が現在所属する消化器病センター(外科)の概要についてご紹介します。センター病院の消化器外科は旧第一外科と旧第二外科の合同医局となっており、一外・二外関係なく、食道、上部消化管、下部消化管、肝胆膵の4グループに編成されています。そしてそれぞれのグループ毎に手術日や外来や検査日が決まっています。消化器外科全体としては毎週10~15件の予定手術を行っており、それ以外にも緊急手術も数件行っています。もちろんその他の業務も色々と山ほどあり日々多忙な業務に追われていますが、その中でも外科医として充実した後期研修生活を送っています。若手としては病棟管理、外来業務、透視等の検査等が主に任されていた業務でしょうか。

 次に手術について触れてみます。執刀のチャンスは関連病院である市中病院勤務の際に多くありましたが、残念ながらセンター病院では少ないです。しかし数多くの内視鏡手術を経験できます。スコピストとして手術に入らせてもらえる機会は非常に多く、画面越しに学ぶことが出来ますし、上級医の先生方もよく指導をして下さいます。これだけの内視鏡手術をやる施設もそう多くはないと思うので、短期間に集中してまとまった数の内視鏡手術を見ることが出来るのはいいチャンスだと思います。

 またセンター病院は大学病院としての一面もあり、学術活動は大変盛んです。大きな学会では、ほぼ全員が演題を発表するような状況になります。自分で適切な演題を決められなくとも上級医の先生方は様々な学会での発表にふさわしい症例や研究の方針を示してくれるし、抄録・スライド等の作成でも手厚く指導してもらえるので、発表に不慣れな人も心配する必要はありません。

 当施設での消化器外科医としての後期研修は大変なこともありますが、外科医として成長できる実りのある1年となるでしょう。興味を持った方は一度見学にいらしてください。(H24年度入職)

放射線科  杉浦 円

 私は当院の放射線科に所属している杉浦と申します。浜松医科大学を卒業し、横浜市立大学附属市民総合医療センターの初期研修医として1年目に大船中央病院、2年目に市民総合医療センターで研修を行い、引き続き後期研修医として当院で勤務しています。

 私が感じている当院における研修の特徴は、バランス感覚です。例えば、豊富な臨床症例を経験すると同時に専門的な症例も経験できることや、基礎的な技術や手技をしっかりと固めつつ高度専門医療に携わることができるといったことです。当院は、大学病院でありながら比較的市中病院に近い要素が多々あることから、研修する側からはとてもバランス良く経験を重ねることができ、私たちの様々な要望を幅広く受け入れることができる病院だと感じています。

 現在、私は放射線治療の専門医を目指し、基本的な照射の症例を多数経験しつつ、特殊な照射の症例も経験させていただき、充実した施設環境のもとで日々貴重な研修をさせて頂いています。専門医資格を取得するにあたって、より専門的な知識と技能を習得しつつ、責任のある立場とやりがいのある診療を行うことのできる非常に充実した環境を提供して貰えることも当院の大きな特徴です。

 また、私は院内の臨床研修委員会に所属していますが、多くの先生やスタッフの方々が試行錯誤を繰り返しながら、これからの研修環境を少しでも良くするために、病院を挙げて対応して下さっていることを改めて実感することができました。市民総合医療センターは、研修施設としても着実に成長していると確信しています。
 当院での研修をお考えの先生は、是非とも見学にいらして下さい。そして当院で一緒に勤務できることを楽しみにしています。(H24年度入職)

精神医療センター  内村 放

 私は大分大学を卒業後、横浜市立大学の初期研修医として、1年目市中病院(横浜栄共済病院)、2年目市民総合医療センターで研修を行いました。現在後期研修医として、精神医療センターに勤務していますが、その感想をいくつかご紹介したいと思います。

 まず後期研修先を考えるときに大学病院にするか市中病院にするかという点で悩みましたが、私は大学病院を選びました。その理由としてはやはり指導してくださる先生方が多いことです。もちろん市中病院で働くと何でも自分でやらせてもらい、決められることが魅力となるのでしょう。しかし後期研修医となり主治医という立場になったとき、患者さんの治療という面において責任があるのは自分です。方針に迷うときに多くの指導医の先生がいるということは、患者さんにより良い医療を提供でき、自分自身にとっても勉強できる点が増えます。当院は大学病院と市中病院の間のようなところがあり、疾患・生活背景も様々な方を見ることができ、毎日が勉強です。

 現在は病棟入院患者さまの診療に加え、週1回の外来再来・新患診療、他科からの併診業務を行っています。入院診療は当院が精神科救急に力を入れていることもあり、急性期の状態の患者さんを多く診療することができ、非常に勉強になります。またカンファレンス・勉強会などで指導医の先生方から学術的な指導を仰ぐことができます。外来・病棟とも考えながら診療を行うことができ、充実した日々を送っています。

 後期研修医という責任のある立場としては大学附属病院でしっかり研修をしようと思い、私は当院を選択しました。当院は出身大学が様々でいろいろな価値観の方が多く、みなとみらいや横浜中華街が近くにあるというのも魅力的だと思います。充実した研修が行える当院に是非来てみてください。(H23年度入職)

腎臓・高血圧内科  藤田 恵美

 私は宮崎大学を卒業し、横浜市立大学附属病院及び市民総合医療センターで初期研修医として研修しました。市民総合医療センターには、出身大学が様々な医師が在籍しており、他大学出身の私にとっても非常に働きやすい環境でした。
 また、研修環境・設備も充実し、症例の豊富さも魅力のひとつであり、研修終了後は市民総合医療センターで後期研修医になることを希望しました。

 現在、後期研修医として腎臓内科に所属しています。忙しいですが、様々な症例を経験し、また、豊富な経験をもつ医師から指導を受け、本当に充実した日々を過ごすことができています。
 コメディカルも充実しているため、特殊浄化療法や重篤疾患の透析などの先端医療も行っており、腎臓内科医として貴重な経験を積むことができていると思っています。
 また、腎臓内科だけでなく、それぞれの科に経験豊富な医師が多く所属しているため、指導を受けることができ、総合内科医としても成長することができるのではないかと思います。
 また、市民総合医療センターでは、臨床において後期研修医が初期研修医を指導する体制になっているため、学年の近い医師同士で互いに切磋琢磨し、成長できる環境になっているのではないでしょうか。

 初期研修医、後期研修医とも多くの同期に恵まれました。仲間が多いということも市民総合医療センターでの研修の大きな財産になっていると思っています。まずは、ぜひ市民総合医療センターに見学にいらしてください。たくさんのスタッフから話を聞くことができると思います。お待ちしています。(H22年度入職)

血液内科  高橋 寛行

 私は平成21年に初期臨床研修を修了し、引き続きシニア・レジデントとして血液内科に在籍しています。当院のレジデント制度の特色は、第一に様々な疾患が数多く紹介されてくるため、各科の症例を幅広く経験し、知識、技能を身につけられることです。さらに一通りの科がそろっているため、他科に相談しながら全身管理のトレーニングも積めます。

 第二にスタッフが豊富で指導体制が整っているため、traineeの身でありながら中心となって診療に参加することができます。大学病院の先端医療を経験できる一方で、フレッシュな症例も経験できることは医師としての総合力を身につけるうえで、そしてゆくゆく専門医資格を取得していくうえでも重要であるといえます。また人員が豊富であるが故、当直・オンコール体制もしっかりしているため、休養がとりやすく、日頃の仕事の疲れ・ストレスを発散する機会もあります。横浜・みなとみらいが近く、同僚と出かけて親睦を深めるのもいいでしょう。
 もちろん症例が多いため、忙しいことは否めませんし、初期研修とは業務内容ががらっと代わり、なにかと迷うこともあります。しかし上級医へのコンサルト、フォローアップ体制などもしっかりしているため、忙しすぎて手に負えず消化不良となることはまずありません。私自身仕事に追われながらも、最初の数年間でどれだけ経験するかが今後の医師としての糧になると信じながら日々奮闘しています。

 当院は大学附属病院ですが他大学出身医師が多数在籍しており、内部と外部出身との分け隔てはないため、神奈川に来る・戻ることを考えているかたにもおすすめできます。私は本学出身ですが、だからどうということはなく、同期も他大学出身が多いため逆に少数派です。
 当院で(そして血液内科で!)後期研修をしてみませんか?
まだまだ語り尽くせないこともあるので、ぜひ見学にもいらしてください。みなさんとお会いできるのを楽しみにしています。(H21年度入職)

小児総合医療センター  小川 真喜子

 私は初期臨床研修を附属病院と附属市民総合医療センターで行い、小児科に入局と同時に後期研修医となりました。ただし、はじめの2年間は市中病院に勤務し、本年度市民総合医療センターに小児科スタッフとして戻ってきました。
 私の場合、まず市中病院で一般診療を行い、専門を決めてから大学病院へ移動することができたため、とても恵まれていると考えています。(小児科の後期研修は基本的に市中病院と大学病院どちらも勤務することになっています。)現在指導医の先生方にやさしくご指導いただきながら、小児腎臓専門外来をしたり、川崎病の血漿交換、血液透析、急性脳症の低体温療法など、大学病院でしか経験できない症例を勉強しています。これらは小児科スタッフだけでなく、G-ICUの先生方、そしてMEさんなどコメディカルの方々のご協力が不可欠なため、当院はとても恵まれた環境だと思います。

 小児科の後期研修は3年間同じ病院に勤務することはありませんが、各病院で多くの先生方と出会い、様々な考え方を吸収することができます。もちろん市民総合医療センターにも頼もしい先生方が沢山いますので、小児科を考えているみなさんは、是非当院に来てください。(H19年度入職)

ページトップへ