• 外来担当表
  • 交通案内
  • サイトマップ
045-261-5656
045-261-5656

医科初期臨床研修

医科初期臨床研修

医科初期臨床研修


{

HOME  > 医療関係者の方へ  > 臨床教育研修センター  > 指導医からのメッセージ

指導医からのメッセージ

病院長メッセージ

横浜市立大学
附属市民総合医療センター
病院長  後藤 隆久


 横浜市立大学附属市民総合医療センターは、横浜市のフラッグシップ病院として、優れた医療人の育成に力を注ぐとともに、時代を先取りした理念・施策を全職員が共有し、働きやすい職場環境を整備しています。また、「市民の皆様に信頼され愛される病院を創造する」ことを理念とした、横浜市内で最大の病床規模をもつ病院です。

 市民の皆様の様々な医療需要に応えるため、高度救命救急センターをはじめ、総合周産期母子医療センター、心臓血管センター、精神医療センター、小児総合医療センターなど幅広く救急医療に取り組んでいます。また、疾患別センターを中心に、関連専門医がチームを組んで高度専門医療を実践するほか、平成20年度に設置した、臨床研究推進センターを充実・強化し、質の高い臨床研究を積極的に支援するなど研究環境の改善を図り、臨床研修を重視した病院づくりを推進しています。

 市民総合医療センターの臨床研修プログラムの特徴と魅力は、大学病院としての高度専門医療に加え、地域医療支援病院(大学病院として初めて認定)として、救急及びプライマリ・ケアを含めた幅広い医療を同時に習得可能なことにあります。また、県内有数の地域中核病院(協力病院)との「たすきがけ」研修が行われていることも特徴の1つとなっています。さらに、2年間の初期研修終了後は柔軟かつ専門性の高い後期研修プログラムが用意され、優れた臨床医を目指していただくことが出来ます。

 私たちは、これらのプログラムを通して、高い倫理観や責任感を養い、患者の立場に立てる医師となっていただくことを期待しています。将来の医療に情熱を持ち、チャレンジし続けようとする意欲あふれる方を歓迎します。

臨床教育研修センター副センター長よりメッセージ

横浜市立大学
附属市民総合医療センター
臨床教育研修センター
副センター長  斎藤 真理(緩和ケア部長)


 こんにちは。私が研修医の皆さんから聞いている、当院の研修の特徴をお伝えします。

1.切磋琢磨できる同期の研修仲間がたくさんできる

 当院のプログラムには約100名もの研修医が在籍しています。当院と協力病院を1年ずつ「たすきがけ」できることが魅力のひとつです。全国の大学出身者が集まっていて、女性も多いのが特徴です。

2.診療科を選択できる範囲が深く、ひろい

 プライマリケアから、大学病院としての先進医療までを経験し修練するチャンスがあります。多くの先輩専門医の助けが常にあります。その経験を通し、将来の自分の姿を思い描き、具体的な目標をもつことができます。

3.専門医療チームの一員になって研修ができる

 災害対策にも活躍する高度救命救急センター、赤ちゃんにやさしい病院の称号を得た総合周産期母子医療センター、精神科救急や小児精神領域にも強い精神医療センターなどがみなさんと共に働ける体制を作っています。他にも多くの専門診療科の医療チームが充実しています。

4.研修をサポートする体制作りが充実している

 ローテートする診療科ごとの指導医の他、1年間担任がサポートします。研修医全員で1室の研修医室があります。机を並べ、研修での苦労を分かち合い、励まし合うことができます。アフタヌーンセミナーという集合研修、症例検討会などが開催され、情報収集ができます。

 「近い将来、当院で一緒に学び、働きましょう! お待ちしています。」

ページトップへ