ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ

研究者検索

大学紹介


ここから本文

HOME > 文部科学省平成24年度「理数学生育成支援事業」に「YCU型高大院一貫科学者養成プログラム」が採択される

文部科学省平成24年度「理数学生育成支援事業」に「YCU型高大院一貫科学者養成プログラム」が採択される

公立大学初−優秀な人材を選抜して育成・入学から5年で修士学位を取得も

平成24年5月24日
学務・教務課


横浜市立大学は、今まで横浜市立高等学校と連携し、高校、大学、大学院で一貫した理数学生の教育に取り組んできましたが、さらに発展・充実させるため、平成24年度「理数学生育成支援事業」に申請した結果、この「YCU型高大院一貫科学者養成プログラム」が採択されました。

1 採択されたプログラムの概要

「YCU型高大院一貫科学者養成プログラム」は、次世代を担う研究者技術者育成を目指し、「入学前教育、学部での数・物・化・生・地の基礎教育、コースでの専門教育、個別研究指導、大学院科目早期履修、博士前期課程修業年限短縮」に基づく組織的・継続的な学部大学院5年一貫教育プログラムです。
このプログラム参加者のうち、学部3年次終了時に一定の基準を満たした学生に対し、大学院博士前期課程を1年次で修了できる権利を与え、引き続き博士後期課程に進学するコース(アカデミック科学者育成)と博士前期課程2年次をより高度な研究活動に発展させるコース(企業研究者・技術者・サイエンスマネージャー育成)に分け、学生の多様な将来像に適応させた教育を実施します。

2 採択の内容

補助事業期間 4年間(平成24年度〜平成27年度)
本年度の採択状況 採択件数: 3件(申請件数:23件)
※ 文部科学省「理数学生育成支援事業」は、理数分野に関して強い学習意欲を持つ学生を更に伸ばす体系的な教育プログラムを提供し、将来の科学技術を担う人材を育成することを目指す大学の取組を支援するものです。

3 背景

理数系教育の高大連携プログラムとして、本学では、基本構想から横浜サイエンスフロンティア高等学校の理科カリキュラムに関わっており、開校前の平成20年度に特別入学枠を含めた「横浜市立大学チャレンジプログラム」(入学前プログラム)を決定。本年度よりこのプログラムによる横浜サイエンスフロンティア高等学校卒業生を受け入れています。
今年度(平成24年度)からは、国際総合科学部の理学系コースを物質科学コース、生命環境コース、生命医科学コースの3コースに改編し、新たなカリキュラムでは、数・物・化・生・地にわたる基礎教育を充実させるなど、実力のある科学技術者の育成を目指しています。

4 今後の展望

本プログラムは、学長のリーダーシップのもと、国際総合科学部理学系を中心として、横浜サイエンスフロンティア高等学校(YSFH)と大学院生命ナノシステム科学研究科と連携し、継続して実施していきます。大学院教育では、理化学研究所をはじめとする世界をリードする研究機関、京浜地区の企業との連携・接続を強化し、社会が必要とする研究者の育成を行います。

ページトップへ