ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ

研究者検索

大学紹介


ここから本文

HOME > 特任教員:木原生物学研究所(CREST「倍数体マルチオミクス技術開発による環境頑健性付与モデルの構築」 代表・清水健太郎)

特任教員:木原生物学研究所(CREST「倍数体マルチオミクス技術開発による環境頑健性付与モデルの構築」 代表・清水健太郎)

横浜市立大学では木原生物学研究所において、下記の分野を研究していただける方を広く公募いたします。

1 概要

職務内容・職位・人数

求人内容
職位
人数

〈分野〉
CREST「倍数体マルチオミクス技術開発による環境頑健性付与モデルの構築」の2016年10月1日発足に伴い、特任助教を募集します。横浜市立大学木原生物学研究所、産業技術総合研究所、エルピクセル株式会社、チューリッヒ大学と国内外の圃場(京都大学、筑波大学圃場など)での共同研究の計画です。また、本CRESTでは、近日中にバイオインフォーマティクス・画像解析の研究員も募集予定です。 CREST領域「環境変動に対する植物の頑健性の解明と応用に向けた基盤技術の創出」のホームページなどもご覧ください。 

〈主な職務内容〉
作物や野生植物の多くは複数のゲノムDNAが融合した倍数体であるために、これまでゲノムレベルの研究が困難でした。本研究ではシロイヌナズナ属のモデル倍数体ミヤマハタザオを用いて、野外栽培でのオミクス取得技術と、今後懸念される環境変動への適応性、「環境頑健性」の高い植物体を予測する人工知能技術を開発します。これらの技術を用い、環境頑健性の高いコムギ植物体を選抜を目指します。 横浜市立大学では、倍数体(コムギとシロイヌナズナ属)の国内圃場での栽培と時系列トランスクリプトーム、エピゲノム解析、国内外の共同研究グループと圃場でのプロジェクトのコーディネートなどが主な担当です。

特任助教
1名

2 応募資格

採用時に博士号を有することが必要です。植物栽培または野外生態調査・野外栽培経験と分子生物学実験経験が必須ではありませんがプラスです。

3 就任予定年月日

平成29年4月1日(採用決定以降できるだけ早い日からの開始も可能)
週5日勤務。

4 応募方法

(1)応募書類

[提出書類]
1. 履歴書(写真付き)
2. 業績一覧(原著論文、総説、学会発表等)
3. 今までの研究の概要及び今後の抱負(A4 1-2枚程度)
4. 応募者について所見を求め得る方2名以上の氏名と連絡先

以上をワードやPDFファイルに変換し、件名を「特任助教応募」として電子メールにて送信願います。
面接候補者には、直接スケジュール調整のため連絡致します。

(2)提出方法

Emailに添付

(3)提出先

kshimizu@yokohama-cu.ac.jp
件名を「特任助教応募」として電子メールにて送信願います。

(4)提出期限

平成28年12月24日必着
*採用者が決定次第、公募を終了します。

5 選考方法

面接候補者には、直接スケジュール調整のため連絡します。
応募書類は返却しませんので、あらかじめご了承下さい。

6 待遇

公立大学法人横浜市立大学の規程に基づく(特任助教待遇)。
交通費、社保含む。

期間:採用決定後できるだけ早い日(応相談)〜平成34年3月31日。(1.5年ののち更新可)

7 勤務地

横浜市立大学 木原生物学研究所(横浜市戸塚区舞岡町641-12)

8 お問い合わせ先

横浜市立大学木原生物学研究所
清水健太郎 
kshimizu@yokohama-cu.ac.jp

9 備考

(1) 本件公募によって採用される方は、公立大学法人横浜市立大学が定める規程に基づいて、公立大学法人横浜市立大学と雇用契約を締結していただくことになります。
(2) ご質問はEmailでお願いします。
(3) 応募書類は本選考のみに使用します。選考後は責任もって破棄いたします。

ページトップへ