ナビゲーションをスキップして本文へ
  • English
  • 日本語
  • 簡体中文
  • 繁体中文
  • Korean
  • 通常版
  • テキスト版
  • 交通・キャンパス案内
  • 資料請求
  • お問合せ
  • サイトマップ

研究者検索

大学紹介


ここから本文

HOME > 科学技術振興調整費 先端融合領域イノベーション創出拠点の形成プログラム(文科省)『継続課題』 に決定

科学技術振興調整費 先端融合領域イノベーション創出拠点の形成プログラム(文科省)『継続課題』 に決定

平成23年1月21日
先端医科学研究課

このたび、平成20年度より進めてまいりました、本学の「翻訳後修飾プロテオミクス医療研究拠点の形成」(科学技術振興調整費「先端融合領域イノベーション創出拠点形成」プログラム)(総括責任者:本多常高 理事長、拠点長:平野久 先端医科学研究センター副センター長)が、文部科学省による平成22年度再審査の結果、平成23年度から本格的実施に移行する課題(継続課題)に決定されました。

本プログラムは、文部科学省が、イノベーションの創出のために特に重要と考えられる先端的な融合領域において、企業(協働機関)とのマッチングにより、新産業の創出等の大きな社会・経済的インパクトのある成果(イノベーション)を創出する研究開発を行う拠点の形成を支援するものです。
実施期間は原則10年ですが、当初3年間は拠点の本格化に向けた絞り込みのための期間として位置づけられており、3年目(2年半後及び3年半後)に再審査を行い、絞り込みを行うこととなっています。本学の課題は、平成20年度に採択され、今年度3年目の再審査が実施されました。

継続課題への決定に伴い、(株)島津製作所、(株)日立ハイテクノロジーズ、(株)メディカル・プロテオスコープ、ライオン(株)、富士フイルム(株)の5社に加え、平成23年度から新たな協働機関として、エーザイ(株)、(株)ファンケルの参画を得て、産学連携の一層の充実を図り、最新の蛋白質解析技術を基盤として、翻訳後修飾と病気の関係を明らかにし、診断マーカーの発見や創薬の取り組みを進めてまいります。

また、研究開発と同時に、基礎研究から医薬・医療、機器開発まで俯瞰できる研究者、企業ニーズに即応した人材育成に努め、拠点形成をこれまで以上に推進してまいります。

今後とも更なるご支援・ご協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

ページトップへ