ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ

研究者検索

大学紹介


ここから本文

HOME > 特任教員:木原生物学研究所(辻寛之准教授)

特任教員:木原生物学研究所(辻寛之准教授)

横浜市立大学では木原生物学研究所において、下記の分野を研究していただける方を広く公募いたします。

1 概要

職務内容・職位・人数

求人内容
職位
人数

〈分野〉
CREST「データ科学に基づく作物設計基盤技術の構築(代表・平山隆志)」の2016年10月1日発足に伴い、木原生物学研究所にて本研究を推進する特任助教を募集します。岡山大学・資源植物科学研究所(平山隆志 教授)、理化学研究所・環境資源科学研究センター(持田恵一 チームリーダー)、名古屋工業大学大学院・工学研究科(梅崎太造 教授)、横浜市立大学・木原生物学研究所(辻 寛之 准教授)の共同研究です。 CREST研究領域「植物頑健性」のウェブサイトもご覧ください。

〈主な職務内容〉
本研究では植物の成長を履歴性から理解する枠組みを構築します。履歴性とは「ある時点の環境、その環境に対する応答、その応答の結果生じた新しい状態」が、「次に訪れる環境に対する応答と帰結」に影響し、これらが積み重なって最終的な形質を決めることです。この履歴に対する植物の応答性はある時点での植物の「状態」を表し、なおかつ植物は系統ごとに異なる「状態」を推移していくことから、この履歴への応答性を「状態形質」と定義しました。 本研究では、(1) フィールドで生育する植物のオミックスデータ、および生育全期間の精密な動画撮影データを取得して成長履歴を記述し、(2) 機械学習を駆使した状態形質の抽出、履歴性と状態形質を組み込んだ植物の成長モデルを構築、(3)高次変数選択法を用いた正しいGWASによって状態形質を制御する遺伝子座の同定を進めます。対象とする植物は重要作物の「オオムギ」、対象とする形質は重要農業形質の「花成(出穂)」です。 当研究グループでは、これまで明らかにしてきたフロリゲンの分子機能の理解に基いて、オオムギの分子フェノロジー、マルチオミックス解析と成長履歴モデルの構築、GWASによる状態形質の制御要因同定などの研究を実施します。上記に関連した研究経験は必須ではありませんが、本CRESTに参画する専門家の協力のもと、共に成長していただける方の応募を期待します。数理学、データ科学と生命科学または植物科学を融合する様な研究に興味がある方も歓迎します。

特任助教
1名

2 応募資格

採用時に博士号を有すること。分子生物学、統計遺伝学の経験があることが望ましいが、必須ではありません。

3 就任予定年月日

採用決定以降できるだけ早い日(応相談)〜平成34年3月31日。(1.5年ののち更新可)
週5日勤務。

4 応募方法

(1)応募書類

[提出書類]
1. 履歴書(写真付き)
2. 業績一覧(原著論文、総説、学会発表等)
3. 今までの研究の概要及び今後の抱負(A4 1枚程度)
4. 応募者について所見を求め得る方2名以上の氏名と連絡先

以上をワードやPDFファイルに変換し、件名を「【平山CREST】 特任助教応募」として電子メールにて送信願います。
面接候補者には、直接スケジュール調整のため連絡致します。

(2)提出方法

Emailに添付

(3)提出先

tsujih@yokohama-cu.ac.jp
件名を「【平山CREST】 特任助教応募」として電子メールにて送信願います。

(4)提出期限

平成28年12月24日必着
*採用者が決定次第、公募を終了します。

5 選考方法

面接候補者には、直接スケジュール調整のため連絡します。
応募書類は返却しませんので、あらかじめご了承下さい。

6 待遇

公立大学法人横浜市立大学の規程に基づく(特任助教待遇)。
交通費、社保含む。

期間:採用決定以降できるだけ早い日(応相談)〜平成34年3月31日(1.5年ののち更新可)

7 勤務地

横浜市立大学 木原生物学研究所(横浜市戸塚区舞岡町641-12)

8 お問い合わせ先

横浜市立大学木原生物学研究所
辻 寛之:tsujih@yokohama-cu.ac.jp

9 備考

(1)本件公募によって採用される方は、公立大学法人横浜市立大学が定める規程に基づいて、公立大学法人横浜市立大学と雇用契約を締結していただくことになります。
(2)ご質問はEmailでお願いします。
(3)応募書類は本選考のみに使用します。選考後は責任もって破棄いたします。

ページトップへ